2011年10月28日

10/28(金) 安良里ボート

● 天気:晴れ
● 気温:20℃
● 水温:21〜22℃
● 風向:北東
● 透明度:8〜15m 
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

------------------------------
1.沖ノ根
2.沖ノ根


今日も気持ちよい秋晴れの1日でした。

朝のうちは寒くすら感じましたが日中はポカポカ陽気でした。
海も東よりの風で静か!

海は透明度もまずまず。
沖ノ根はエントリー直後からキビナゴの大群が群れまくりです。

111028arari1.jpg


111028arari2.jpg

キビナゴ大群、スゴイ数で迫力ありました!


111028arari3.jpg イイジマフクロウニに付いていたゼブラガニ


西根ではキンギョハナダイ群れ、クマノミ&ミツボシクロスズメの赤ちゃん、ベニカエルなどがいて見所たくさん。

沖ノ根本体ではキビナゴ大群にカツオやイナダ、カンパチなんかが突っ込んでビランビラン群れが翻ります。

2本目は潮がほとんど止まっていたためか、キビナゴが見えず。
それでも裂け目のキンメモドキ群れ、スズメダイ群れや名物のマダイは編隊で見ることができました。


111028arari4.jpg 名物、大きいなマダイ。顔も大きい!?


posted by iwashi at 15:43| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

10/27(木) 安良里ボート

● 天気:晴れ
● 気温:19℃
● 水温:21〜22℃
● 風向:北東
● 透明度:8〜12m 
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

------------------------------
1.沖ノ根

今日は黄金崎でのんびり2本潜る予定だったのが、急遽、潜ることになった安良里のボートダイブ。

やっぱりゲストのいない視察?です。

こちらも海は凪だし、良いコンディションですね。

水は黄金崎ビーチの方がきれいに思えました。
黄金崎の白い砂地のせいなのかな??

それでも、視界は良好と言えるでしょう。

そして、今の沖ノ根はキビナゴの大群が群れまくりです!

111027arari1.jpg

西根にはあいかわらずキンギョハナダイのパラダイスがあります。

111027arari2.jpg


111027arari6.jpg ベニカエルアンコウ。今回はクローズアップレンズを付けて撮ってみました。


沖ノ根本体の頂上付近にはキビナゴ大群とメジナの群れ。
魚がいっぱいで賑やかなこと。
111027arari4.jpg


裂け目には少なくなったけどまだ群れているキンメモドキたち。
111027arari3.jpg


111027arari5.jpg このポイントでいつも見るし、体は大きいのにいつも見流し気味なコロダイをたまには撮ってみようかな(笑)


自分は会えなかったけど同じ時に潜っていた安良里DCのムツキ君はイナダの数百匹の大群も見たとか。


今日はビーチにボートにすっかり遊ばせていただきました!!
posted by iwashi at 17:24| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

10/21(金) 安良里ボート

● 天気:曇り
● 気温:22℃
● 水温:20〜22℃
● 風向:北東
● 透明度:10〜12m 
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

------------------------------
1.沖ノ根
2.沖ノ根


北東の風がビュービュー吹いています。
後ろに山がそれほど海際まで迫っていない土肥の沖合いは風が吹き降ろし白波も見えますが、基本的に西伊豆は凪となります。

遠征で西伊豆で1週間ばかり潜っていなかったのでこの数日の情報で得た水温低下(17〜18℃)にビビリ、本日のお客様たちには水温(陸上の保温も)対策をお願いしてのスタートとなりました。

風はあるもののまったくの凪の海を沖ノ根に向かいエントリー。
うん、水温はそれほど低くないかも(^.^)b

透明度も白っぽさはあるものの10mくらいは見えていて何の問題も無い感じ。

泳ぎだしてすぐに目を奪われるのはキビナゴの大群。

沖ノ根ではこんな群れは久しぶりかも、とテンションも上がってきます。

111021arari4.jpg キビナゴの大群がかな〜りいい感じ!


西根の下ではマツカサウオやイシダイ。
根の上ではキンギョハナダイが群れてとってもきれい。

ずっと居ついているベニカエルアンコウは少し移動したようですが西根にまだいました。

111021arari3.jpg 数ヶ月楽しませてくれている優等生、ベニカエルアンコウ

他にもミツボシクロスズメの子やニシキウミウシの子なども可愛いので見るのですが、背後のキビナゴ大群が気になること。
その上空をカツオの編隊がぶっ飛んでいます。

そしてやってきたのがイナダ(ブリの中学生くらい)の大群!

111021arari1.jpg イナダの大群、キター!


111021arari6.jpg 


111021arari2.jpg

ダイバーがいることなんておかまいなしに縦横に泳ぎまくります。
何度も何度もまわりをグルグルされます。

ワラサ(ブリの高校生)のトルネードは 通称「ワラネード」
では、イナダのトルネードはなんと言うのかな?


沖ノ根本体の裂け目のキンメモドキは最盛期からはずいぶんと数が減りましたがまだ群れています。

名物のマダイたちも中層でニラミを利かして迫力十分。

111021arari5.jpg 大マダイ。顔が相当ふてぶてしくなっている大きなヤツ。

賑やかでスピード感もたっぷりの楽しい安良里 沖ノ根でした。

posted by iwashi at 15:59| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

10/9(日) 安良里ボート

● 天気:晴れ
● 気温:23℃
● 水温:23〜24℃
● 風向:北東
● 透明度:6〜10m 
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------
1.沖ノ根
2.沖ノ根


3連休の中日、金山や恋人岬など土肥地区の観光地は車も多くなかなか賑わっていましたよ!

今日は安良里でボートダイビング。
風は北東で海はベタ凪、天気は気持ちよく晴れ渡りました。
最高に気持ちの良い陽気ですね!

今日のメンバーさんは昨夜から前泊。
早いスタートだったので1本は誰もいない沖ノ根にエントリー!

水は白くまだしゃっきりしない透明度ですが、やっぱり2本目より朝一番の方がきれいでした。

の〜んびり泳いで西根、沖ノ根と見て回ります。
西根にはキンギョハナダイがたくさん群れていてオレンジ色に包まれます。

イソギンチャクには極小ミツボシクロスズメやクマノミの大きいのとまだ若いのがいます。

台風前から見られているベニカエルアンコウは今日も岩のくぼみで表情も変えずにジッとしています。

111009arari2.jpg ベニカエルアンコウ

中層には沖ノ根名物のマダイ軍団が並んでいてなかなかの迫力。

111009arari1.jpg マダイの編隊。大きいのもいて見ごたえあります。

沖ノ根の裂け目のキンメモドキの群れは最盛期より群れは小さくはなっていますがそれでもまだ見とれてしまいます。

111009arari3.jpg


裂け目の出口ではこれまた沖ノ根に多い巨大コロダイがクリーニングされていたり。

今日のメンバーさん、安良里は初めての方も。
魚たちもたくさん見ましたが、ちょっとしたトンネルから垂直の壁や裂け目など変化に富んだ沖ノ根の地形が楽しかったとのこと。

行動範囲が前後や横方向だけではなくタテの変化もアリなのはダイビングならではですしねヽ(^o^)丿


posted by iwashi at 17:57| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

9/17(土) 安良里ボート

● 天気:晴れ時々雨
● 気温:28℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:南
● 透明度:8〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:うねり少し、波少し

------------------------------------------------
1.沖ノ根
2.沖の根


台風15号、16号の影響、進路が気になっている週末です。
予報の雨、南風の中でも無理なく潜っていただける場所をと考え安良里にきました。

天気は基本的に晴れ、よいほうにハズレですかね。でも時折雨が降ってきます。
海も台風のうねりはいくらかありますが、問題なほどではなく、南風による波も一時多少ザブザブ気味になりましたが収まってこちらも問題なし。
安良里は西伊豆の外海系のポイントでは南風に強い方でこういうときに助かります。

透明度は朝一番はやはりきれい。
15mくらい見えていました。

西根もキンギョハナダイは数も多くうっとり、根から少し離れてマアジの群れやそれを追っていたのかイナダの群れが見られました。

でも、2ダイブとも
潮は緩かったとは言え、スズメダイの群れや他の群れる魚、マダイの姿が少なかったのは頭の中はハテナ「???」でいっぱい。
この時期であのポイントで、、なんでだったのでしょうね…

そうなっても楽しみは他にもあるので。
小さなミツボシクロスズメやベニカエルアンコウ、沖ノ根ならではの起伏に富んだ地形も楽しいですね。

イバラダツはビックリするくらいきれいな個体です。
大きなコロダイやメジナの群れも浅場に陣取っていたり。

時折ザーッと降る雨も安良里ならではの施設でまったく気にならず。
そんな1日でした。


110917arari1.jpg 西根のキンギョハナダイ群れと


110917arari3.jpg ベニカエルアンコウ


110917arari2.jpg 金色に見えるイバラダツ。この写真より目で見る方がかなりキレイな色合いです

posted by iwashi at 17:32| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

8/30(火) 安良里ボート

● 天気:晴れ
● 気温:29℃
● 水温:20〜25℃
● 風向:北東
● 透明度:5〜12m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.沖ノ根
2.沖ノ根


台風12号の影響を気にしつつのスタートです。

でも北東の風が強く吹いてうねりを抑えたのか、西伊豆の海は昨日よりも静かになった感じです。

110830tabibito.jpg 朝いつも海況を見に行く旅人岬にて。すっかり静か。岸際もほとんど白く波立っていないくらいです。

一応岸に打ち寄せる波を警戒してボートダイビングにしました。

本日のゲストのお2人は南伊豆方面にダイビングに行く計画だったそうですが、台風の影響で急遽の変更を余儀なくされたとのこと。
西伊豆を、そしてイワシDを選んでいただいてありがとうございます。
ご覧の通り、まったく静かな海、そして安良里の海を貸し切りダイビングできて良かったですね(笑)

安良里は昨日も潜ったので違いがあるのか気にしてみましたが、ほぼ同じ状況。

浅いところは濁っていて水深10mあたりから不自由のないくらいに見えてきます。

水深25mより下はきれいで冷たいところもありました。

生物も昨日と同じでとっても賑やか!

裂け目のキンメモドキ大群は健在。

110830arari2.jpg

上を見上げればキビナゴ大群やマダイ軍団、メジナの群れでいっぱい、魚の天井です。

110830arari3.jpg

オオモンカエルアンコウやベニカエルアンコウ、カミソリウオ、ニシキウミウシ、キンギョハナダイ群れ、タカベの群れなど上を見ても下を見ても飽きません。

今ひとつな透明度ながら、そんなことは気にならないくらい賑やかで元気な水中です。

110830arari1.jpg オオモンカエルアンコウ

posted by iwashi at 16:44| 静岡 ☁| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

8/29(月) 安良里ボート

● 天気:晴れ
● 気温:31℃
● 水温:22〜25℃
● 風向:北東
● 透明度:4〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:うねり少し

------------------------------------------------
1.沖ノ根
2.沖ノ根


今日はサカエがまた某DUKE氏のお声がかりで安良里でお手伝い。
安良里港まで送って行くついでに自分も視察?遊び?で潜ることにしました。

台風のうねりは海の上で見るぶんにはそれほど大きくなっていません。
(水中でも夏ならよくある程度の揺れ方でした)
安良里のポイントは南からの影響に比較的強いのかもしれません。

飛び込むと、透明度が「!!」
白くニゴニゴ…

透明度は5mもない感じでしたが、水深10mくらいまで潜ると不自由の無い程度まで見えてきます。
下のほうではときおりキレイな潮もありました。

さて、出逢った生物

群れも動かないの生物も豊富ですね。

裂け目のキンメモドキの大群は健在。
浅い場所にある裂け目なのでうねりによる揺れがありますので岩につかまって観察。
ときおり揺れに運ばれてキンメモドキが自分の周りを包みます。

110829kinme1.jpg 裂け目のキンメモドキ大群

110829kinme2.jpg 時折、大接近というか包まれます。


自分だけだったので群れ以外の生物もあれこれ見てきました。

110829omon.jpg オオモンカエルアンコウ


110829benikero.jpg ベニカエルアンコウ


110829kamisori.jpg 擬態上手なカミソリウオ


もちろん、この季節の沖ノ根は群れが楽しい!

他の人は岩肌中心に目線が行っているようですが、自分はやっぱり理屈いらずの魚群につい目が行ってしまいます(笑)

110829suzumedai.jpg ススメダイの群れ。まだ絶好調の数ではないけど密度はさすが。

110829iwashi2.jpg イワシの大群が見事!でした。

110829iwashi1.jpg 沖ノ根名物マダイがイワシを狙っていました。


透明度はどうも不安定ではありますが、伊豆のボートポイントらしい抜群の魚影の濃さを楽しめる季節になってきました。
posted by iwashi at 17:41| 静岡 ☁| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

7/15(金) 安良里ボート

● 天気:晴れ
● 気温:30℃
● 水温:20〜25℃
● 風向:南西
● 透明度:6〜10m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.沖の根
2.沖の根


今日もギラギラ暑い1日。
なのですが、安良里漁港にいるとちっとも「暑い!」と感じません。
屋根があるので陽射しは浴びないし、心地よい風がいつも通っていて。
避暑にこんな場所もあるかも(笑)

さて、海は南西の風といっても弱いので穏やかな良い海況です。
透明度も少しずつ回復していて、白っぽさはあるものの不自由も感じない程度。

水温も今日は20℃はほとんど切りませんでした。

そして、ますます賑やかになってきています。
中層にはキビナゴ大群、沖の根名物大マダイ軍団、若いアジの大群、根の上のキンギョハナダイ大群はうっとりするほど。

スズメダイもだいぶ増えてきました。
もちろんキンメモドキのグッチャリ塊は健在!

オオモンカエルアンコウやベニカエルアンコウ、シモフリカメサンウミウシ、アワシマオトメウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、たくさんいるムラサキウミコチョウ、これまた多いニシキウミウシの幼体など動かない生物も豊富です。

ゆっくり11ダイブの範囲にいろんな楽しさが詰まっているのが沖の根の良さですね。

夏、そして秋のピークの頃に向けてどんどん賑やかさが増していますよ〜!


110715kinme.jpg ますます見事に群れているキンメモドキ。見ごたえ十分!


110715kamesan.jpg シモフリカメサンウミウシ  名前の亀さんってとこが可愛い。背中の模様が名前の由来のようです。


110715omon.jpg ジュズエダカリナに逆さにくっついていた真っ白いオオモンカエルアンコウ。すぐ近くにオレンジのベニカエルもいました。


110715suzumedai.jpg 沖ノ根名物と言えるスズメダイの群れも次第に数が増えてきましたよ。


posted by iwashi at 15:23| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

7/10(日) 安良里ボート

● 天気:晴れ
● 気温:32℃
● 水温:17〜23℃
● 風向:南西
● 透明度:5〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.沖ノ根
2.沖ノ根


暑い日が続きますが、さらに暑さはパワーアップした感じですね。

でも安良里のボートダイブの拠点である漁港は屋根もあって風通しも良く、まったく暑さを感じません。
実に快適です!
おまけに今日はカキ氷サービス。なんとありがたい!

海は凪はバッチリ、静かな海です。

ただ、海の色が…
潜降すると白い浅場、茶色く濁る中層(ここが昨日と違う)、1本目は深く行っても濁ったまま。
でも、昼近くの2本目には水深17mくらいから下はきれいな潮が上がってきていました。15mくらいの透明度はあります。
でも水温が17℃台。。
自分は6.5mmワンピ+ベスト+脂肪タップリが伊豆での標準装備なのでそれほど厳しくはありませんが、5mmワンピなどの装備で脂肪も少なめの方に17℃は寒そうでした。。

それでも魚は温かい水温のあたりに群れています。

浅場は濁ってはいますが魚がひしめき合っています。

キビナゴ群れ、マアジ群れ、迫力のマダイ軍団、裂け目近辺のキンメモドキは凄い数で群れています。トビエイも1匹通りましたが、遠くてみんなで確認できず。
キンギョハナダイもウットリするくらいの見事な群れです。

透明度が回復すればもっとたくさんの魚が見えることでしょう。


110710fuji.jpg 富士山がこんなにはっきり見えるのは久しぶりかも


110710umikotyo.jpg ムラサキウミコチョウは今日もあちこちで目立っていました。


110710kinme1.jpg 雲のようなキンメモドキの群れ。ここ数年は初夏から普通に大群が見られるようになっていますね。


110710kinme2.jpg キンメモドキ大群。裂け目の中にグッチャリ。


posted by iwashi at 16:59| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

6/19(日) 安良里ボート

● 天気:雨のち曇り
● 気温:23℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:東
● 透明度:8〜10m
● 潮流:2〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.沖の根
2.沖の根


朝からしばらくは雨…
ときにザーザーと降りました。

でも安良里のボートダイビングは屋根がある施設からほんの数歩で乗船できるので雨にもめげずにいられます。

海はひがしよりの風でべったり良いナギ。
多くのダイバーが安良里の港に訪れていました。いいぞいいぞ!

海の中は5mくらいの透視度と聞いていたのですが、「いやいや悪くないじゃん」
低めの気分からスタートするのは幸せが増える気がします(笑)

西根のキンギョハナダイは見事に群れてウットリ。
1匹だけですがトビエイも上を通過。

上の方にはメジナがたくさん群れ、潮上にはスズメダイも群れ始めましたね。

そしてなんといっても凄いのはキンメモドキの大群。
すごい密度で何箇所もで群れています。

110619kinme1.jpg キンメモドキの大群


他にもタカベの若魚やキビナゴ、カタクチイワシの群れ、何故か多いムラサキウミコチョウやニシキウミウシの幼体、安良里で見るとさらにうれしいアラリウミウシやアワシマオトメウミウシなどなど、楽しい海でした!

110619nishine.jpg 西根のキンギョハナダイ群れ。実際にはもっとウットリするような群れした。


110619kinme2.jpg
posted by iwashi at 21:49| 静岡 ☁| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

4/29(金) 安良里ボート


● 天気:晴れ
● 気温:20℃
● 水温:16〜17℃
● 風向:西
● 透明度:5〜7m
● 潮流:1〜
● 海況:うねり、のち風波大きく

--------------------------------------------------------------------------------
1・沖の根
2・根崎


ゴールデンウィークが始まりました。
世の中は賑わっているのでしょうかね。

今日は西伊豆は初めてというゲストの方。
地形を楽しむ派とのことでポイントをどこにしようか考えたのですが、なにしろ最近やまない西風。

外海系で少しでも南西からのうねりに耐えてくれそうな安良里にしました。

まだ風の強くない1本目、沖の根に無事エントリー。
昨日までの雨や時化の影響もあるのか透明度はすぐれず。ひところの不自由な感じはありませんが。

春〜初夏の安良里ボートの名物であるトビエイもいくらか考えつついちばん沖にある西根に行くと、見事な数のキビナゴ大群、うっとりするようなキンギョハナダイの群れ、上の方にはメジナの群れもいて魚影はなかなかいい感じです。
沖の根本体に戻ると大きなマダイも混じります。
大マダイが並ぶのもここの見所ですが、これからまだパワーアップすることでしょう。

トンネルや裂け目、根の壁などできるかぎり沖の根の地形を味わっていただけるようなコースを巡ってきました。できれば透明度が良かったら…

2本目は、風も強くなり、波、うねりが大きくなって沖の根は断念。
こういうときに潜ることのできる「根崎」へ。
透明度はやはり残念な感じ。
ゴロタの斜面と砂地。点在する岩にはソフトコーラルもけっこう付いています。
イシダイの群れなどもいるのですが、近くに寄らせてくれないのでゲストに見ていただけません。
そう言えば、砂地でお休み中のトビエイもスレートに書いている間にどこかへ行ってしまいました。おーい!

西風だけでもおさまって欲しいものです。


110429arari.jpg 静かな安良里漁港。人ごみの中でダイビングしなくて済むのは本当にありがたいです!

posted by iwashi at 20:30| 静岡 ☀| 安良里 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。