2011年12月24日

12/24(土)田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 10℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:西〜北西
● 透明度:15m〜20m! 
● 潮流:1〜2
● 海況:良好(外海は波あり)

------------------------------
1.白崎
2.弁天島


今年も残すところあと1週間。
今年最後の3連休(の中日)なんですね。

テレビなどで盛んに寒波襲来と言っています。
さすがに朝はかなりの寒さ、海に行くには確かに「思い切り」が必要かも(^_^;)

でも、海辺に出かけてしまえば気持ちの良いこと(^O^)♪

111224tago8.jpg

海の色は昨日辺りからまた青くなっています。

外海は時化ていたので湾内での2ダイブ。

まずは白崎。
飛び込むと「きれい!」
そして「あったか〜い!!」

年末もここに来てまたもや水温20℃を超えるとはぁ!!

白崎では浅場のトサカ類の群生は本当に見事。
中層にはネンブツダイやスズメダイ、ソラスズメが乱舞。

111224tago1.jpg

クリアで青い水中は幸せ感でいっぱい。

111224tago4.jpg

ツノダシやアカヒメジ、ミツボシクロスズメダイなど伊豆の冬は辛くなる魚たちも元気いっぱい泳いでいます。

2本目の弁天島では波が当たりだし、水面は多少ザブザブしてきましたが、水中は平和そのもの。
のーんびり泳ぐことができました。


今日が2011年の潜り納めになるとは思いますが、
なんか、もったいないくらいの好コンディションです。

この水の状態で外海系のポイントも見たくなってしまうじゃないですかね、ハハ(^_^;)


111224tago2.jpg 大きなオオモンカエルアンコウ


111224tago3.jpg アップで撮ると凄い顔ですね(苦笑)


111224tago5.jpg なんでこのような派手な色合いをしているのでしょう?


111224tago6.jpg 上の写真の全体写真。なぜか白崎(の深めのエリア)で通年見られることの多いセトリュウグウウミウシ。


111224tago7.jpg ニシキウミウシ。よく見る大型のウミウシですが、やっぱり派手な色合いですね(笑)


水温、透明度とも快適でとっても楽しい海でした!


「こんな暖かいなんて。ドライスーツを着て損したっ!」スタッフ

そこまで、ですか…? (-_-;)



posted by iwashi at 16:44| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

12/2(金) 田子ボート

● 天気:曇り
● 気温:11℃
● 水温:21〜22℃
● 風向:北東
● 透明度:20m〜! 
● 潮流:3〜4
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.ヤイズ根


寒い朝でした。
夜中から風の音がビュービュー、朝まで雨も降っていて、典型的な海に行こうって気になりにくい日ですね(-_-;)

本当は今日は某(伊豆南部の)スポットに潜りに行こうかって話もあったのですが、北東の強風による大荒れでボツに。

そんなわけで、朝はPCを見ながら
「今日は器材メンテでもするべかな」
なんて考えていました。

そうしたら電話が鳴ります。

「なんだか水がキレイそうなんですけど潜りに来ませんか?」
田子DCのさゆりちゃんからでした。

「潜る潜る!」(笑)

すぐに準備して田子に向かいます。

それにしても、土肥辺りから見る海は風波で真っ白。
西伊豆にとって都合の良い東よりの風とは言え、強すぎると風は土肥の平地を通って海に吹き抜けます。

111202tago8.jpg 土肥の八木沢付近。強風による白波で海は真っ白。でもさすがに大きなうねり、波にはなっていません。


田子DCに到着すると、そこは風も感じず、ごく穏やかな状況(^_^;)

海は白波も見えず良い凪です。

船着場の水を見るとすごくクリア、湾内の水ですら抜群の潮色、テンションが上がらないはずはありません!

フトネに着いて飛び込むと
やっぱり綺麗!
しかも水温が上がってるし!

水温は21℃以上。 一気に3℃くらい上がってますね、スゴイ!


ゲストもいないし、ちょっぴり深場に行っちゃいます。
イサキやスズメダイが見事な大群で。
もちろんサクラダイはやっぱり物凄い数。
ナガハナダイやスジハナダイも混じります。


111202tago1.jpg 深いエリアに群れていたイサキ。


111202tago9.jpg


111202tago2.jpg スジハナダイ。きれいだなぁ。


フトネ本体にはタカベの大群やキンギョハナダイの超大群。
今年は相当何度もこの光景を見ていますが、それでもあまりの綺麗さにうっとり!

111202tago3.jpg


潮が下りだったので、キンギョハナダイたちはフトネの根頭にも乗っかってオレンジの絨毯のような状態になります。

ときおり、ワラサが追い立てるのか一気にギューッと固まったりします。

根頭にいるだけでも幸せ感満タンですねヽ(^o^)丿

111202tago5.jpg フトネの根頭(水深10〜12mくらい)にて。


111202tago6.jpg 


111202tago7.jpg


2本目はヤイズ根。
水路や砂地。そして入り組んだ地形がかなり楽しいポイントです。
テングダイやカゴカキダイの群れ。最後にゆっくりできる浅場にはあっちにもこっちにも顔を出しているギンポたちや伊豆では珍しめのゼブラハゼの群れなんかも見られました。

111202tago4.jpg この写真はヤイズ根。透明度が素晴らしくて深い白い砂地まで見渡せる気持ちの良い光景でした。


エキジット後、DCに戻る船上は風に吹かれて確かに寒かったかも。
でも、そんなのなんともないくらい得した気分になる今日の海。


田子DCの社長さんとさゆりちゃん、呼んでいただいてありがとうございました。
それから社長、寒い中での船頭を本当にありがとうございました!!

おかげさまで海の中は天国でした(笑)


「水が良さそうだぞっ」て、
ちょいと声をかけてもらえるご近所さんでよかったぁヽ(^o^)丿

posted by iwashi at 17:50| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

11/26(土) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 気温:15℃
● 水温:18〜19℃
● 風向:北東
● 透明度:8〜18m 
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


今日はご到着時間に合わせて2チームでの田子ダイビングとなりました。
1チームは3ダイブ。弁天島〜フトネ〜白崎。

自分はフトネと白崎に潜ってきました。

海は昨日までのうねりも無くなりよい凪、フトネ日和でした(^_^)/~

飛び込んだときは白っぽく感じたのですが、水深17m付近からしたはきれいになり、もっと下はかなりきれいそう!
ちょっと水温は低そうですが…
それでもあまりにきれいな水だったので、深いエリアに呼ばれた気がしましたが、今日はちゃんとガイド仕事、理性をがっちり持って浅いエリアをご案内していました。

根頭付近は今日もキンギョハナダイのパラダイス!

111126tago2.jpg

スズメダイやタカベもたくさん群れています。

111126tago1.jpg

ワラサが数匹、バラバラにですがうろついていた為か、キンギョハナダイやスズメダイの群れは時々ドヒャーっと根にはり付きに着ます。

群れが固まるとダイバーもビックリしちゃいますね(・_・)

ロープ沿いに潜降してすぐにそんな光景が広がっているフトネは本当にありがたいポイントです。
ちょっと久しぶりのダイバーさんでもストレスを感じにくい割りに見事な光景を見られる場所ですね。


さすがに11月もラストの週末、日が照っていないとさすがに寒さを感じます。
ウェットスーツの人はそのあたりの時間のしのぎ方が影響してきます。

インターバルなどで陸上で冷やしてしまうと海はさらに寒く感じます。

2本目は湾内の白崎。

ボートに乗る時間が少なく、浅場でも楽しめるポイントです。

先週の大雨や数日前の大シケの影響でさぞ濁っているかと思いましたが、意外ときれい。
ここも深いほうはきれいになっています。

でも、浅場中心にゆっくりのんびり。

先端のウミトサカは見事、色とりどりの魚たちもいます。

111126tago3.jpg

そこから、浅場のままを移動してラストはエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)群生のエリアで。

チョウチョウウオの子供はいっぱいです。
トノサマダイ、カケボノチョウチョウウオ、ヤリカタギ、トゲチョウなどなど。

もちろんソラスズメダイやクロホシイシモチなど伊豆本来の魚たちもたくさんいて賑やかな草原って感じです。

111126tago4.jpg


水温は徐々に下がっていますが、冬の伊豆らしい澄んだ水にもなってきています。




posted by iwashi at 17:29| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

11/19(土) 田子ボート

● 天気:風雨強
● 気温:22℃
● 水温:21〜22℃
● 風向:南西
● 透明度:15〜20m 
● 潮流:1〜2
● 海況:外海波あり

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


残念ながら予報通りの大雨と強風の1日でした。

嵐のように吹き荒れる南西の風と横殴り気味にザンザン降る雨(-_-;)
(気温が高めだったのが救いだったけど…)

本日のメンバーは昨日からのM田ご夫妻と、
昨夜急遽予約のM永M穂。
「土曜日は雨風ひどいからわざわざ日帰りで来るのはやめた方がいいと思うけど」
と言ったのですが、
「雨風は覚悟の上。断固として行きまーす!」
M永さん、早朝に雨の中車を走らせて来ました(^_^;)

天候、海況などを考えて朝は早めの土肥出発。
雨は降っていますが、まだ風はそれほどでもありません。

(その後、他の海況の悪いエリアから続々ダイバーが田子に移動してきていました)


田子に着いて準備をしていると田子DCの社長から
「今すぐなら外海に行けるかも」
とのうれしいお言葉。。

湾内から少し出てみて見て大丈夫なら行くということで出港。

いくらか波うねりはありますが、白波はあまり無く、船頭さんはベテラン、ボートはどんどん走れます。

フトネに到着しサクッと準備してエントリー。

潮流はゆっくり。
さすがにこの天気で海の中は明るさが足りないのですが、
透明度良くないですか!

ウワー、15m以上見えていますね、この透明度。
根頭付近のキンギョハナダイのよくまとまって見事!
ひところ深いほうに行っていたイサキやスズメダイもバッチリ群れています。

いいじゃないですかぁ!!

111119tago1.jpg フトネの根頭にて。


111119tago2.jpg


111119tago3.jpg


海況を考えて早めに根頭に戻って安全停止態勢に入ります。

水面を見上げると、平和な海中と違いザブザブ波の光景…
みんな同じく「上がりたくないかも(-_-;)」 と考えていたようです(苦笑)

でも浮上しないわけにも行かず、気合を入れて水面に顔を出し、素早くエキジット完了!

いよいよ吹き始めた南西の風で船は後ろから波に押され多少翻弄されながら進みますが、思いがけずバッチリの透明度とたくさんの魚たちに囲まれたフトネらしいダイビングにみんなの笑い声でいっぱいの船上。

船頭さん、本当にありがとうございました!!


2本目は

スタートが早かったので、まだ10時くらい。

弁天島も考えましたが、内海の一番外側に位置しているのでさすがに水面は波が見えます。
1本目に外海へ行けてバッチリのダイビングができたのでもう張り切る必要もありません(笑)

そんな訳でベッタリ静かな白崎へ。

ガラリと変わってまったりダイビングが引き立つわけです。


そして、これまた意外な海の中。

この天候なのに、白崎では相当良い方の透明度。
15mくらい見えている感じです。

よく見えているので皆さん思い思いに好きな魚やソフトコーラルを見たり写真を撮ったり。

小魚の群れでもいるのか、大きめのカンパチたちや大きなワラサ?(小さめのブリ?)もウロウロ。

後半のエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)のエリアでも思い思いにのんびり散策。

トノサマダイ、アケボノチョウチョウウオ、ヤリカタギなど
サンゴの中には南方系のチョウチョウウオの子供がたくさん。

111119tago4.jpg 白崎のエダサンゴ群生にて。

サンゴのエリアではソラスズメダイもたくさん群れていてうっとりするくらいカラフルです。


111119tago5.jpg

これまた、「あ〜、楽しかったね〜!」と帰りの船上。


さらに強まる雨と風の中、昼前にはした気分いっぱいでイワシチームは撤ッ収〜!!


天気は荒れ模様でしたが、海はバッチリ。
それにしてもわからないものですね〜(^_^)/~


雨風ひどいとの予報にもひるまず日帰りでやってきたM永さん、この展開を読んでたの??(笑)

この天気にもぜんぜんめげる様子も無く楽しそうに潜っていたM田夫妻、ありがとうございました!



posted by iwashi at 17:32| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

11/14(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:20℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:東〜西
● 透明度:10〜15m 
● 潮流:1〜2
● 海況:問題なし

------------------------------
1.ヤイズ根
2.フトネ


今日はしだいに西風になる予報だったのですが、ほとんど吹かず海況は良好でした。

透明度は先週の黒潮到来時よりは落ちて白っぽくなっていますが、まだまだ良好です。


1本目は外海のヤイズ根。

ここに潜ったのはずいぶんと以前。
潜った回数も多くないので記憶はほとんどありません。

夏前にはドチザメが見られたり、ハマフエフキの群れがいたりと見所もあり。

今回は田子DCの社長にいろいろ教えていただくことができました。

ありがとうございました!


このポイントの実力が出る潮の向きではありませんでしたが、グルッと巡ってきました。
ポイントのエリアが広く、非常に起伏に富んでいます。
水路や亀裂、水深も5m前後から40mの砂地まで地形はとってもダイナミック!
最後にゆっくり遊んだ浅場ではたくさんのコケギンポやクロユリハゼ、ゼブラハゼも見られました。

111114tago1.jpg ヤイズ根。起伏に富んだ地形。 

来期が楽しみです!


2本目はクマドリカエルアンコウが見つかったという弁天島にも行きたかったのですが、
つい魚群を求めてフトネに行ってしまいました(^_^;)

魚群の中でも本日はオレンジ色系を中心に楽しんできました。

111114tago2.jpg サクラダイ。目指すはオスが集まるシーン。


サクラダイは通常潮の通りの良い比較的深い(水深20m以深)場所で見られます。

ほぼ日本固有種(南国でも見つかったとか)、図鑑では千葉県以南から九州に分布となっています。

伊豆の少し深い場所ではお馴染みのハナダイで、
(オスの場合)キンギョハナダイより少し大きい朱色に近い体に白い花びらを散らしたような体色がよく目立ちます。

田子フトネの20〜25mより下では実にたくさんのサクラダイを見ることができます。
伊豆らしい光景と言えますね!

111114tago5.jpg ナガハナダイ(♂)

ナガハナダイはサクラダイに混じっていますが
水深20mで見ることは難しいですね(^_^;)

ナガハナダイを見るにはもっと深くそれなりにディープダイブになりますが、
サクラダイの群れの中で蛍光色のような体色(オス)が目立つこと。


そしてダイビング後半は
今年のフトネでとくに目立っているキンギョハナダイの超大群。

111114tago4.jpg キンギョハナダイの群れ

こちらのハナダイは浅くて明るい場所で存分に見ることができますね!
水深約10mのフトネの根頭につかまっていても目の前はオレンジ色に染まりそうなくらいの大群で見られます。

上のショボイ写真の何倍も見事に群れていますよ(笑)


そしてもちろん、他の魚群だって群れていましたぁ。

イサキは多少深いほうに移動していますが、
タカベは中層で大群を形成しています。
時折ザーッと降ってくるときにはブルーにイエローラインがめちゃめちゃ綺麗です。

111114tago3.jpg タカベの群れもキレイでした!


田子の外海をタップリの1日でした。


posted by iwashi at 16:21| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

11/11(金) 田子ボート

● 天気:雨
● 気温:16℃
● 水温:23〜24℃
● 風向:北北東
● 透明度:15〜20m 
● 潮流:2〜3
● 海況:外海ちょっと波あり

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日は朝から海に行こうと言う心が折れそうな冷たい雨が降っていました。

でも最近の海は素晴らしい水、飛び込んでしまえば…


風は北東の風のはずですが、北に寄っているのか、風が強すぎるのか、海面は多少ジャブジャブしています。(時折風が強く波が高い時間帯もありました。)
ウチはタイミングよく外海に行けてほとんど問題はありませんでした。

フトネで飛び込むと、いきなり根頭がドーンと見えます。

抜群の透明度は健在。
しかも海に潜っているうちは寒さを感じません。(船に上がるとさすがに寒く感じる雨の日でした)

1本目は根の潮上にキンギョハナダイ、中層にタカベの群れはいるのですが、他の魚群は減ったかな?という印象。
深場に行くとそこにイサキの大群が群れています。
水温が高いのでイサキたちも沈んだかな?

サクラダイはあいかわらず。
たくさんいるし、きれいだし!

111111tago4.jpg サクラダイ 

そのサクラダイの群れの中にはナガハナダイの姿も目立ちます。
海中では蛍光色のように見えてこれまたきれい!

111111tago3.jpg ナガハナダイ

なにしろ水が抜群なので最高に気持ちの良い水中。
それだけで幸せを感じます。

2本目もフトネへ。

潮がいくぶん流れ出しています。

潜降してみると
さっきいなかった(いたのかなぁ?)スズメダイも大群となって群れています!

111111tago5.jpg

これこれ!

フトネのいつもの魚影に戻っています。

しかも真っ青であたたかい海。
雨の中とは言え得した気になれる海です!

111111tago1.jpg

中層にはタカベの大群が行ったり来たり。

時折ザーッと固まるスズメダイ、キンギョハナダイの大群。

111111tago2.jpg


いや〜、素晴らしい海でした!!

11月でこのコンディション、何年振りでしょう。

陸上の防寒に気をつければ、海はバッチリいいですよ〜!

posted by iwashi at 18:37| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

10/30(日) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ、のち雨
● 気温:21℃
● 水温:20〜22℃
● 風向:北東
● 透明度:10〜12m 
● 潮流:2〜4
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


天気予報はイマイチな感じでしたが、朝から時折青空やお日様がも見えたりしました。
今日も朝一番乗りとなって午前中に2ダイブ。
お昼ご飯を食べてイワシハウスに帰ってきたところで雨が降り始めました。

さて海は、
北東の風で海面は良い凪。富士山もしっかり見えて気分もいい感じのみなさん。
昨日の昼過ぎからの南からの速い潮を気にしつつ、朝のフトネに向かいます。

111030tago1.jpg

昨日の午後は南からきれいで(水温はちょっと低め)の潮が激流となって流れました。
今日の心配は、その潮の速さもさることながら、ありがちな「潮が澄んで魚いな〜い」ということ。

フトネに飛び込んでみると、
ちょっと白っぽい、透明度は良くある感じの12mくらい。
あ〜良かった!

やっぱりフトネは魚群がいなけりゃ困りますからこのくらいの透明度で魚群満載がいいんです(^o^)/

着底して、さあ、ドロップオフから飛び立って魚群の中に飛び込んでゆきます!

111030tago2.jpg


キンギョハナダイ、スズメダイの密集地帯を突き抜けるとそこにはイサキとタカベのシャワー地帯。

111030tago4.jpg


皆さん、何度も何度も魚群に突入、すっかり魚の群れに包まれて遊んでいます!(^^)!
本日のメンバーの皆さん、魚の群れの中ではじけたようにあっちへこっちへ!
楽しいですね〜!!

111030tago3.jpg


ダイビング後半はフトネの根頭に戻ってキンギョハナダイでオレンジ色に染まります。

111030tago6.jpg


潮はまだ北から、そこそこ潮は流れていますが程よい流れ。

マツバスズメダイやキンギョハナダイの大群を心ゆくまで眺めます。

111030tago5.jpg


陸上はもう晩秋と言ってもよい季節ですが、西伊豆の海の中はまだまだ熱いです!
posted by iwashi at 17:19| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

10/23(日) 田子ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 気温:26℃
● 水温:20〜22℃
● 風向:南西
● 透明度:15〜18m 
● 潮流:2〜4
● 海況:良好

------------------------------

1.フトネ
2.フトネ
3.沖ノ島


今日の予報は南西の風が5mくらい吹くとあったので、ポイント選択は朝に海を見てから決めることにしました。(ポイントの決め方はほとんどいつもそんな感じなのですが)

そして今日は、朝はまだ海は静か。
魚影絶好調の外海にまだ行けるかな?

南西の風がそれなりに吹いて海が荒れてきたら湾内に逃げ場のある田子に行くことにしました。

1本目はそんなわけでもちろんフトネへ行きます!

昨日の1本目はそれなりに潮流もあったのですが、今日の朝一は潮もユルユル。
それでも魚は相変わらず凄いです!

111023tago8.jpg


111023tago2.jpg


昨日からグンと良くなった透明度はさらに上がっています!

111023tago7.jpg


111023tago1.jpg


水温は20〜22℃くらいで、5mmワンピのウェットだけならさすがに寒いけどフードベストなどインナーを着れば皆さんほとんど寒がっていませんでした。

今日は気温も高めだったし(^o^)

マツバスズメダイ(キホシも混じって)の超大群の向こうにはイサキやタカベがいっぱい!

111023tago6.jpg


岩の方を見てもオオモンカエルアンコウや巨大なソウシカエルアンコウ、ニシキウミウシたくさん、コイボウミウシや大きなイシガキウミウシ?なんかも見られました。

2本目の浮上間際(メンバーのpiromiさんはダイビング中盤から見えていたとか!(^^)!)にはカマスサワラが5匹くらいでグルグル。
1mを超えていそうな大きな魚体で迫力ありました、スゴイ!


今日は3ダイブ。
3本目は沖ノ島でした。

名物、午後のハマフエフキ大群は最近見られていないとのことで期待度は20%くらい。

それでもせっかくの凪と良好の透明度、行って見ましょう。

111023tago4.jpg 沖ノ島も魚影は絶好調!
イサキはフトネより多いかも。


ミツボシクロスズメ、ツノダシ、それからカスミチョウチョウウオなんかもいたりして地形が複雑な沖ノ島ではいろんな魚(南の魚も)
がかくれていますね。

111023tago3.jpg 入り組んだ岩と岩の間で群れるハタンポ


スズメダイ、イサキ、タカベの大群の群れを縫うようにワラサ軍団も泳ぎ回っています。

111023tago5.jpg イサキやスズメダイの群れと、その中を泳ぐワラサたち。数十匹の群れもいたようです。

ハマフエフキはなんと1匹も見ず、あんなにいたのに不思議なことです。
期待度を下げて置いてよかったかも(笑)


昨日からスタートした「できもぐ」のリングもバッチリ、海は最高、楽しい1日でしたね!


dekimogu1110.jpg



posted by iwashi at 18:26| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

10/22(土) 田子ボート

● 天気:雨時々曇り
● 気温:22℃
● 水温:20〜22℃
● 風向:北東のち南西
● 透明度:15〜m 
● 潮流:3〜4
● 海況:外海少しだけ波

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日はほぼ天気予報通りに雨がちの1日でした。
時折強く降ったりしましたが、1回海に潜ってしまえばどうせずぶ濡れ、雨もどうでもよくなります(苦笑)

海はほぼ凪、たいした問題もなく外海に行くことができました。

本日、イワシDは2チーム
コマツご案内チームはフトネ2本。
サカエご案内チームはフトネ+白崎

湾内の白崎も水がきれいでキビナゴの群れもいたりでなかなか楽しい水中だったようです。

さてフトネ
南からの潮流がそこそこあって透明度はGOOD!
水面からフトネの巨大な根がドーンと見えていました。

今日もフトネの魚群は健在!

キンギョハナダイ、イサキ、タカベ。相変わらずとは言え凄い数です!!

ときおりカンパチでも突っ込むのかドヒャーッと超密集して降ってきます。
本当に素晴らしい光景です。

さらに大きくなったような気がするオオモンカエルアンコウの「Sちゃん」も元気(なのか不明ですが)同じ色のカイメンにくっついていました。

まあ、今のフトネは群れ群れを堪能しない手はないので、
いろんな角度、位置から魚群を見たり包まれたりしていただくようご案内することを心がけるのみでした!(^^)!


111022tago3.jpg


111022tago2.jpg


111022tago4.jpg


111022tago1.jpg


posted by iwashi at 18:13| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

10/8(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:24℃
● 水温:23〜24℃
● 風向:北東
● 透明度:7〜10m 
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ
2.沖ノ島


10月の3連休はさわやかな秋らしい気候の1日となりました。

風は東寄り。
したがって西伊豆の海は良い凪です。

気温は陸上生活には最高に気持ちの良いあたりですが、海から上がったら濡れたままでは寒く感じるかもしれません。

今日のイワシチームはこのくらいじゃ寒くもなんともない肉付きばっちりのオッサン3人でした(苦笑)

まずはフトネ。
水は白っぽいのですが10mくらいは見えていて不自由はありません。

そして、裏切らないのはフトネの魚影の濃さ!

今シーズンはメチャクチャ多いキンギョハナダイを筆頭にマツバスズメダイ、イサキ、タカベは見ごたえ十分。
最近フトネに潜るのが多いのはこの魚群の為なのは間違いありません。

111008tago3.jpg

111008tago1.jpg 後ろの黒い影はフトネの高い根。その潮上に群れる魚たち。


111008tago2.jpg


海は静かだし、魚群はこんな状態なので2本目もフトネへ。

あいかわらずの群れ群れダイビング!

やっぱり名物ともいえる、たっぷりのサクラダイも良い感じ。
オレンジ色のボディに白い花びらを散らしたようなオス。

日本の本州らしい魚です。

111008tago4.jpg サクラダイ。一緒にいるのはキンチャクイダイ

111008tago5.jpg キンギョハナダイ大群。何回見ても飽きない見事な光景です。


今日は3本目にハマフエフキの群れを狙い午後の沖ノ島へ。

ところが、何故かいな〜い。

同じ目的で沖ノ島に潜った田子DCのガイド親子さんともども玉砕です(-_-;)

あら〜、ってことで。
負け惜しみもありますが、この沖ノ島はイサキやタカベの群れが見事でしたよ〜だ!



今日は1日穏やかな天気。
3ダイブしてイワシハウスに帰る途中に寄った恋人岬にはたくさんの恋人たちが訪れていました。

観光にもとっても気持ちの良い季節ですもんね(^o^)

111008tago6.jpg 向こうの恋人たちをほほえましそうに見守る店長さん。
posted by iwashi at 20:54| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

10/2(日) 田子ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 気温:25℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東→南西
● 透明度:6〜10m 
● 潮流:3〜5
● 海況:良好

------------------------------
1.沖ノ島
2.フトネ


今日はイワシ貸し切りの日となりました。

9人のゲストの方たちとイワシスタッフ3人、陸上も海の中もとっても賑やかな1日でした!


風は昼過ぎまで北東、またはゆるく良い凪で外海に行くことができました。

今日は2チームに分かれてのダイビング。
ドンドン行っちゃえチームのんびりスタートのチーム。

自分は行っちゃえチーム、1本目は沖ノ島から。

潮流が北からだったのでエッチラオッチラと北の先端を目指します。
透明度は先週より落ちてしまいましたね。

途中は心配になるほど魚影は見えず。
「でもこの潮なら北の端には魚たちはいるはず」と自分に言い聞かせゆっくりと進みます。

そして北の端に到着すると

やっと
111002tago5.jpg 沖ノ島のイサキの大群

まったく沖ノ島にはハラハラさせられますが、終盤にイサキの大群がたっぷり出てきてくれました。


のんびりスタートしましょうチームは体慣らしも兼ねて穏やかな湾内の白崎。
こちらはサカエとイタミがご案内。

ゆっくり散策し、ラストはもちろんエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)群生でまったり。
あいかわらずチョウチョウウオの赤ちゃんがあちこちに。


そして2本目。

こんどは目指すは9人みんなでフトネです。

111002tago7.jpg 2本目のポイントに向かうボートの上

海の中は2チームに分かれての行動ですが、
同じボートで外海をフトネに向かうのは楽しくワクワクしますね(^o^)

ちょっと潮が速い感じですが、ここまで来たら行ったれ〜!

流れに逆らわなくても潜降のブイまで行けるところがフトネのありがたいところ。
ロープ沿いに潜降すると、透明度はちょっと良くないですがあいかわらずのオレンジパラダイス!

あ、オレンジパラダイスというのはキンギョハナダイでい〜っぱいと言うことです(笑)

111002tago3.jpg

少ししてゆっくりスタートチームも果敢に潜降してきます。

「あんなに速い流れは初めてだったわ」
という感想も(笑)

でも、潮流があるおかげで魚たちはよくまとまって、根頭につかまるダイバーのすぐ目の前でグッチャリ大群が潮に向かって泳いでいます。

111002tago9.jpg


時折ドヒャーって魚群が降ったり横切ったり。
皆さん、ただただ見とれています。

111002tago4.jpg


キンギョハナダイ、マツバスズメダイ、イサキ、タカベなんかが
これでもか!ってくらい群れまくり!

根の垂直の壁を降りてそこから見上げれば魚群の天井!

111002tago6.jpg


今ひとつな透明度だなんてすっかり気にならないくらいの見事な群れ群れショー

最後まで群れ群れショーを堪能して浮上。

エキジット後は今日も皆さん笑顔笑顔。

あれだけ速い流れが初めてという方も
「すっごい楽しかった〜!」とのこと!

ゆっくりチームの皆さんも綱引きのようなロープ潜降から、岩につかまっての前進まで良く頑張りました。
頑張った甲斐がたっぷりありましたね!



おまけ

今日のゲストの皆さんが帰られた後、スタッフ3人で沖ノ島に潜ってきました。

狙うのは午後遅めのハマフエフキ。

何故か沖ノ島で午後の遅めの頃に群れたりするハマフエフキ。

多いときには100匹以上。

たまにフトネでも群れるようですが、だいたいは沖ノ島で群れるようです。

西伊豆の他のスポットではこういう現象は聞かないのですがどうなのですかね。

不思議なことです。

さて、午後、というより夕方になって(田子DSの皆様にはずいぶん遅くまで仕事を増やしてしまってすみませんでしたっ。)

南西に変わった風が次第に吹き始め波が出始めた模様、さらに直前に潜った人からは「激流」との情報が。

波と激流かぁ…

なんたってウチは3人とも歳だしねぇ(苦笑)

エントリーすると確かに潮流はよく走っています。
テンション上がるいい歳の3人。

111002tago1.jpg さすがに吐いたエアーは横方向へ

イヤッホーとばかりに岩を縫うようにハマフエフキがいそうな場所へ向かいます。

すると
いますいます

ただ、透明度があいかわらず今ひとつ。

さらに、ハマフエフキは図体は大きく(体長は約80cm)、顔はヘンなくせに、近づく前にすぐ逃げてしまいます。なかなか接近することができません。
それでも
遠めには相当の数のハマフエフキが群れているのがわかります。
合計すれば100匹超えかな。

静かに静かに接近を試みますが、潮も速くなかなか思うように寄れません。

でも、肉眼ではしっかり迫力の群れを見ることができたし、良しとしましょう。

そして、浮上すると風波がさらに高くなっています。
「ありゃ〜」

そんな海上で待っていていただいた船頭さん、
「ぜんぜん大丈夫だよ」と言っていただきましたが、ゴメンナサイ!!

でも、すっ飛ぶ潮流と、その中でのハマフエフキ追跡、大変楽しゅうございました!

111002tago2.jpg ハマフエフキたち

posted by iwashi at 21:40| 静岡 ☁| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

9/30(金) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 気温:27℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:南西
● 透明度:フトネ10〜12m 白崎6〜8m
● 潮流:1〜3
● 海況:朝イチは波いくらか、その後外海は時化(シケ)

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


昨日に引き続いての田子でのダイビングとなりました。
海のご案内はサカエでした。

予報が南西の風、しかも次第に強くなるとのことだったので昨日のうねりのこともあったし、
湾内という逃げ場のある田子を選択しました。

朝からそれなりに波が立っていましたが、なぜか昨日のうねりは小さくなっています。
1本目は風波もまだそれほどではなかったのでメンバーさんに状況をお話したところ、「行って見ましょう!」とのことに。

フトネは表層からいくらかは透明度がダウン。
でも、根頭から下に行ってしまえば不自由ない程度、もっと下は良好です。

そして、魚は相変わらずの多さ!
今日もグッチャグチャです(笑)


メンバーKさん、昨日から3本目のフトネです(笑)
今日は前日に比べタカベの割合が多かったとのことです。

もちろんスズメダイは凄い数、スズメダイもたっくさん。

110930tago1.jpg


2本目は静かな湾内の白崎。

湾内といっても見所いっぱい、昨日もキビナゴ大群が見ごたえあったとのこと。

で、潜ってみると

キビナゴ大群、どこ??
結局最後まで見ることができず。

うーん、自然相手はこんなものですよね(^_^;)

でも、たくさんのスズメダイやネンブツダイなどの群れ、
そして白崎の名物ヒメエダミドリイシ群生にはトノサマダイ、ミゾレチョウチョウウオ、アケボノチョウチョウウオなど多くの南方系の魚の赤ちゃんも見られたり、色合いを加えてくれるソラスズメダイも多く、癒しのスポットとなっていました。

110930tago2.jpg 

posted by iwashi at 17:40| 静岡 ☁| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

9/29(木) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:24℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東より
● 透明度:10〜12m
● 潮流:1〜3
● 海況:うねり少しありました

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日も気持ちよく晴れています。
抜けるような青空、まさに秋晴れですね。

田子に行ってきました。

110929tago1.jpg 青空と田子島と富士山

ただ、
うねりがちょっと出てきていました。
昨日の土肥小下田や雲見で潜ったときもほとんど感じなかったうねり(田子では昨日の午後から少し出てきたとのこと)ですが、朝から岸際が波で白くなっています。

でもフトネに潜る分には問題なし。
岩につかまるといくらか横揺れも感じますが、中層に浮いているとほとんど気になりません。

海の中は少し白くなって透明度は落ちましたが、まだ10m以上は楽に見えています。
水温も25℃前後をキープしてよほど薄着でなければ快適です。


そして、フトネのグッチャリ魚群は健在です。

根の上部で群れるキンギョハナダイ、今年は特に多く凄いです。下部まで群れるマツバスズメダイ大群、その外側で群れるタカベやイサキ。
魚群の間を縫うように泳ぎ獲物を物色するワラサやカンパチ。
20mより下にはサクラダイがいっぱい。

110929tago5.jpg あいかわらず見事な魚の数です!


110929tago3.jpg 魚群を見ながらフトネ散策に出発ヽ(^o^)丿



とりわけ1本目の貸し切りフトネではマツバスズメダイ、キンギョハナダイ、タカベなどの群れが私たちの動きに反応するのかたまたまなのか時折すごいかたまってドヒャーッと降ってきて、見事な光景。
パチパチしたくなる一瞬ですね!(^^)!
110929tago2.jpg


110929tago4.jpg オオモン?カエルアンコウが壁にへばりついていました。


110929tago6.jpg タカベ、スズメダイ、キンギョハナダイがドヒャーと! パチパチパチ!


一見の価値ある魚影の濃さと言って1ヶ月以上。
さすが秋の伊豆の海ですね。
posted by iwashi at 18:13| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

9/26(月) 田子ボート

● 天気:曇りのち雨
● 気温:24℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東
● 透明度:15〜m!
● 潮流:2〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日も肌寒い1日、しかも午前中から雨が降り出しそのあたりはチト残念。

でも、

水がきれいになっていました!

海は北東の風でベタ凪、
そんな中、フトネへ行ってきました。

朝イチだし、天気も悪いので「海の中はけっこう暗いかな」と思いながら飛び込むと、根頭クッキリ。

もとろん明るいとは言えませんが、そんなことはまったく気にならない気持ち良さ。

110926tago1.jpg

110926tago2.jpg

潮が当たる場所まで行き、ちょっと深い場所まで降りてみます。

イサキやスズメダイは超大量。ワラサも縫うように泳いでいます。
キンギョハナダイの層からサクラダイの層に変化し、ナガハナダイの蛍光っぽい部分が浮かび上がって見えたり。

そこから潮に乗ってフトネの高い根までフワフワと魚群の中を流されるときは最高の気分。

2本目も、メンバーさんに希望を聞いて再びフトネへ。
こう調子が良いと魚群のフトネで「押せ押せ」ですな(笑)

魚群はあいかわらず!

裂け目を除いたり、1本目に行かなかったソフトコーラルが豊富なあたりをまたもフラフラと。

そして後半は浅い根頭や中層でで思う存分に魚まみれになります。

キンギョハナダイ超大群、スズメダイ超大群、その向こうにはイサキやタカベもどっさり。
群れの中には大きめのハマフエフキも浮かんでいます。

110926tago3.jpg 魚群に中に浮かぶハマフエフキ。 顔がヘンなんていわないでね(笑) それなりに大きな魚です。 午後には隣の沖ノ島で大群になったりして壮観です。

110926tago4.jpg

110926tago5.jpg

posted by iwashi at 19:39| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

9/25(日) 田子ボート

● 天気:曇り
● 気温:24℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東〜東
● 透明度:フトネ8〜12m 白崎5〜6m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


曇り空で北東の風が強く肌寒い1日となりました。

田子にはサカエ、イタミが初ゲストをご案内。

ホームページに盛んに載るの「魚群」の写真を見て来たと仰っていました。
誇大広告と思われても困るので、ただいま魚群ならハズレ無し状態のフトネへ向かいます。

まあ、毎度の事ながらとっても賑やかなフトネ。
スズメダイ、キンギョハナダイなんて何度見ても見事な群れっぷりです(笑)
イサキやタカベも後半参戦。ハマフエフキもアクセントを加えたり。

2本目は湾内の白崎。
さすがに透明度は今ひとつ、ふたつ…

でも、以外にもこっちにはキビナゴの大群が入っているじゃありませんか。
これだから白崎は侮れないんですよね。

もちろんラストはヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生でまったり。

トノサマダイやアケボノチョウチョウウオ、ミナミハタタテダイやトゲチョウなど南からの魚の赤ちゃんたちはさらに増えていました。
そういうのをさがして観察するのもとっても楽しいですよ!

110925itamitago1.jpgウミトサカとネンブツダイ

110925itamitago2.jpgエダサンゴにソラスズメダイとトノサマダイ


110925itamitago3.jpg 南方系の赤ちゃんたち
posted by iwashi at 18:12| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

9/24(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:28℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東
● 透明度:5〜10m
● 潮流:3〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.フトネ
3.沖ノ島


朝、海沿いの道を田子に向かっているとき富士山を見ると、

「白くなってる!!」

9月も下旬、初?冠雪の時期なんですね。



海は東よりの風でベッタリ良い凪です。

となれば向かうは当然「フトネ」。

台風後の白濁は相変わらずですが朝イチは10mくらいは見えているのでまあ良しとしましょう。

そして、ホッとしたのは、台風後初めて潜ったフトネの魚影が健在だったということ!

110924tago1.jpg 潮上は当然のように魚でグッチャリ!

とくに今年は特に多い気がするキンギョハナダイは凄まじい大群です。
目がオレンジ色の残像でチカチカしそうになります。

イサキやタカベもその外側で群れ群れ状態。

田子(と言うか秋の伊豆が)初めてのメンバーさんも「すごーい!」と感嘆の声しきり。

群れに何度も入って遊びながら堪能です。

2本目はこれまた伊豆(亜熱帯以外の日本の固有ですしね)ならではのサクラダイをじっくり見に行きました。

110924tago2.jpg 日本らしい色合いですよね、サクラダイ。

もちろん仕上げは「群れ遊び」
フトネらしさいっぱい楽しめた2ダイブでした。

そして、
今日はさらにもう1本。
沖に島へ行ってきました。

狙いは午後の名物「ハマフエフキ」の群れ。

今日は何故か3本ともけっこう速めの下り潮。

透明度が今ひとつですが、ハマフエフキ、いました、群れてました。

ちょっとまとまりは足りなかったのですが、合わせれば40〜50匹。
他の、西伊豆のスポットでは(田子ではたま〜にフトネでも見られますが)では見られない不思議な光景です。

顔はヘンですが、魚体が大きいので見ごたえあります。

そして、やはり沖ノ島の名物、穴でもないのに群れるハタンポ。

110924tago3.jpg ハタンポの群れ

けっこう速い潮でしたが、エッチラオッチラ潮の上手に行くとスズメダイやイサキが群れていたり。
そこから、潮に乗ってドリフト。

透明度がまだ回復しませんが、賑やかさはさすが秋の伊豆!

十分楽しい海です!
posted by iwashi at 16:54| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

9/19(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:30℃
● 水温:23〜27℃
● 風向:南西
● 透明度:フトネ15〜20m 白崎8〜12m
● 潮流:2〜4
● 海況:外海朝は良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


3連休の3日目、心配された台風の影響も大きく受けずにダイビングすることができました。

予報では南西の風がそこそこ吹く予報、まだ静かな朝の早めの時間に外海に行くべくスタートします。

早めの展開が功を奏し、外海フトネは風もまだ弱くうねりも少しだけで問題なく潜れました。
しかも今日も他のダイバーが1組もいない人気のフトネにエントリー、たまりませんね!

飛び込むとそこに広がっていたのは最高に気持ちのよいクリアな光景。
フトネの巨岩がドーンと迫力満点です。

周囲の深い水底さえ見えています。

そして、今年炸裂中のキンギョハナダイの超大群!

110919tago1.jpg
このキンギョハナダイ大群、なかなか写真にはうまくおさまってくれませんが、実際の光景は本当に見事です。

潮の上に行くとそこは 群れ群れパラダイス!

110919tago2.jpg スズメダイ、タカベ、イサキが入り乱れて凄いことになっていました。


110919tago3.jpg カゴカキダイ

時間が経つにしたがい南西の風と、速い潮流の為、外海は相当ハードな状況になったようです。

ウチは朝イチで外海にサクッと行って、2本目は湾内のポイントでノンビリ潜る予定だったので風の影響は受けずじまいで助かりました。

2本目は白崎、こっちも何故か誰も潜っていないので貸し切り状態。

透明度はさすがにフトネよりはずっと落ちますが、白崎としては悪くない10m前後は見えているので上等上等。

何故か潮が動いている白崎、シラスみたいな小魚大群が盛んに動いていて、捕食者がいる雰囲気。
夏の一時期にアジやカンパチが集まってたくさん楽しませてくれたエリアに行ってみると、アジはいないけどスズメダイの群れとシラスの大群。
そしてまたもいてくれたカンパチの20匹くらいの群れ。

110919tago4.jpg カンパチ軍団

動きがあって賑やかな白崎。
でもラストはやっぱりエダサンゴ!

110919tago5.jpg ヒメエダミドリイシ(通称エダサンゴ)の群生はソラスズメダイもたくさん。癒しのエリアでもありますね(笑)


季節来遊魚、南の海からやってきたチョウチョウウオの赤ちゃんたちがサンゴの中から出たり入ったり。
ヤリカタギ、トノサマダイ、アケボノチョウチョウウオ などなど。
とっても可愛いですよ!


昨日も西伊豆の水も良かった!と聞いていましたが、
朝のフトネは本当に素晴らしい海でした。

昨日の神子元みたいな大きい生物も狙え、行動するエリアも断然広い豪快ダイビングも大好きですが、今日みたいなそれほど泳がなくても近くに魚の群れがいて、その中で魚まみれで浮かんだりするダイビングもまったくヒケをとらない楽しいダイビングだとつくづく実感した今日のダイビングでした!

110919tago6.jpg

posted by iwashi at 18:40| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

9/11(日) 田子ボート

● 天気:曇り〜晴れ 一時雨
● 気温:29℃
● 水温:23〜26℃
● 風向:東
● 透明度:10〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.弁天島


昨日の初神子元メンバーの団体様、2日間の〆は西伊豆らしい海を見ていただきましょう。

朝一番のフトネは今日も期待を裏切らず、貸し切り&魚まみれのダイビング。
透明度も良好の中、キンギョハナダイ、スズメダイ、マアジ、イサキなどがこれでもかって群れています。

潮の流れがとてもゆるかったので広めに群れていましたがそれでも凄い数の魚たち。

110911tago1.jpg

110911tago2.jpg


カンパチ軍団(8匹)も後半にはダイバーのすぐ近くでずっとまったりホバーリングして笑えました。

2本目は久しぶりの弁天島。

魚の大群は1本目でお腹いっぱい堪能したし、弁天島でマクロモードでもってことで選択。

なぜかタップリあるはずのウミトサカ類が少なめ。

でも海の中はキビナゴの子の大群やスズメダイの群れ、カンパチの子供も回っています。
かろうじて久しぶりのピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)を見つけて目的達成(苦笑)

と言っても、もともとマクロモードには弱い(視力的、性格的)ガイドではありますが(笑)


110911tago3.jpg

posted by iwashi at 13:40| 静岡 ☁| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

9/9(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:29℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東〜西
● 透明度:15〜20m
● 潮流:3〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.沖ノ島


今日も絶好のダイビング日和。
朝のうちは曇りベース、雨もパラッと降ったりしましたが次第に晴れてすっかり暑い1日となりました。

海は2本ともベタ凪の中外海に行くことができました。

早めのスタートで飛び込んだフトネ。
透明度いいんじゃない?!
ダイビング中盤、水深25mから見上げても水面の波紋までクッキリ見えるていました!

水温も上から下まで24℃前後で問題なし。

潮流はやや速かったので、潮上の魚群は見事見事!

ススメダイ、キンギョハナダイ、タカベ、イサキ、マアジ。そして10匹くらいのワラサ軍団も群れを縫うように泳ぎ回っていました。

110909tago1.jpg

すごい、すごい!
時折ワラサに追われて大群がドーンと動くときなど壁が動いたみたいでクラクラします。


110909tago3.jpg


110909tago2.jpg

2本目の沖ノ島も潮がいい感じで流れていて、魚群は元気。
フトネとはまた違った景観、群れ方でこれまたいいですねぇ!

カンパチ(ヒレナガと本カンパが混じっています)が時折群れを追い上げます。


110909tago4.jpg 沖ノ島の魚群を狙うヒレナガカンパチ

最後は浅い根頭で安全停止。
水は青いし魚は多いし。

今日も実にいい海でした!

posted by iwashi at 14:16| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

8/31(水) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ、午後から雨
● 気温:28℃
● 水温:22〜24℃
● 風向:北東
● 透明度:8〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:うねり少し

------------------------------------------------
1.フトネ
2.沖ノ島


台風12号はあいかわらずゆっくりした速度で北上中。
北東の風のおかげか、土肥から田子まで見た感じではまだそれほど大きなうねりは届いていません。

とは言え相手は台風、油断はできないので「静かな湾内でのダイビングもできる」という逃げ場を確保するために田子に行ってきました。

110831tago.jpg朝、まだ誰もいなくて静かな船着場です。


朝一番で行ったのでまたもや貸し切り状態。
1本目は人気のフトネもエキジットまで貸し切り。
そして、水もきれいになっていました!

飛び込んだらフトネの根頭もクッキリ。

マアジ、イサキ、タカベ、スズメダイ、キンギョハナダイなどがいっ〜〜っぱいです!

110831tago1.jpg 視界には魚たちがいつもいっぱい。フトネ。

水温差が減ったためか、潮の流れがゆるかったためか、魚たちはそれほどかたまらず広く群れていましたがそれでもあまりに魚たちの数が多いためどこを向いても魚群って状態。

その中をヒレナガカンパチが5匹くらいウロウロ。それとは別に特大カンパチ、後半には巨大ヒラマサ?ブリ?も登場。
あの大きさになるとなかなか寄ってきてはくれませんでしたが迫力ある大きさです。


110831tago2.jpg キンギョハナダイの群が見事でした。でも目で見る方が断然キレイです。というか、どうも写真がうまく撮れません。どなたかきれいに撮ってください!


2本目の沖ノ島では(また潮がゆるかったのですが)タカベやマアジがガンガン群れています!
カンパチ軍団が突っ込むときのスピードは凄いものがあります。

一番浅い根頭につかまろうとしなければうねりがあることなどわからないくらい。

イワシDでは明日から台風通過まではとりあえずダイビングは無しとさせていただきましたが、今日まで通常のダイビングができたことは良かったです。

だから台風12号よ、早く過ぎ去ってね!


110831tago3.jpg

もう今日は魚いっぱいで透明度も良好、理屈やウンチクなどいらないそれこそ浮いているだけで気持ちいい海でした!

2ダイブを終え、藪誠(そば屋)で昼食を食べて土肥の民宿にゲストの方たちをお送りするころに雨がザーッと降ってきました。

曇ったり、さっと雨が降ったり、そして強い日差しで照ったり、そして雨が本降りで降ったり、さすが台風接近って天気の1日でした。

.
posted by iwashi at 18:37| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

8/28(日) 田子ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 気温:31℃
● 水温:20〜25℃
● 風向:北東
● 透明度:7〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:外海うねり少しあり

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


非常にゆっくりペースの2個の台風の影響が気になりつつの日曜日。
ボートダイビングとして逃げ場(湾内)を確保できる田子に行ってきました。

昨日からのメンバーの方たちなので早めのスタート、田子に着いたのは一番乗り。

台風のうねりもありますが、それほど大きくないのでまず外海のフトネへGO。
これまた誰もいないフトネにエントリー。
表層から根頭付近は白っぽく透明度は7〜8mほど。
ロープ伝いに潜降して行くとマアジの凄い大群が走りまくり。

そして根頭に着くとそこは 「キンギョハナダイのパラダイス」!

110828tago1.jpg 心配されたうねりはその時点で多少揺られる程度。
根頭で岩につかまっていることもできました。


110828tago2.jpg キンギョハナダイの数、密度ともに凄まじいものがあります。

キンギョハナダイの向こうにはスズメダイ、マアジ、イサキが群れ群れ。

その中をワラサ軍団が泳ぎまわります。

110828tago3.jpg ワラサ軍団

水深20mより下は透明度が一気に抜けます。
水温は20℃前後と低めですが(^_^;)

貸し切りフトネで魚群満喫してDSに戻ってビックリ、人でいっぱいです。
すごい数のダイバーが田子に逃げてきたようです。

1本目のほかのダイバーのいない魚だらけのフトネの印象を大事にしましょうと、2本目は湾内の白崎へ。

前日の土肥プールでの練習の成果を実践するダイビングとします。
ゆったりしたフィンキックや自由な中性浮力。
昨日のダイビングよりずっといい感じになりました!

でも先週あれだけ楽しませてくれた白崎のマアジの大群が忽然と姿を消していました…
当然ながらいつまでも同じじゃない…
海はこんなものですよね。

でもエダサンゴ群生ではまたさらに南方のチョウチョウウオなどの子供が増えてきて目を楽しませてくれます。


DSは多くのダイバーでごった返していましたが、ウチは2本早くに終了して洗い場もシャワーも広く使えて混雑の影響なし。

早いスタートにご協力いただきありがとうございました!
早起き(ってほどでもないけど)は相当得した気分の1日でしたね。

posted by iwashi at 18:03| 静岡 ☁| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

8/21(日) 田子ボート

● 天気:曇りのち雨
● 気温:26℃
● 水温:22〜27℃
● 風向:北東
● 透明度:8〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.沖ノ島


土肥的(花火大会が今日まで)にも夏休み最後の日曜日。
空模様は怪しげ。いつ雨が降ってもおかしくない空です。

このところ外海に行けていなかった田子に行ってきました。

そんなわけで1本目は田子外海の代表的ポイントの「フトネ」へ。

飛び込むと、青くて良好な透明度。
水深15mくらいまでけっこうきれいです。

その下でも10mくらいの透明度はあるので問題なし。
もっと下へ行くと少し暗い感じになります。
根頭付近はキンギョハナダイの大群がこれでもかってくらい群れています。
その外側にマアジやイサキ、スズメダイなどがいっぱい群れていて、見とれてしまいます。

さすがフトネ、見事な賑やかさです!

aki110821tago.jpg PHOTO by Akinoshima


今日はベテランばかりだったので魅惑のエリア(YOSHIDA POINT?)にも行ってきました。
曇り空ということもあり深場はけっこう暗く感じます。

それでも名物サクラダイの大群は素晴らしい!
今日はなぜかオスが多く感じます。

110821tago1.jpg サクラダイのハーレム?

ライトで照らすとサクラダイのオレンジが浮かびあがり幻想的です。
なかなか行くことができるエリアではありませんが、これだけサクラダイの大群が見られる場所も珍しいと思います。


フトネの浅場に戻って、キンギョハナダイやスズメダイなどの大群と「群れ群れ遊び」を堪能して浮上。
110821tago3.jpg



ボートに上がって港に戻る途中、たくさんの人を乗せたボートが何隻も沖のほうに集まっています。

みんな水面を見ながら何かを探している様子。

事故?!

いえ、ジンベエザメ出現とのこと。

なに〜!!


2本目はその場所からも近い沖ノ島に潜る予定。

気にしないと言いながらもチラチラ中層から水面方向が気になる我がチーム(苦笑)

潮の流れがたるんで魚のたまる場所がはっきりしない沖ノ島。

後半になってタカベの大群にやっとぶちあたりやっと魚群遊び。
110821tago2.jpg タカベの群れなど。沖ノ島にて。


そこから中層を流しながらフロートを上げ、安全停止に入ります。

ジンベエさん、出てくるならこのタイミングだよ〜


と言ったところで出てくるわけもなく…

それにしても今年の伊豆はジンベエザメ目撃情報の多いこと。
海はつながっているとは言え、そんなこともあるのですね。

今日のような邪心を抱かず潜ればいつかビックリの遭遇だってあるかもしれませんね。
posted by iwashi at 21:49| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

8/19(金) 田子ボート

● 天気:曇り
● 気温:30℃
● 水温:23〜27℃
● 風向:南西
● 透明度:6〜10m
● 潮流:1〜2
● 海況:沖ははじめ波あり

------------------------------------------------
1.白 崎
2.白 崎


昨日と同じパターンのダイビングとなりました。

天気予報では(いくつかの予報のうちのひとつでは)昼ごろ大雨、風は南西の風が強め。
ポイント選びに苦心する予報でした。
ダイビング的に、湾内にポイントがあるので海が荒れても逃げ場があって、
大雨に降られても田子DCで船着場に隣接したテーブルスペースにシートで屋根を設置してくれて雨をしのげるのがありがたいなポイント。

そんなわけで今日も田子となりました。

結果的には雨に降られずに済みましたが、ずっと曇り空、朝はかなりどんよりして明るくなりません。
もちろん海の中も15mも潜ると暗〜い感じでした。

それでも今日も白崎は賑やか、群れがいっぱい!

昨日に続いてマアジの大群がガンガン走り、数匹のカンパチが泳ぎ回ります。
浅い水深でのシーンだったので暗さもあまり感じずに群れが走るシーンをたっぷり楽しめました。

もちろん、昨日と同じくタカベやスズメダイ、ネンブツダイたちも見事な魚影の濃さをさらに濃くしていました。

今日は1年ぶりのダイビングでゆっくりダイビング希望の方もいたので白崎2本してきましたが、2本目には外海に行ったチームもあったようです。
水はなぜか白崎のほうがきれいだったとのことですが、魚影は見事だったとのこと。

ここ数日は白崎が湾内のポイントながら素晴らしい賑やかさを堪能させてくれていて本当にありがたかったですが、そろそろ外海も行きたいものです。

予報では今日の夜から風は東寄りにかわるみたい。
待ってましたよ〜!!


110819tago1.jpg 
カンパチ軍団。今日の1本目は20匹くらいがマアジの大群の中やまわりを泳ぎ回ってスピード感たっぷりの水中シーンを見ることができました。


110819tago2.jpg


110819tago3.jpg 白崎のエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)群生にて。エダサンゴとチャガラたち。少しミスマッチなところがいいですね。

posted by iwashi at 15:52| 静岡 ☁| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

8/18(木) 田子ボート

● 天気:曇り
● 気温:32℃
● 水温:22〜27℃
● 風向:南西
● 透明度:6〜12m
● 潮流:1〜3
● 海況:沖は波高く湾内のみ

------------------------------------------------
1.白 崎
2.白 崎


今年の夏はほとんど南西の風。
しかも今日は強く吹いて海は白い波が目だって荒れ模様。

どこへ行こうか迷うのですが、ボートダイビングとすれば強い味方の田子があります。

もちろんこの海況ではまともに潜れるのは湾内のみ。
その中でもうねりや波に影響をほとんど受けない白崎で2ダイブしてきました。

限定されてしまった心理状況もあって、多少諦めムードでエントリーすると、意外と水はきれい。

中層から下はやや透明度が落ちますがすごく悪いと言うほどではありません。

2本ともやや深場をグルッとまわって浅場にあがってそのままのんびりめぐるコース。
1本ずつ少しコースをずらして潜りました。

今や白崎名物とも言えなくもない派手な色合いのセトリュウグウウミウシも今日は4個体見つかりました。

oi110818tago.jpgセトリュウグウウミウシ Photo by Ooi

そのあたりにはマダイがドンドンと20匹くらい並んでいて迫力。 


季節は違うけど白崎の別の名物トビエイもいました。

110818tago2.jpg


そして、とくに1本目は浅場のマアジが見事な群れ!

ウミトサカも豊富でネンブツダイ、スズメダイもいっぱい。タカベも玉になって降ってきたりします。
カンパチが4〜5匹そんな群れに突っ込みます。

110818tago1.jpg スズメダイの大群


110818tago3.jpg マアジの大群!


そしてラストは浅いエダサンゴのエリアでひたすらまったり。
サンゴの間にアケボノチョウチョウウオやトノサマダイなど南からの魚の子たちが出たり入ったりしている姿が可愛かったですよ。

外海が静かなら当たり前のように外海にある魚がいっぱいのフトネや沖ノ島に行くのですが、ここ何回かの白崎が群れの魚いっぱいでワイドな視野の方も堪能させてくれています。

今日は伊豆でのダイビングが初めてという方もいらして、見られる魚として「寿司屋や魚屋で見られる魚が多いです」と説明させていただきました。

まさに今日はアジにタイなど寿司屋系。
あとはヒラメも欲しかったかな。

ついでながら帰りの途中に何人かの方は「きびなご寿司」を買って帰りました。

キビナゴと言えば、まだ出たり出なかったりだけど、そろそろ水中で見るキビナゴ大群も伊豆で本格的シーズンになるかな?

posted by iwashi at 17:38| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

8/16(火) 田子ボート

● 天気:晴れ時々曇り
● 気温:32℃
● 水温:22〜26℃
● 風向:南西
● 透明度:6〜10m
● 潮流:2〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フト根
2.白 崎


今日で3日目の皆さん、毎日ポイントを変えて西伊豆を楽しいでいただけたらってことで今日は田子ボートでした。

ここ最近の傾向や天気予報では南西の風が時間だ経つにしたがって強めに吹き始めて波もザブザブしそうだったので、朝イチで外海のフトネで潜ってきました。

水面は凪とは言えませんが、まだ船は余裕で走れます。
飛び込むと透明度は10m前後。白っぽいのですが不自由もまったく無し。

あいかわらず根頭付近の潮上はキンギョハナダイでいっぱい。
ボチボチ潮の流れもあったのでまとまりもありました。

そのほかにはスズメダイやマアジ、イサキ、サクラダイなど魚いっぱい、伊豆の外海らしい光景になってきましたよ〜!

魚群が上から降ったり、下から湧き上がったり。魚の群れに囲まれて浮いている気分はたまりませんね。

110816tago1.jpg 上からドヒャーっと降ってきたスズメダイの大群。フトネにて。

2本目は今回の皆さんのラストダイブ。

もう1本外海で、という選択肢もありましたが、多少なりとも波が出そうだったし、静かな海でのんびり泳いでいただきたいと湾内の白崎に行ってきました。

流れもゆるくまったり散策、先端のほうにはドギツイ色のセトリュウグウウミウシ。
浅いほうに行ってみるとまずはスズメダイ大群。その後はマアジの大群、なんか珍しい群れ方だなぁと思っているとやってきたのはカンパチの群れ!
50匹くらいの若いカンパチ軍団が何度も何度もつむじ風のようにやってきました。

湾内でこんなカンパチ軍団がやってきて得した気分ですね!
110816tago2.jpg 手を振ると「なんだなんだ」とやってくるカンパチ軍団


そして最後は、定番のエダサンゴ群生エリアでまったり。
小さなチョウチョウウオの赤ちゃんなども徐々に増えはじめましたね。

110816tago3.jpg 白崎のエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)群生地帯にて


110816tago4.jpg 今回潜りに来られた4人のみなさん。
いっぱい笑いがあって、陸でも海でもとっても楽しそうでしたぁ!

posted by iwashi at 18:19| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

8/6(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:31℃
● 水温:22〜25℃
● 風向:南西
● 透明度:フトネ 15〜20m! 沖ノ島 10〜12m
● 潮流:1〜3
● 海況:うねりあり

------------------------------------------------
1.フトネ
2.沖ノ島


台風9号は沖縄本島近くを通って東シナ海に入ったようですが、西伊豆に届いているうねりはまだそれなりにあります。

風は南西ですが、それほどは吹かず、外海のフトネまで多少船は揺れますが行くことができました。

朝イチバンのフトネは飛び込んだ瞬間「きれい!」
青く根頭がはっきり見えて迫力満点。潮の流れがあまり無かったので魚たちは広範囲になっていましたがマアジ、スズメダイ、イサキなどがそれぞれ大群で泳ぎまわっています。

tago110806futone1.jpg

なんと言っても根頭付近のキンギョハナダイの大群はグッチャリ、みごとな群れ方。

tago110806futone2.jpg


根頭付近は揺れがあったので岩につかまらずに横揺れに身を任せてキンギョハナダイの大群に埋もれているのはウットリするくらい見事な光景です。

2本目は同じく外海の沖ノ島。
まだブイが設置されていないので、浅瀬の上から飛び込んで一気に潜降します。
こちらはフトネよりさらに横に揺れていますが、岩につかまらないで身を任せながら前に押してくれるときだけ泳げば楽チンです。

透明度は1本目のフトネより落ちていましたがマアジの大群、スズメダイの大群がさらにパワーアップ!ガンガン走っています。
名物ハマフエフキはまだ数匹がまとまり無く泳いでいる程度。

そして、
後半にやってきたのはワラサの大群!
始めは数十匹程度が走っていたのが途中から見事な大群。
グルグル僕らを巻くようにワラサの壁が泳ぎ回ってワラネード状態に!

tago110806warasa.jpg


田子DCの看板娘?のSゆりちゃんチームも近くにいて一緒に巻かれてお互い大喜び!
勝負をしているわけではないけど「運」としてはめでたく引き分け、ヨカッタヨカッタ(笑)

tago110806warasa1.jpg


遠征後の復帰戦でしたが、伊豆の海の楽しさを再確認の1日でした!


aki110806tentyou.jpg 「やっぱり伊豆の海は楽しいだじょ」 by ネコ店長
撮影:猫さとし君

.
posted by iwashi at 20:41| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

7/18(月) 田子ボート

● 天気:くもり
● 気温:29℃
● 水温:22〜26℃
● 風向:南
● 透明度:4〜6m
● 潮流:1〜2
● 海況:浅場うねり少〜し感じました

------------------------------------------------
1.白 崎
2.白 崎


3連休の3日目
絶好のコンディションに恵まれた昨日から打って変わって西伊豆も台風のうねりが大きくなってきました。

今日は昨日からのゲストの方。1年ぶりのダイビングで昨日は土肥でビーチダイビングとプールでリフレッシュダイビングをしていただけました。

今日は湾内だけでもご希望のボートダイビングをしていただきたいと考え田子を選択しました。

田子に向かう国道から見た外海の田子島は白い波濤が遠めにも見えました。
風は東か弱いかで風波は無いのですが、島際、岸際は真っ白な波が押し寄せています。

110718koganezaki.jpg 帰りに見に寄った黄金崎の光景。さすがにうねりが打ち寄せていますね。


田子の湾内にあるポイント白崎は今はアカカマスの超大群がいい感じ。
仕方なく湾内を選択したといっても見所はあるはず。

でも、
伊豆の各地のポイントがクローズになって、湾内のポイントがある田子は多くのダイバーで大賑わい。

しかも、潜れるポイントに集中するので海の中も大賑わいでした(笑)
早めに着いて人が多くないうちに行った時には透明度は5〜8m。うねりの影響か昨日より透明度は落ちていましたが、まだ不自由は無い程度でした。ところが2本目はダイバーいっぱいで人が砂を巻き上げての濁りが目立っていました。

本日のゲストさま、初の西伊豆ダイビングだったのにこの状況はなんとも…
普段の西伊豆の海は今日の2本目のようにダイバーが目立つばかりの海ではありません。とっても静かでノンビリしているところが西伊豆の良さ、またぜひいらしてくださいね!


それでも、やっぱりカマスの大群は見事でした。

110718shirosaki1.jpg 見上げると今日も大群!

途中からは横に上にとずっとカマスの大群が視界にあります。

時にカマスの壁、時にはカマスの天井、本当に凄い数です。

110718shirosaki3.jpg カマスの群れをバックに記念撮影。


他にはやたら多かったヒラタエイやキイボキヌハダウミウシ、アワシマオトメウミウシ、スズメダイの群れ、エダサンゴとたくさんのソラスズメダイ乱舞、子供のトビエイ、ミノカサゴ、マアジの子の群れなどなど。

最後のエダサンゴの群生のあたりまでカマスたちがいっぱいで賑やかな水中でした。

110718shirosaki2.jpg カマスの群れの向こうにトビエイが! itami


posted by iwashi at 15:49| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

7/17(日) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:32℃
● 水温:22〜26℃
● 風向:南
● 透明度:フトネ 15〜20m! 白崎 8〜10m
● 潮流:1〜4
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


普通のファンダイブチームは田子に行ってきました。

今日はかねてお知らせしてきた「海から元気を7.11」イベントの日。
心配された台風も(田子では)まだ影響は少なく各地でダイバーが海に潜ったことでしょう。

田子ダイビングセンターではそのイベントに加えて、「まご茶サービス」が!

ダイビングのあとはご飯にカツオorシイラの切り身にだし汁をかけたまご茶をご馳走になりましたぁ。
みなさん美味しいって大好評でした!

さて、海ですが
1本目のフトネ、海に飛び込んでビックリ!
フトネの根がドーンと見えるではありませんか!
抜群の青い水です。
透明度は久々の20mオーバー。
真っ青な水の中、根頭にはキンギョハナダイの大群がグッチャリ。お先の群れや巨大コロダイ。
潮の流れは水面付近はほとんど止まっているのに、水深10m付近の根頭はけっこう快調に流れていて、動かず身を流れにさらしていると爽快そのもの。

ガチャガチャ動かずとも根のてっぺんにつかまって、青い水とオレンジの魚の大群の光景を見ているだけでもみなさんウットリです。

110717futone1.jpg フトネの根頭は魚いっぱい、賑やかでした!


今回が初ボートダイビングの方もいたのですが、これ以上は無いデビューですよね!
大喜びされてました(笑)

110717futone2.jpg とってもいい初ボートダイビングでしたね!

台風の影響どころか最高に幸せな1ダイブとなりました!

2本目は、どうしようか迷って皆さんとも相談して湾内の白崎へ。
こちらはフトネほど青くなく伊豆のスタンダードな水って感じ。

でも、
魚も伊豆らしい素晴らしい多さ!
なんといってもカマスは素晴らしい群れ方。
ダイビング中盤からはずーっと囲まれるか天井かでした!

110717shirosaki1.jpg アカカマスの大群。今日はまた見事な大群でした!


小アジもガンガン群れて、デカマダイもドンドンと編隊で。
常に魚の大群を見ながらのダイビング。

1本目の真っ青な海でのダイビングに2本目の魚いっぱいのダイビング。
みなさん笑顔いっぱい満足感いっぱいの1日でした!

110717shirosaki2.jpg ラストはやっぱりエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)群生で。ソラスズメも増えてさらにカラフルになってきました。


posted by iwashi at 18:28| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

7/11(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:32℃
● 水温:17〜24℃
● 風向:南西
● 透明度:4〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


今日も「こんな暑〜い日に海に飛び込めてありがたい!」日でした。

風は南西ですがごくゆるく、海は穏やか、とっても気持ちの良い海上でしたよ。

1本目はフトネ、暑さにゆだる体のさらなる冷却効果を求め(ウソ)、ちょい深い場所へ。
水面はゆるやかな南に向かっての潮でしたが、少し潜るとゆるい北行きの潮、もっと深い場所はけっこうな勢いの北行きの潮でした。
水温も水面の25℃ありそうなヌルい水温が潜るとドンドン下がります。
深い場所は水もきれいでサクラダイも乱舞。巨大ナンヨウキサンゴもポリプ全開です。

でも魚たちは浅い根頭に集中。
キンギョハナダイ、イサキ、マアジ、カゴカキダイ、メジナなど寄せ集まった感じです。
潮がごくゆるかったのでイサキなどのまとまりが無かったのですが、根頭は実に賑やかです。

110711sakuradai.jpg サクラダイのオス


2本目は湾内の白崎。
一昨日はそんなに透明度も悪くなく印象の良いままエントリー。
「あれ〜!」
濁ってます…
予想を上回る濁りでショックに震える我等の横をカンパチの若魚の群れがケラケラあざ笑いながらチョロチョロ泳ぎます。

水深20mまで行っても濁ったまんま。
心の中は「参りました、ゴメンナサイ」

ヒラタエイ、さらにかろうじてトビエイも通ってくれます。

浅場の濁りっぷりに期待もできずに最後のエダサンゴの群生へ。
やっぱり、濁りはそのまんま。
なんだか申し訳なくて見ることのできなかったメンバーさんの目が遠くを見つめ、そして指差します。
途中でいるはずだったのに見られなかったカマスの大群がやっとあらわれました。
リバーのように途切れず群れるカマス大群。
濁っているとは言え迫力満点。

濁りのせいか、静かにしているとさわれそうなすぐ近くを大群がガンガン通ります。

カマスちゃんありがとう!

110711kamasu.jpg 白崎のカマス大群


1日ごと、いえ時間ごとに変化する海。
近いうちにバッチリなコンディションがやってくるはずです!
posted by iwashi at 17:44| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

7/9(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:32℃
● 水温:17〜23℃
● 風向:南西
● 透明度:6〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:波少し

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


梅雨明けしましたね。
暑〜い1日でした。
海に飛び込めることがとっても幸せに感じるくらいの暑さでした。

風は南西。
外海は多少波(と言うかうねり)がありましたがまったく問題ない程度。

1本目は外海のフトネ。
表層付近はやや濁り気味で温かい水。

10mの根頭まで行くと水温が下がって20℃前後。
下のほうに行くとさらに水温は下がりますが透明度はかなりありキレイです。

でも、魚たちは根頭付近に集中。
ついに夏の海になってきましたよ!
イサキの大群、マアジの大群、メジナたくさん、カゴカキダイたくさん、若いタカベの群れ、そして見事なまでのキンギョハナダイの大群。

根頭付近は竜宮城のようです。



伊豆の夏はこうでなくっちゃ!


110709futone.jpg

2本目は湾内の白崎。

こっちも水は上と下で水温がグッと変化します。
初夏はどうもこういう傾向がありますね。

白崎のカマスの大群は多少減ったような気がしますが、まだまだすごい数です。

110709kamasu.jpg カメラを向けると離れてしまってなかなか写真が撮れないアカカマスの群れ

そして、深場にも行って見ます。

白崎ダイビングの中盤は、またまたガラにも無く(見やすい)ウミウシ探しから。
宝石さがし感覚でけっこう楽しい。

あいかわらず中年の目にも優しい大きさのウミウシがいてくれます。

matsunaga0709kaname.jpg わりと珍しい カナメイロウミウシ っぽいけど違う? 図鑑にあるのと一部違うし。よくわかってなくてスミマセン。  Photo by Matsunaga


110709seto.jpg いまや白崎名物? セトリュウグウウミウシ


110709kiibo.jpg この周辺のウミウシを食べまくっているのな? キイボキヌハダウミウシ


matsunaga0709igaguri.jpg やっぱり可愛いイガグリウミウシ Photo by Matsunaga


白崎のラストはやっぱりエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)の群生地帯でまったり。

ここも、素晴らしく賑やかでとってもいい感じでした!

エダサンゴの上にはソラスズメダイの群れ、ムツ若魚の群れ、そしてその上にはリバーとなって群れるカマスの大群が。

水温が温かいエリアに魚も集まっているのですかね。
湾内にしては透明度もまずまず、とっても楽しい白崎でした!


110709midoriishi.jpg

posted by iwashi at 17:42| 静岡 ☁| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

6/30(木) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:32℃
● 水温:19〜25℃
● 風向:東〜南西
● 透明度:5〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:波うねり少し

------------------------------------------------
今日は近所のダイビング屋仲間のF村君と田子に視察(と言うか遊び)ダイビングに行ってきました。

この暑さなので海でも潜らなきゃやってられないと思っていたので海に行けて良かったです。

現地では田子DSの看板娘のSちゃんも合流してフトネへGO!

浅場はやや濁り気味ですが、この顔ぶれなので普通は行かない魅惑の深場へ向かいます。
深場の水はやや冷たいながら透明度はバッチリ。
物凄い数で舞い泳ぐサクラダイとソフトコーラルは見事です。

めったに見られない大きさのナンヨウキサンゴもデーンと健在です。

110630kisango.jpg 見事な大きさナンヨウキサンゴ

フトネ本体の透明度はイマイチながらキビナゴの大群が通ったり、あいかわらず目立つキンギョハナダイの大群、ハマフエフキなども見られました。

エキジット時、表層付近の水の温いこと。水温26℃くらいある?

2本目湾内の白崎へ。

さすがに透明度は落ちますが、下の方に行けば不自由ないくらい見えます。
老眼気味の目にも問題なく見えるセトリュウグウウウミウシやキイボキヌハダウミウシが目に入ってきます。

110630seto.jpg セトリュウグウウミウシ あいかわらず派手な色合い

110630kiibo.jpg キイボキヌハダウミウシ このときは何も襲ってはいませんでした。

それにしても
白崎のカマスの大群はすごいです。
条件と腕が悪くて写真に残せませんが、ずーっとカマスの群れが視界に入っています。

名物ヒメエダミドリイシ(通称エダサンゴ)群生でもカマスの大群がサンゴの上で群れています。そこにトビエイも通過したりしてなんだかすごく賑やかな光景になったりします。



帰りにはまたもや恋人岬に寄ってしまいました。

ねこ店長さん、いないかと思ったらお土産の陳列棚にまぎれていました(笑)

110630tentyo.jpg 陳列されていたネコ店長さん
posted by iwashi at 17:12| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

6/12(日) 田子ボート

● 天気:曇り
● 気温:24℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:東のち西
● 透明度:8〜10m
● 潮流:1〜2
● 海況:うねり少し

------------------------------------------------
1.白崎
2.フトネ


潜ったサカエからの報告です。

前日の大雨でどうなることかと思ったけど、意外とおさまりました。
透明度も泥水状態でないことにホッとしました!

多少うねりも残っていたのでまずは湾内の白崎から。

水温も20℃以上あるし外が暖かいので寒さもあまり感じずに済みます。
白崎は最近見られるカマスの大群が走り回っています。
これまた今年よく見られるコナユキツバメガイも何匹もかたまっていました。

後半はやっぱり浅いエダサンゴのエリアでまったりと。

2本目は海がおさまってきたので外海のフトネへ。
根頭付近はうねりも感じますがそれほど問題はなし。
大きなマダイやいっぱいで群れるキンギョハナダイ、下の方のサクラダイはあいかわらず綺麗でした。

マンツーマンでのんびりまったりのダイビングでした!

posted by iwashi at 18:29| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

6/1(水) 田子ボート

● 天気:曇り
● 気温:19℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:東
● 透明度:10〜15m
● 潮流:1〜
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎

ちょっと肌寒さも感じる1日となりました。

でも、水温アップを機に今季初ウェットスーツで出陣してきました。
ありがたいことに深場まで行っても寒く感じることも無く潜っていられました。

透明度も台風後の濁りも無くフトネでは15mくらいは見えていました。
フトネでは相変わらず見事なサクラダイの大群やスズメダイ、イサキの群れ、そしてワラサというには大きいくらいのワラサの大群がぐるぐる回ってくれたり。

110601warasa.jpg ブレブレ写真ですみません。ワラサの大群です。

良好な透明度の中フトネのダイナミックな地形も映えてスカッとした1本でした。

1本目のフトネは深めだったこともあり2本目はのんびり湾内の白崎へ。
潜降してすぐに登場したのがアカエイ、それに続いてトビエイもゆっくり泳いでゆきます。

そし、ここはあいかわらずウミウシが目に付きます。

110601setoryugu.jpg セトリュウグウウミウシ

110601hanaotome.jpg ハナオトメウミウシ

110601shiro.jpg シロウミウシの顔

ウミウシを積極的に見つける方ではないのに次々に目に飛び込んできます。
他にもイガグリウミウシ、クリヤイロウミウシ、シロハナガサウミウシ、シロウミウシなんてやたらたくさんいます。

見えてしまったきれいなウミウシに引っかかってしまい、これではなかなか前に進めないくらいです。

そんな中ですが、中層がまた凄かった!
カマスの大群がガンガン泳いでいます。途切れることなく猛スピードで泳ぐカマスの大群。

大きなマダイやスズメダイの群れも見えます。

透明度こそ外海のフトネより落ちますが(8〜10m)後から後から見所がやってきてあっという間に45分。「もっと長い時間を伝えて置けばよかったかも」

110601midoriishi.jpg

ラストは白崎名物のエダサンゴのエリアでゆったりまったり。
エダサンゴの上で群れるソラスズメダイの群れ。
でも、ときおりやってくるカマスの大群、落ち着きにくいったらありゃしません。

貸切状態の2ダイブ。
初夏の海満喫でした。



おまけ

ほんのちょっとだけワラサの動画を撮ってみました。




もうひとつ おまけ

110601neko.jpg ネコ×猫
帰りに立ち寄った恋人岬にて。
ネコ店長と猫ひろしの雰囲気を持つAくんの2ショットでした。
posted by iwashi at 17:26| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

5/8(日) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:21℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:南西
● 透明度:4〜9m
● 潮流:1〜2
● 海況:外海は波、うねりあり

---------------------------------------------------------
1.白崎
2.弁天島


昨日から天気は回復して青空が広がりましたが、風が南西から(しかも強めに)吹いて西伊豆の海は波立ってしまいました。

そんな場合にありがたいのは風波の影響を受けにくい湾内がある田子です。

風をのぞけば気温も高くポカポカ陽気。ドライのインナーのままでは暑いです。
海はまだ濁りがありますね。
でも湾内の白崎でも深場はけっこうキレイです。10m以上見えていそうです。
相変わらずウミウシ類が目に付いちゃいます。
最近のログの写真はウミウシがやっぱり多くて「インチキにわかウミウシファン」みたいに思われそうで、ウミウシとは目が合わないように泳ぐのですが、あまりの豊富さについ立ち止まってしまいます。でもこの透明度でもぜんぜんOなんですよね。

まずい、ちょっと楽しいかも…


2本目は弁天島。
朝の情報では潮の色は白崎より良いとの事。
昼に行ったら透明度は落ちていたようですが、6〜7mは見えていて不自由はそれほどなし。
冬を越してトサカなどのソフトコーラルはさらに見事になっています。
そこにスズメダイやネンブツダイが群れたり中層にはキビナゴとカタクチイワシのかなりの大群が走っていました。
終盤にはボラの大群(通称ボラクーダ)も登場!
浅いあたりで透明度が今ひとつでしたが迫力満点、びっくりでした。



110508kuriya.jpg クリヤイロウミウシ


110508nishiki.jpg ニシキウミウシ


110508waraebi.jpg ウミトサカとオルトマンワラエビ
posted by iwashi at 17:12| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

5/6(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:22℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:東
● 透明度:4〜8m
● 潮流:1〜4
● 海況:良好

---------------------------------------------------------
1.フトネ
2.白崎


東風のおかげでベタ凪の西伊豆の海でした!

tago110506boat.jpg


まずは一昨日水深12mより下はきれいな水だったフトネへ行ってきました。
ポイントに到着してみると潮の色はあいかわらず緑色っぽく、潮の流れもそこそこありそう。
飛び込みブイに掴まりロープ沿いに潜降するとやっぱり潮は速め。
しかも、水深を下げても透明度は良くなりません(汗)
けっこう深い場所に行っても6〜7mくらいの透明度。ありゃりゃ。まぁ、自然はそんなもんですね。

潮の上手にはスズメダイ、下のほうには見事な数のサクラダイたち。ライトを当てるとオレンジ色の魚体が浮かび上がり幻想的です。

インターバルはウチのおじさんたちとダイビングセンターの看板娘(?)Sユリちゃんの食べ物談義。
Sちゃん、なんでそんなに横浜中華街に詳しいの?
いやはやすごい「食」への執念です。文字通り肉食系海女さんですね!


2本目は湾内の白崎へ。
外海であの透明度なので濁っていることは覚悟のうえです。
1本目が潮流などややハードなダイビングだったのでゆったり潜ってきました。
さすがに透明度は5m前後。
でも深いあたりはきれいでした。フトネは深くても抜けなかったのにわからないものですね。

なんとなく始まってしまったウミウシウォッチング。
いくなりブイのすぐ下にいたコナユキツバメガイやノウメア.ワリアンス(?)につかまってしまいました。

aki110506konayuki.jpg コナユキツバメガイ 撮影:akinoshima

tago110506nomea.jpg ノウメア.ワリアンス(?)


ほとんどウミウシと縁の無いオジサンチームが潜降してすぐに始まってしまったウミウシ撮影にはけっこう笑えました。

その後も、巨大ゴマフビロードウミウシ、ハナミドリガイ、シロハナガサウミウシ、サラサウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ幼体、アオやらシロはそこらじゅうに。

もともとウミウシにさっぱり造詣が深くない我等3人、それでも次々に見つかるものだからなかなか前に進めません(笑)
なんだか楽しかったですねぇ。

おかげで予定のエダサンゴのエリアまで行き着けず。
それでもOKなご様子。

透明度は残念な感じ。そして意外性の1日、それでも楽しいダイビングでした。


aki110506sarasa.jpg サラサウミウシ 撮影:akinoshima


tago110506igaguri.jpg イガグリウミウシ


oi110506hanamidori.jpg ハナミドリガイ 撮影:Ooi

posted by iwashi at 20:16| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

5/4(水) 田子ボート


● 天気:晴れ時々曇り
● 気温:22℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:西〜南西
● 透明度:5〜9m
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

---------------------------------------------------------

1.フトネ
2.フトネ


GWど真ん中ですね。西伊豆の各観光地はけっこう車や人も多く賑わっていますね。いいぞいいぞ!

今日は田子でのダイビング。
午前中は風もほとんど無く、静かなコンディションに恵まれ、外海のフトネを2本潜ってきました。

昨日までのゆっくりながら順調な透明度の回復で当然今日も期待してエントリー。
あれ?濁ってる…

でもフトネの根頭が見える頃から水は変化して、見えるようになってきました。
下に行けばさらに透明度はアップして、15mくらい見えてテンションもアップです。

あまり行く機会の無いフトネのちょい深場の魅惑のエリアに向かうと、サクラダイの大群が潮に向かって泳いでいます。
ちょっとお目にかかれないサイズのナンヨウキサンゴも見ごたえ十分。岩を覆う腔腸類も手付かずなので元気いっぱい色とりどりです。
その中にはクダゴンベもいました!
この時期にいるということは冬を越したのですね。すごい!

2本目も水の良さに気をよくしてフトネへ。
潮上にはスズメダイの大群、西伊豆では珍しい巨大なソウシカエルアンコウもいました。大きなマダイの編隊、などなど。

おだやかな海での半日、楽しい海でした!


110504kisango.jpg ナンヨウキサンゴ。人間より大きいです。

110504kudagonbe.jpg 冬を越したらしいがんばるクダゴンベ。たまに逢いに行こうかな。ちょっと深いけど…

110504soushi.jpg わかりますか?ソウシカエルアンコウの顔のアップ。びっくりの大きさですよ(笑)
posted by iwashi at 20:48| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

4/13(水) 田子

● 天気:晴れ
● 気温:19℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:南西
● 透明度:5〜6m
● 潮流:1〜

--------------------------------------------------------------------------------
1・フトネ
2・白崎


天気は上々、気温も上がってポカポカ陽気の1日でした。

ただ、南西の風が次第に強くなったことと、再びやってきた春濁りがちと残念。
それでも、1本目はフトネに行くことができました。

フトネでは普段行かない深場に行ってみました。
ずっと下のほうは透明度も良さそうでしたが、上から見るだけにしておきました。
巨大なナンヨウキサンゴ、サクラダイの群れ、それからワラサの大群に出遭ってびっくり。
いつもの根周りでは西伊豆ではかなりめずらしいソウシカエルアンコウが3匹(4匹という話も)。
どうなっているんでしょうね(笑)

2本目は南西の風が強く吹いてもヘッチャラな白崎へ。
やはり浮遊物も多く透明度は芳しくはありませんが、ウミウシなんかはかなり見つかります。
ウミウシに詳しくもなく老眼(涙)も進んでいる自分の目にもあれこれ飛び込んできます。

ピカチュウ、アワシマオトメウウシ、シロハナガサウミウシ、(アオ、シロ、サラサはいっぱい)、コナユキミドリガイ、などなど。
アカエイ?とも思えない大きなエイ、大きなマダイ、エダサンゴ群生も元気でした。

こういう宝探し的ダイビングもかなり楽しいものです!


20110413pika.jpg ウデフリツノザヤウミウシ(通称ピカチュウ)

20110413awashima.jpg アワシマオトメウミウシ
posted by iwashi at 18:00| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。