2011年11月27日

11/27(日) 雲見ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 気温:16℃
● 水温:18〜19℃
● 風向:西
● 透明度:8〜15m 
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------
1.牛着岩(-24アーチ〜たて穴〜H穴〜湾内ブイ)
2.牛着岩(湾内ブイ〜クレバス〜-24アーチ〜H穴〜湾内ブイ)


今日は予報ほど、と言うよりほとんど風は吹かず、穏やかな1日となりました。
気温も昨日よりいくらか上がってくれました。

雲見で潜ったことがないというメンバーさんのご希望で雲見へ。

まずは-24アーチのブイからスタート。
最初は思いがけずいろいろありました(+_+)が、
お待たせしました、気を取り直して元気にスタート!

水温が微妙に下がったかな?
透明度はまずまず。
まずはマアジの大群がやってきます。

ネンブツダイもたくさん、魚群の中を泳ぎます。

111127kumomi1.jpg

24アーチの周囲は魚でい〜っぱい! 
本当に魚をかき分けて進む感じでよ(^o^)/

たて穴からブルーコーナーの上に行きます。

キンギョハナダイ、キビナゴやマアジの群れやカンパチも数匹ウロウロ。
H型の穴から三角穴経由で湾内の戻るコース。

雲見が初めてのメンバーMさんに「ならでは」の地形を見ていただこうというつもりのコースでした。

Mさん、魚群にダイナミックで複雑な地形をとても楽しんでいる様子でボートに上がってからも、
「寒さもあったけどここは大きな岩とかダイナミックでとっても楽しかった〜!!」 とのご感想。ヨカッタ〜!

2本目も基本的にたっぷりと地形とめいりのようなコースと、もちろんたっぷりの魚たちをたのしんでいただければ。

スタートしてわりと最初のうちにキカモヨウウミウシがいました。

111127kumomi2.jpg キカモヨウウミウシ。 模様的にピントが合っているのか合っていないのかわかりにく〜い(^_^;)

クレバスから穴コースに侵入し、H型の穴の中にはハタンポがいっぱい。

-24アーチのキンメモドキは実に見事!

111127kumomi4.jpg


111127kumomi3.jpg キンメモドキが大群過ぎて向こうのダイバーがかすみます(笑)



穴の中にはテングダイやマツカサウオ、イタチウオなんかがいます。

後半もゆっくりゆっくり上を見上げたり壁を見たりしながら湾内へ戻ります。

差し込む光のラインや真っ暗な穴の奥など、探検気分もちょっとあったり。


伊豆らしい澄んだ水も感じさせていい海でした。

さすがに5mmウェットスーツでは寒い水温になってきましたが、装備をしっかりすれば十分楽しい海ですよ(^_^)/~



posted by iwashi at 18:37| 静岡 ☀| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

11/18(金) 雲見ボート

● 天気:曇り
● 気温:20℃
● 水温:21〜23℃
● 風向:北東〜南西
● 透明度:10〜15m 
● 潮流:1〜2
● 海況:問題なし

------------------------------
1.牛着岩(-24アーチ〜H穴〜ブイ)
2.牛着岩(大牛洞窟)


本日のゲストははM田ご夫妻、サカエがご案内いたしました。

海は生物豊富だし、なんだか楽しそうなので運転担当の自分も潜ってきました。

予報では昼過ぎから南西の風が強まる感じだったので早めに2ダイブしてきました。

111118kumomi1.jpg 曇っていたって静かな海だとうれしくなります。


サカエたちとは別行動でフラフラ潜ることにして-24アーチでエントリー。

一時の真っ青な水ではありませんが晩秋の伊豆らしいきれいな海です。


潜降途中からマアジの群れやキビナゴの群れが目に入ります。
アーチの中にはいつものテングダイやマツカサウオ。

そして、グッチャリ群れているキンメモドキ!

111118kumomi2.jpg 夏からあちこちに現れるキンメモドキ大群。最近は-24アーチ付近のようで。


そして、
昨年はいっぱい出現して伊豆のダイバーを驚かせたクマドリカエルアンコウ。
今シーズンは最近になって発見の声を聞くようになってきました。

111118kumomi3.jpg 小さすぎず。でもやっぱりそれなりに小さくて可愛いクマドリカエルアンコウ


大牛の裏の洞窟に行って珍しくマクロモードに。

と言いつつ、まず見たのは特大のイロカエルアンコウ(笑)

111118kumomi4.jpg 20p以上の大きなイロカエルアンコウ。デカッ!


やはり生物チェック(遊びダイビング?)で潜っていた雲見専門ショップの知り合いのガイドさんにおしえてもらって見たのがイチゴミルクウミウシ。(動いたり隠れたりで難易度高い今回のクマドリケロもだけど)

111118kumomi5.jpg イチゴミルクウミウシ。小さくて老眼にはキビシイ(汗)でもキレイ!


その他ウミウシでは、ジュッテンイロウミウシやイガグリウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、よくわからないウミウシなどが見られました。
そういう季節になってきたんですね。


111118kumomi6.jpg これはまだ見やすい大きさ。マダライロウミウシ。これまたキレイ。


真っ暗な洞窟の最奥部には
体が透明なサクラテンジクダイ、何匹ものクリアクリーナーシュリンプ、マツカサウオの子などが見られます。

111118kumomi7.jpg マツカサウオは子供が可愛いですね。


平日でダイバーもとっても少なく、のんびりムードの雲見。
今日のM田さんたちも雲見のさすがの地形とい〜っぱいの魚たちにまみれて楽しかったとのこと!

いい海でした!

111118kumomi8.jpg


posted by iwashi at 17:26| 静岡 ☀| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

9/28(水) 雲見ボート

● 天気:快晴
● 気温:24℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東
● 透明度:10〜15m
● 潮流:2〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.牛着岩
2.牛着岩


今日は雲見にサカエがご案内させていただきました。

詳しくは聞いていないでログを書き始めたのですが、とにかくきれいだし、魚も多く楽しんでいただけたとのこと。

トンネルや裂け目など雲見ならではの変化もりだくさんの地形はやっぱり楽しいですよね。

最近、本当に海がいい感じですね!

110928kumomi1.jpg 快晴! 人も少ないし!

110928kumomi2.jpg アーチの中で記念撮影。スミマセン、顔が暗く写ってしまいましたね(^_^;)
posted by iwashi at 17:29| 静岡 ☔| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

9/23(金) 雲見ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 気温:27℃
● 水温:25〜℃
● 風向:北東
● 透明度:6〜10m
● 潮流:2〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.牛着岩 水路〜-24〜たて穴
2.牛着岩 小牛前〜大牛洞窟


大雨と大波でさんざん伊豆地方にも影響を及ぼした台風15号が去って初めてのダイビングです。
呆然とするほどの濁流が流れ込んでいたのは2日前。
今日はどこまで回復してくれているのか不安80%で出動。

思ったより北の風で小波がありましたがダイビングには問題なし。

エントリーすると水はさすがに白濁してはいますが思ったより見えています。
良い場所は10mくらい見えていて不自由するくらいニゴニゴって感じではありません。

あの茶色の濁流を思えば上等です。

クレバスから穴に侵入し、Hの穴を抜けると、変わらぬ魚の多さ!

110923kumomi1.jpg Hの穴を抜けたところ。魚いっぱいでした!

-24アーチには常連のテングダイやたくさんのマツカサウオ、イタチウオが見られました。
出口にはクロホシイシモチやハタンポがい〜っぱい。

110923kumomi2.jpg ニシキウミウシの兄弟?それとも先輩後輩?

ニシキウミウシのほか、ムラサキウミコチョウやフジイロウミウシやヒロウミウシ等も見られました。

たて穴を抜けて、通称ブルーコーナーに出てみるとスズメダイやキンギョハナダイが群れてとっても賑やか。

潮もそこそこ流れていたのでまとまっていましたよ。
カンパチも時折襲い掛かり、ドヒャーっと群れが動いたり。
5匹くらいのカゴカキダイたちもあっというまに姿を消したのには少し笑えました。

2本目は小牛前からエントリーしてみました。
潮上には雲見ならではの大きめのイサキの群れやマダイ軍団。
そこから潮に乗りながら水路出口付近までは一気に到着。
そこもスズメダイなど賑やかです。

時間も早かったので大牛の洞窟まで足を伸ばしてみました。
確認したかったキンメモドキの群れは少なくなってはいましたが健在でした。
せっかくなので穴の奥でサクラテンジクダイ(口の中の保育中卵が丸見えのも)、ノコギリヨウジウオなどを見て水路へ戻って魚群に軽く囲まれてブイに戻りました。

そう言えば、クレバスの下あたりに車か船用のバッテリーが落ちていました。
誰もそんな場所に捨てるわけないし、台風の波が運んだのでしょうか。

重いのに…
さすが台風ですね。
posted by iwashi at 17:59| 静岡 ☀| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

9/8(木)雲見ボート

● 天気:晴れ
● 気温:29℃
● 水温:25〜26℃
● 風向:北東
● 透明度:12〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.牛着岩 水路〜大牛裏
2.牛着岩 水路〜-24アーチ


気持ち良く晴れ渡った1日、
今日は先週ノロノロ台風12号の為来ることができなかったM田ご夫妻が改めて西伊豆に来ていただけました。

1週我慢した後の海はバッチリのコンディションで迎えてくれました!

110908kumomi.jpg 富士山もバッチリ見えていました。

透明度も15mくらいは見えているし、水温だって上から下まで26℃前後と快適そのもの。
しかも魚も増えて、賑やかです!

110908kumomi1.jpg Hアーチの出口付近。ハタンポなど魚でいっぱい。

中層にはイサキやマアジ、キビナゴ大群とそれを追う若いカンパチなど。

-24アーチでは常連のテングダイやイシダイ、クエもいました。
水深20mより下だって水温が高いのでついゆっくりしたくなります。

110908kumomi2.jpg -24アーチの中ではマツカサウオもたくさん見られます。


大牛裏の洞窟にいたキンメモドキの群れも台風後でも健在でした。

110908kumomi4.jpg キンメモドキ大群。向こうのダイバーが見えなくなるくらい厚い群れです。

110908kumomi3.jpg


伊豆らしい魚群のほかにも、ツノダシはあちこちでたくさん、ハタタテダイ(ムレハタタテではなく)は成魚の大きさで見られたり、アカヒメジなど南の魚もすっかり増えて秋の伊豆の海を実感でした。

あれだけ流れ込んだ濁流など、台風の後の心配を吹き飛ばす最高にいい海でした!!
posted by iwashi at 17:18| 静岡 ☔| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

8/15(月) 雲見ボート

● 天気:晴れ時々曇り
● 気温:32℃
● 水温:232〜26℃
● 風向:南西
● 透明度:6〜12m
● 潮流:2〜3
● 海況:まずまず

------------------------------------------------
1.牛着岩(-24アーチ〜大牛裏〜ブイ)
2.牛着岩(ブイ〜H〜-24〜ブイ)


夏の真っ盛り、一応月曜日(平日)なのですが、雲見も海水浴客でとても賑わっていました。
8月のこの時期はこうでなくっちゃいけませんね!

海は午後2時過ぎにはいくらか南西の風が強めになってきましたが、ダイビング中は良好な水面コンディションで潜ることができました。

透明度は全体的に白っぽくなっていますが不自由はまったく感じない程度。

今日は「魚より地形が好き!」というゲストもいらっしゃったのですが、雲見はそんなお好みにピッタリ、その方もとっても喜んでいました! そんな姿に僕も大喜び!!

1本目には見ごたえタップリのキンメモドキの大群を見に行って、皆さんこれまた喜んでいました。
あれほどグッチャリの群れは見事。しかも洞窟の中で見ると雰囲気がまたいい感じ。

110815kumomi2.jpg 洞窟の中でグッチャリ群れるキンメモドキ


その後はいつもの穴巡りをしたり、浅い潮のあたる場所に出てみたり。

雲見に行きたいとのことだった今日の皆さん。地形の楽しみあり、グッチャリ魚の群れありで楽しそうでした!


110815kumomi1.jpg -24のアーチ

110815kumomi3.jpg 通称ブルーコーナーにて。潮がかかっていたので魚もいっぱい。とくにキンギョハナダイが見事に群れていました。



110815tentyo.jpg 今日のネコ店長。木の枝で休憩中。
posted by iwashi at 17:41| 静岡 ☀| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

8/11(木) 雲見ボート

● 天気:晴れ
● 気温:30℃
● 水温:23〜26℃
● 風向:南西
● 透明度:12〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:次第に波

------------------------------------------------
1.牛着岩(-24アーチ〜大牛裏〜水路)
2.牛着岩(水路〜-24アーチ〜Hアーチ)


今日も青空が広がり気温も朝から上昇、暑い1日でした。
ただ、南西の風が次第に強まり昼過ぎにはけっこうな強さで吹いていました。

イワシチームは午前中に1本潜ってしまったし、ほとんど風の影響を受けずに潜れました。

昨日、一昨日まで真っ青な透明度30m、水温は上から下まで28℃あったとの話。
でも今日は途中から水温は23〜24℃まで落ちます。透明度も15mくらい。
青い状態を見ていないので、ぜんぜん上等なコンディションに思えます(笑)

雲見ならではの穴や水路も良好な透明度よく映えます。
太陽の光も入って、穴によってはレーザービームのようです。

大牛裏のキンメモドキ群れはあいかわらずぐっちゃり、刻々と群れの形を変化させて見ていて飽きません。

中層のスズメダイ、キンギョハナダイ、マアジの群れも賑やか。
雲見に多いウミウシは夏だからか数日までまでうねっていたせいか数は少なくなっているとのこと。
でもイガグリウミウシやキャラメルウミウシなどを通りすがりに見ることができました。

雲見らしい魚も地形も楽しい季節になっています!

110811kumomi1.jpgクレバスの下にて


110811kumomi2.jpg -24アーチ前で群れていたマアジ


110811kumomi3.jpg グッチャリ群れているキンメモドキ
posted by iwashi at 16:52| 静岡 ☁| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

7/1(金) 雲見ボート

● 天気:晴れのち曇り
● 気温:30℃
● 水温:21〜24℃
● 風向:南西
● 透明度:8〜12m
● 潮流:1〜3
● 海況:のち波少し

------------------------------------------------
1.牛着岩
2.牛着岩


今日も天気は上々。というかやっぱり夏の陽射し。
午前中は風も弱く海は良い凪でしたが、午後の遅い時間は南西の風が強まってきて波立ってきました。
でも牛着岩でのダイビングは最後まで問題なし。

海の中は白っぽいですね。
でも10m前後は見えているのでこれも問題なし。

水温は浅い場所は温かいです。午後は水温が低めの水が上がってきて15m以深は21℃くらい。

穴の中のキンメモドキの大群はさらに増えてませんか?!
ホントに見事な群れですよ!

110701kinme.jpg キンメモドキ大群 刻々と群れの形を変えて動きます。

沖のほうではキビナゴの群れやアジやタカベの若魚の群れ、アーチの近くではネンブツダイもたくさん。

穴の中にはマツカサウオやテングダイ。
切り立った岩の上にはメジナや見事なキンギョハナダイの群れ。

今日が初伊豆ダイビングというメンバーさん
「思ったよりずっと魚が多かったわ!楽しかったですー!」とのこと。
やったー!

posted by iwashi at 17:29| 静岡 ☔| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

6/28(火)雲見ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 気温:32℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:南西
● 透明度:7〜12m
● 潮流:1〜
● 海況:波うねり少し

------------------------------------------------
今日は雲見の外海にある沖ノ根と言うダイナミックポイントの下見会の予定でしたが、あいにくの南西からの強風で中止となってしまいました。

でも、雲見の看板、牛着岩は潜れるので2本潜ってきました。

けっこう風が吹いていましたが、湾側はまったく問題なくエントリーエキジットOK。
水路もほんの少し揺れはありましたが、こちらも問題なし。

透明度は思っていたより良好で気持ちの良い水中でした。

魚たちも夏に向かって増えていますね。
穴の中のハタンポ、ネンブツダイ、テングダイ、イタチウオ、マツカサウオ。
キンメモドキは何箇所かで見事な大群になっていて見ごたえあり。
-24mのアーチの上にはスズメダイ、キンギョハナダイ、そしてキビナゴの見事な大群もやってきたり。

予定の外海に行くことはできませんでしたが、十分楽しい海を堪能できました!

110628itachi.jpg 穴の中と言えばイタチウオ。昔風に言うとウナギイヌ?

110628kinme1.jpg キンメモドキの群れが雲のようにかたまっています。

110628kinme2.jpg キンメモドキで向こうが見えないです。

110628mure.jpg 中層もかなり賑やかになってきましたね。

110628tentyo.jpg 本日のネコ店長 草の上でまったりされてます。
posted by iwashi at 15:17| 静岡 ☔| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

6/5(日) 雲見ボート

● 天気:晴れのち曇り
● 気温:25℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:南西
● 透明度:10〜12m
● 潮流:1〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
上々の天気の日曜日、雲見に行ってきました。

気温も高く、今日もウェットスーツで問題なし!(脂肪が相当たっぷりあるし)

南西の風で沖合いはやや波がありましたが、影響があるほどではありません。透明度もちょっぴり白っぽさはあるもののきれいなもんです。

春先からずっとロウガンに鞭打ち小さい生物を楽しんでいましたが、透明度も戻った雲見、これは地形と魚群を楽しまなくっちゃ!

水路からHアーチ、-24のアーチ、それからたて穴など迷路のような地形を楽しんでいただけるようコースを取ってみました。

110605kumomi1.jpg


そしてあちこちにぐっちゃり群れる魚たち。
2本目には潮の流れも速めになってきて魚たちの密集度も増します。

ネンブツダイなどの凄まじい大群に大きいイサキたちが混じったり。

110605kumomi2.jpg


穴の中ではマツカサウオやイタチウオ、テングダイなどいつもの顔が見えます。

Hアーチのあたりにはキンメモドキがぐちゃっと群れていました。

110605kumomi3.jpg

今日は雲見らしい光景の中をのんびり泳いで、魚たちにもたっぷり囲まれた楽しい1日でした!

posted by iwashi at 17:07| 静岡 🌁| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

5/3(火) 雲見

● 天気:曇り
● 気温:20℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:東〜西
● 透明度:6〜9m
● 潮流:1〜
● 海況:良好

--------------------------------------------------------------------------------

GWも後半に突入、まずは雲見に行ってきました。
途中にある観光地の堂ヶ島には車がいっぱい。ずいぶんと賑わってきましたね。

海はやっと西よりの風が収まり静かになりました。
心配された透明度も「きっれい」までは行かないまでも不自由を感じない程度になっていました。

ウチの雲見遠征はやっぱり雲見ならではの地形を楽しんでいただこうとやってきます。

アーチの中のハタンポやトサカなどのカラフルな腔腸類。そのまわりで見事に群れるネンブツダイやキビナゴたち。
イシダイやテングダイ、マツカサウオもじっくり見られます。

それでも、得意とはとても言いがたのでたいして探さないウミウシも目に入ってきます。

ヘリシロイロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ幼体、ガーベラミノウミウシ、アオやシロはやたらいっぱい。よくわからないのもあちこちに。

なにしろとても得意とは言いがたいし、どうせ小さいのは自分の目には見えないし、本日のメンバーさんのビデオはマクロ仕様じゃないしでマジメに探さないのに目に付くって事は本当にウミウシが多いのでしょうね。

連休の雲見にしては混雑も無く快適にダイビングができていい感じでした。


110503coral.jpg −24mのアーチ付近ではソフトコーラルと見事な群れのネンブツダイが。この時期のこのあたり、ひそかにマンボウも期待しちゃったり。ダメでしたが。

110503nishiki.jpg ニシキウミウシの幼体。 親と違って可愛いと思いません?。

110503teng.jpg 常連のテングダイ
posted by iwashi at 17:35| 静岡 ☀| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

4/14(木) 雲見

● 天気:晴れ
● 気温:20℃
● 水温:15〜℃
● 風向:南
● 透明度:4〜6m
● 潮流:1〜


--------------------------------------------------------------------------------

昨日は西伊豆のガイドさんたちと田子で潜りましたが、今日は個人的に雲見で潜ってきました。
個人的といってもほぼ雲見専門の松崎にあるダイビングショップの「iDiveの金子さん」に案内してもらっちゃいました。

雲見自体は25年位前からポチポチと潜っているのですが他のガイドさん(しかも雲見を年中潜ってこのポイントを知り尽くしたガイドさん)がどのように巡るのか知りたかったのもあってお願いした次第です。

今日は陽気はポカポカ、最高に気持ちの良い気候だったのですが、海は春濁りの真っ最中です…
地形が楽しい雲見ですが、さすがに地形を楽しむにはキビシイ状況。
でも、雲見のこの時期はウミウシがとっても多いんです。

中にはローガンの進んだ自分には生物か岩の模様か判別不能なウミウシもいますが、実に種々いっぱいいますね。金子さんありがとうございました!

ウミウシマニアじゃなくても様々な模様のウミウシを見て行くのは楽しいと思います。

ホシアカリミノウミウシ、オトメウミウシ、イガグリウミウシ、シロやアオはやはりたっくさん、コンガスリウミウシ、キャラメルウミウシ、フジイロウミウシなどなど。

今日のように透明度が悪くてもこれならさほど気にならないですね。

いやいや、楽しゅうございました!


110414kumomiherishiro.jpg 暗い穴の壁にいたヘリシロイロウミウシ

110414kumomikongasuri.jpg ピンボケの写真でゴメンナサイ。コンガスリウミウシ


110414kumomikyarameru.jpg 姿も名前も可愛い キャラメルウミウシ

posted by iwashi at 19:59| 静岡 ☔| 雲見 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。