2011年11月23日

11/23(水) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:16℃
● 水温:19〜20℃
● 風向:西
● 透明度:10〜12m 
● 潮流:1〜
● 海況:良好

------------------------------

西の風でしたが朝は良い凪でした。
昼くらいにはそこそこ吹いてきましたが、黄金崎ビーチは静かなままでした。

先日の大雨&強風で一気に濁ってしまった海ですが、ずいぶんと回復してきました。
多少の白さはあるものの、快適な透明度になっています。

水温は20℃を前後を行ったりきたり。

の〜んびり黄金崎ビーチを潜ってきました。

人気の可愛いクマドリカエルアンコウ、しかもグンと少ない黒バージョンが見られています。
実は黄金崎のクロクマ君、自分はまだ見ていませんでした。

なかなかの隠れ上手とのことで、会えずに戻ってきたダイバーも多いとか。

朝のトップを切って見に行ったはいいけど、

「今日もいてくれるのか?」
はたまた
「フシアナ気味な自分の目で見つかるのかなぁ?」

ちょっと心配しながらその岩に行ってさっそくさがします。

えーっと、うーんと。しばらく探します。

やっぱり見つからな〜い(+_+)

あきらめて帰りかけたときにやっと発見!
ホッ(^_^;)

111123kogane1.jpg さがしたよ〜、くろくま君


その他も楽しい今の黄金崎ビーチ。

カミソリウオやハナタツ、クマノミのペアやイサキの子の群れ。

ゴロタ岩にはクロホシイシモチが凄い数で群れています。

111123kogane4.jpg パイプに入っていたタコ )^o^( 

ケーソン付近にはムレハタタテダイの子達が群れています。

111123kogane5.jpg 白っぽい砂地にムレハタタテダイ群れは似合いますね。

他にもオヤビッチャやアカヒメジ、ヨスジフエダイ、ツノダシなど南の魚もそこここで見られます。

そうかと思えば冬を連想してしまうマトウダイもちょこちょこいたり。

111123kogane6.jpg マトウウダイ


111123kogane3.jpg いつもの顔だけど、つい毎回のように立ち寄って遊んでしまうコケギンポ。


毎年秋から黄金崎でよく見るチビッコのイロカエルアンコウも見られました。
111123kogane2.jpg 体長1pはあるので見やすいほうですね(笑)


さがしたり遊んだりで、それぞれ軽く1時間超えのダイビングとなってしまいました。

この時期の黄金崎ビーチはやっぱり楽しいです!!



posted by iwashi at 15:10| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

10/27(木) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:19℃
● 水温:21〜22℃
● 風向:北東
● 透明度:12〜15m 
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

------------------------------

今日も気持ちよく晴れて海もベッタリ凪の西伊豆でした。

最近はどうもボートダイブが多いので例年に比べ頻度が少ない黄金崎ビーチに視察潜りにいって来ました。
秋の伊豆らしく、生物も豊富だし、透明度も良好なことだし(^.^)b

静かな波打ち際からエントリー、水面下を見るとさっそく平和で賑やかな海中世界が広がります。

「2日くらい前は透明度25mくらいと素晴らしくきれいな潮が来ていたのに」と安良里DCのY中さんに言われましたが、今日の透明度でな〜んの不満もないですよぉ(^o^)/

ゴロタ付近には魚がどこまでも群れています。
クロホシイシモチやイサキの子。普通種とは言えここまで群れているとそれだけで見とれてしまいます。

111027kogane3.jpg

黄金崎ビーチは砂地が白いのでさらに明るく感じられます。

111027kogane2.jpg 地元ダイビングサービス ◎ツミのタケさん、カメラを向けた途端にポーズをとってくれました(笑)

キビナゴも大群で泳ぎ回っています。
時折頭上を通過するときなどちょっと暗く感じるほど。

111027kogane1.jpg


小さい生物もさすが黄金崎。
オオモンカエルアンコウやイロカエルアンコウはどちらもこの時期の黄金崎らしいチビッコ。
カミソリウオやマツカサウオの子、ムレハタタテダイのこの群れなど。

今日は黄金崎ビーチには1ダイブだけだったのですが、もっとじっくり潜りたい気持ちの良い日でした。
posted by iwashi at 17:09| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

10/13(木) 黄金崎ビーチ

● 天気:曇り
● 気温:23℃
● 水温:23〜℃
● 風向:北東
● 透明度:15〜20〜m!
● 潮流:1〜
● 海況:良好

------------------------------

今日は自分が夕方から遠征ツアー出発の日なので土肥は留守にしています。

そんな訳でサカエからの報告です。
本日のTさん、いろいろご面倒をおかけします(苦笑)

なにより、透明度が相当良かったようですよ〜!

電話での報告では透明度25mとか申しておりましたが、
「いくらなんでも…」と根っから控えめな私は見てもいないのに上記の透明度の数字にしておきました。
でもそれくらい綺麗に感じたと言うことですね。

生物もカミソリウオ、ムレハタタテダイの幼魚の群れ、キビナゴの群れやイサキの子もいっぱい、などいろいろ見たようですが詳しくは聞いておりません。

あ、黄金崎ホールにも行ってきたとのこと。
水がきれいだとホールも良さそうですね。

いや〜、またまた秋の西伊豆、いい感じになってきたようで!


それにしても
鹿児島地方、明日はけっこう雨が降りそう。
やれやれ。
でも、遠征ツアー参加メンバーの皆さん、
こうなれば雨でも槍でも何が降ろうが張り切って行きましょう!!


posted by iwashi at 16:07| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

9/27(火) 黄金崎ビーチ

● 天気:曇りのち晴れ
● 気温:28℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東
● 透明度:15〜m!
● 潮流:1〜
● 海況:良好

------------------------------------------------

なんか個人的に久しぶりの黄金崎ビーチです。
賑やかな季節になって外海系のボートポイントが多かったためなのですが、黄金崎はどうなっているのかな?

台風でそれまでいた生物がずいぶんといなくなってしまった黄金崎。

台風でどれだけ変わってしまったか多少心配しながらエントリー。

おお、きれい!

前日、田子の外海でもきれいになっていましたが、今日は黄金崎にも青い水が到着!

ここは浅いし、砂地は白っぽいので水がきれいだととっても明るく感じます。

しかも、浅場には魚がいっぱい!

台風の力で砂紋が大きく波打ったり、砂の感じが変わっていたり、岩の位置が変わっていたりしますが、水中はそれほど大きな被害は無いようです。

キビナゴの子の大群、それを追う若いカンパチ軍団、スズメダイ、イサキの子の大群が見事見事。

ネンブツダイにクロホシイシモチ。そのたっぷりの魚群を見ているだけで幸せな気分になります。

クダゴンベは台風でいなくなってしまったし、ネジリンボウもここ数日不調とのこと。
でも黄金崎だからってマクロな生物を見なければいけないってことはないですね(笑)
こんなに賑やかなんだし!

110927kogane1.jpg 上を見上げればイサキの子やスズメダイたちの群れでいっぱい


110927kogane2.jpg 浅場ふキビナゴが大群です!そしてそれを追うカンパチたち

110927kogane3.jpg 砂地ではサカタザメがいました!

110927kogane5.jpg ケーソン付近にもムレハタタテダイの子が群れていました。可愛い!

110927kogane6.jpg これまた可愛いマツカサウオの赤ちゃん。1円玉より小さいです(笑)

110927kogane4.jpg これまた中層を見上げます。アカカマスやクロホシイシモチなど賑やか〜!


朝は曇っていましたが、その後良い天気になった西伊豆地方。
黄金崎のビーチには南からの魚たちもさらに増えて中層も岩の陰も生物がたくさん。
とっても幸せを感じる海でした!

posted by iwashi at 17:54| 静岡 ☔| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

9/18(日) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:30℃
● 水温:26〜27℃
● 風向:東
● 透明度:15〜20m
● 潮流:1〜2
● 海況:うねり少し 良好

------------------------------------------------
今日は黄金崎チーム(ゲストはお1人なのでチームはおかしいか…)はサカエ、イタミがご案内しました。

後で報告を聞くと、黄金崎、とっても楽しい状態だったようです。

朝のうちはうねりもいくらかあったようですが、問題なし。

透明度は15m。
朝は20mと言いたいくらいキレイだったそうです。

そして魚もイサキの子がい〜っぱい。
クロホシイシモチなんかすごい密集度で見ごたえ十分。

名物のネジリンボウはあちこちに。
ウミテングやタツノイトコ、今人気のクダゴンベなどマクロ系も充実。

水もきれいで生物も賑やか。なんだか、ずいぶん楽しそうですね(笑)

posted by iwashi at 21:22| 静岡 ☔| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

8/17(水) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ時々曇り
● 気温:30℃
● 水温:24〜27℃
● 風向:南西
● 透明度:7〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:沖波それなりに

------------------------------------------------
今日はのんびりダイビングのリクエストで黄金崎ビーチでした。

それにしても今年の夏は南西の風ばっかり。
西伊豆にはあまりうれしくない風向きなのですが、入り組んだ地形を持つ西伊豆は今日の黄金崎のように沖が波がありがちでもぜんぜんヘッチャラなポイントがどこかにあるので助かります。

夏の喧騒もなく静かな雰囲気の黄金崎公園。
波もほとんどなく良好なコンディション。
海はあいかわらず白っぽい水ですが、散策に気になる濁りなどはありません。
水温もグッと下がるところもなく快適でした。

1本目、数日前に見つかったクダゴンベを見に行ってきました。
水深18mくらいでクダゴンベ。
伊豆で見られたとしても深い場所で見られることが多い魚なのでこの水深は珍しいですね。

110817koganekudagonbe.jpg 小さめの可愛いクダゴンベでした。

クダゴンベの岩にはハナタツがひっそりいたり、砂地の中層には何かの幼魚がすごい密度で泳いでいたり。
スズメダイの群れやイサキの幼魚もますます増えてきています。

黄金崎といえばネジリンボウ!?
あちこちでホバーリングしている姿を目にします。

中にはヒレナガネジリンボウと同居しているネジ君もいます。

oi110817neji.jpg ネジリンボウ。同居のヒレネジは臆病で引っ込んでしまいました。 撮影:Ooi


中にはかなり接近できるおおらかなネジ君もいます。

110817koganeneji.jpg


それから、アオリイカもこの時期になっても産卵に来ています。
ソーっと近づいて、しばらくじっと待つとアオリイカが産卵床にやってきます。
そのまわりにはなにかの稚魚の大群やムレハタタテダイ幼魚も群れていてちょっといい感じですよ!

110817koganeika.jpg 産卵にやってきたアオリイカ


クダゴンベといい、何匹も見られるネジリンボウといい、さすが黄金崎、楽しませてくれます!

posted by iwashi at 17:04| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

8/14(日) 黄金崎ビーチ


● 天気:晴れ
● 気温:30℃
● 水温:23〜27℃
● 風向:南西
● 透明度:7〜15m
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

------------------------------------------------
お盆の週末ですね。
2011年も夏の最盛期の日を迎えました。

土肥の街も海水浴客で朝早くから大変賑わっています。
コンビニなんてとっても忙しそう。
1年のうちで最高に賑わう数日ですからね!

さて、今日は黄金崎ビーチ。
波も無く絶好のダイビング日和です。
海水浴、観光客たちの喧騒は黄金崎ビーチはなく、(それなりにダイバーはいますが)マイペースでダイビングを楽しむことができました。

海はちょっと白っぽい層があるのと、途中から水温が下がってヒンヤリ感じますが23℃。所詮23℃ですからぜんぜんOKです(笑)

そう言えば、先日の遠征では浅場の水温は29℃、少し潜って27℃になると冷たく感じたものです。
春先の伊豆なんて19℃になったら天国のように温かく感じたり。

体感って面白いですね。

今日の生物はさすが黄金崎、フィッシュウォッチングをたっぷりできます。
ネジリンボウはあちこちでホバーリング。ヒレナガネジリンボウとのペア(とは言わない?)+コトブキテッポウエビやウミテング、イロカエルアンコウ、イサキの幼魚の大群、ムレハタタエダイ幼魚の群れ、まだ産卵しているアオリイカなど。

潜っていると楽しくてあっという間に時間がたってしまう黄金崎ビーチでした。


110814koganeteng.jpg 1pくらい。小さなウミテング

110814koganeyougyo.jpg 何の幼魚かわからない幼魚があちこちでい〜っぱい!

110814koganekero.jpg イロカエルアンコウも今日見つかったとのことだったので行ってきました。


110814koganeika.jpg 産卵に来ていたアオリイカ


110814koganehata.jpg アオリイカが産んだ卵からハッチアウトする子イカを狙うオオモンハタ 自然界は厳しいですね


posted by iwashi at 19:13| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

5/19(木) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:25℃
● 水温:17〜18℃
● 風向:南
● 透明度:4〜7m
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

---------------------------------------------------------
天気はバッチリ、海もナギの今日黄金崎ビーチで潜ってきました。

あいかわらずダイバーは少なく西伊豆らしい静かさ独占って感じです。

透明度はもうちょいって感じですが、エントリー直後の浅い場所は明るいしハタンポの群れやイワシのこの群れなどいてとっても気持ちの良い光景です。

今日もまたもや柄にも無く岩肌や壁を見ながら潜るスタイル。
何か見えてくるとかなり楽しいですからね。でも、1p以下の生物は足も顔も見えません。単なる色のついた塊くらいにしか見えません(涙)
そろそろマスクにローガンレンズを貼り付けなきゃ、ですか…?

まずはウミウシのペアものが目に入ってきます。

110519nishiki.jpg 大きさの違うニシキウミウシの幼体


110519otome.jpg オトメウミウシが2匹


今日は海はうねりも波も無く静かだったので黄金崎ホールにも行ってきました。
ちょっとエントリー口から距離はありますがなかなか奥行きのある洞窟です。

穴の壁を見るとウミウシなんかもけっこう見かけます。
雲見もそうですが、こういう場所ってウミウシが多いですね。


ゴロタと砂地の境あたりにはあいかわらずクロホシイシモチが大群で連なっています。
石の上には巨大なヒラメがいたり。

ケーソンには成長したとは言えまだ小さくて可愛いマツカサウオも頑張っています。
トサカにはアケウスが3匹。


110519ebi.jpg 途中にあったウミトサカに。顔だけ出して可愛かったです。


110519kokeginpo.jpg どちらかというと少数派のオレンジ色のコケギンポ。けっこう威張っているヤツでした。



砂地の浅いあたりに戻って黄金崎名物?のネジリンボウとヒレナガネジリンボウに会ってきました。
ヒレネジは伊豆で見られるヒレネジとしては割と大きくて越冬した子なんでしょうね。

そして、ネジリンボウはかなりおおらかな個体。
かなり近寄ることができますね。

110519neji.jpg 近づくことができたネジリンボウ。でも写真に色が出ていない。なんでだろ。。 小さい生物用のカメラ欲しいな…


情報では黒潮系の水も伊豆半島の下に見えています。
今日の黄金崎も水中もゆっくりながらも着実に水温上昇。表層付近は「あったかいかも」と感じる水温。
変化が楽しみな季節です。
posted by iwashi at 20:15| 静岡 ☁| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

5/5(木) 黄金崎ビーチ


● 天気:晴れ時々曇り
● 気温:21℃
● 水温:15〜℃
● 風向:東
● 透明度:4〜8m
● 潮流:1〜
● 海況:良好

---------------------------------------------------------

天気は穏やか、海も東よりの風でべったり穏やかな黄金崎ビーチでした。

あいかわらず土肥金山や恋人岬には多くの車が来ていて賑わっているようですが、海は混雑も無く、のんびりダイビングができています。

海の中は朝一はまずまずの見え方、7〜8mくらい見えて不自由な感じはなし。中層にはキビナゴの大群が入っています。
ネジリンボウ、ウミテング、ミジンベニハゼ、カエルアンコウなど人気者は健在。
砂地には大きなヒラメやヒラタエイもひそんでいました。

そして、西伊豆では実に珍しい「ダンゴウオ」が見つかったとのことでさっそく会いに行ってきました。

頭の先からヒレの先までで1cmあるかないかの個体。
ダンゴウオとしては小さい訳ではないようですが、ウチらおじさんチームにはすっかり限界の大きさです。
でも、とぼけた顔は可愛かった〜!
おじさんたち、小さいのを見るのは苦手ではありますが、可愛いのは好きなのです。

ただ、その後大人数のグループの渦に巻かれてか姿が見えなくなっているもよう。
また近くで見つかってくれるといいのですが。

昼近くには潮が引いたこともあり透明度が落ちてしまいましたが、はやく良くなることを期待しますね。


110505dango1.jpg 北日本から東伊豆あたりでは見られる人気のダンゴウオですが、西伊豆ではめったに見られません。

110505dango2.jpg これを機に西伊豆でも他のダンゴウオが見つかったりして。
posted by iwashi at 17:33| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

4/26(火) 黄金崎ビーチ

● 天気:曇り時々晴れ
● 気温:18℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:南西
● 透明度:6〜9m
● 潮流:1〜
● 海況:良好

------------------------------
南西の風が吹きまくった昨日からはずいぶん静かになりました。

海もひところの濁りからは回復してきています。
すごいキレイって訳ではないのですが、良くない透明度の記憶があるのでけっこう幸せを感じたりします。

風は南西、沖合いは白波み多少見えますが、黄金崎ビーチはおだやか、水中もほとんど揺れはありません。

中層にはあいかわらずキビナゴの大群が走り回り、ゴロタの斜面ではいつものクロホシイシモチ大群に加えてキンメモドキも群れで現れました。
キンメモドキって以前は南の海の魚かと思っていましたが近年では春先から群れで見られることが多くなってきました。
どこかで冬を越しているんですね。

動かない系生物では
ウミテング2匹、ミジンベニハゼ2匹+1匹、ベニカエルアンコウ、ウミウシあれこれ、キミシグレカクレエビなど。

けっこう生物豊富です。


110426kinme.jpg また群れで見られ始めたキンメモドキ群れ

110426mijin.jpg ミジンベニハゼ。1匹は度胸満点、顔をすぐ出します。もう1匹奥にいます。

110426teng.jpg  ウミテング。アップで見るとやっぱり天狗な顔ですね。

110426kimishigure.jpg キミシグレカクレエビ
posted by iwashi at 17:28| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

4/16(土) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:21℃
● 水温:15〜℃
● 風向:南西
● 透明度:3〜5m
● 潮流:1〜
● 海況:うねりあり


--------------------------------------------------------

朝までの雨も上がり、天気はどんどん回復、気温も上昇、いい天気、いい陽気の土曜日となりました。

海は朝は風もあまり吹いていなくて海面自体は荒れていなかったのですがうねりがありました。
うねりは昼過ぎにかけてさらに大きくなってしまいました。

黄金崎ビーチでは左側(沖側)のエントリースロープでもたまに波が来る程度でしたが、潮が引いて岩ゴロゴロが越しにくかったので穏やかな右側のスロープでのエキジットにしました。

水中は濁ってました…

昨日までの濁りに昨夜の雨の影響も加わってしまった印象です。
明日は東風なので回復を期待したいところです。

視界の悪さとうねりによるうねりでお世辞にも良いコンディションとは言えないのですが、本日のメンバーさんは久しぶりのダイビングの違和感もそこからの復調も含めてそれなりに楽しんでいたご様子。

中層にはあいかわらずキビナゴがいっぱい。ゴロタのクロホシイシモチなどの魚群にキンメモドキ群れも混じっていました。
ケーソンにはマツカサウオの子やスイートジェリーミドリガイやクロシタナシウミウシ。いつもの場所のミジンベニハゼも元気にしていました。

生物はこの時期にしては豊富ですけどね。


110416koganezaki.jpg 土曜日の割にはやはりダイバーは多くないですね。静かでいいのですが。


110416nekotencyo.jpg 海の写真が無いので帰り際に寄った恋人岬で挨拶した猫店長の写真でも。
さわっても眠り続けるおおらか(モノグサ?)な店長さん

posted by iwashi at 17:49| 静岡 ☔| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

4/5(火) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:17℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:東
● 透明度:12〜15m
● 潮流:1〜


--------------------------------------------------------------------------------

今日は大瀬崎から雲見まで西伊豆のガイド有志が集まって潜りましょうということで行ってきました。

風は東寄りでとても良い凪、透明度も良好でバッチリのコンディションでした。
最近は春でも青くて生物も豊富な海になることが珍しくなくなりました。

以前(15年以上前とか)はこの時期なら濁って冷たくて、生物も少なめって印象だったんですけどね。

まずは久しぶりに「黄金崎ホール」に行きました。

水も良いので広いホールの魅力がよく感じられましたよ。

そのほかも中層に見事に群れるキビナゴやクロホシイシモチ。

あいかわらず楽しませてくれるイロカエルアンコウやウミテング、ネジリンボウなど人気者も。

ミジンベニハゼやマツカサウオ幼魚、ブサイクなメガネウオ、何匹かいるらしい逆さにしているサギフエ。

相変わらずこの時期にしては「これでいいの?」ってくらいのいい海でした!


潜った後はガイドたちで災害への対応についてのミーティングの時間がもたれました。
今後もこうした機会を継続するとのことです。



20110405divers.jpg バッチリな透明度の中泳ぐのは気持ちいいです。


20110405koganedome.jpg 黄金崎ホール。入り口はけっこう広いですね。


20110405mijinbeni.jpg ビンの中で2匹仲良く暮らすミジンベニハゼ


20110405teng.jpg 白くて可愛いウミテングがいました。
posted by iwashi at 18:31| 静岡 ☁| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

3/30(水) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:18℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:東→南西
● 透明度:10〜15m
● 潮流:1〜


--------------------------------------------------------------------------------

黄金崎で潜ってきました。

桜もちらほら咲き始め、陽気もポカポカ。海もとても穏やかです。
でも、ぜんぜんダイバーはいず、ポイント貸し切り状態のダイビングでした。

今の日本の状態の中、西伊豆でも陸、海とも訪れる人は少なく…(近所の旅館なども悲鳴を)


さて、
2日前くらいは20mくらい見える抜群の透明度だったようですが今日は「普通」ってところ。でも10m以上は見えていて気持ちの良い海中です。

エントリー直後からキビナゴの多さが目立ちます。スズメダイやクロホシイシモチも群れています。

春先にしては生物もいろいろいます。
ネジリンボウ、イロカエルアンコウ、ハナタツなど人気者やとっても可愛いマツカサウオの子やミジンベニハゼ、無事に越冬したクマノミ、珍しいホンカクレエビの仲間、スミゾメミノウミウシ、メジナの大群などが見られて楽しませてくれました。

それから2ダイブ目にちょっぴり期待していたボラクーダ(ボラの大群)にエントリー直後とエキジット直前に1ダイブで2度も遭遇することができました。
なかなか狙っても出遭えない迫力の大群なのでありがたかったですね。
でも、どっちも突然の登場だったのでアワアワしていて良い場面にカメラを向けることができず残念。
去り際ですが証拠写真を写せたので良しとしましょう…


20110330koganeneji.jpg 春先にネジリンボウが見られるのは珍しい気が。


20110330koganematsu.jpg マツカサウオは子供なほど色も濃いし可愛いいと思います。


20110330koganebora.jpg 突然やってくるボラクーダ! 「なんだぁボラ?」というなかれ、一瞬暗くなるくらいの大群で迫力あります。
posted by iwashi at 20:44| 静岡 ☁| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

1/11(火) 黄金崎ビーチ

天気:曇り
●気温:10℃
●水温:15℃
●風向:北東
●透明度:15〜
●潮流:1〜


--------------------------------------------------------------------------------

今日はこの冬1番の寒さとの予報でちょっとビビりながらのスタート。
寒いといっても、行動を始めてしまえばどってことなかったですが。

海は冬には少ない東よりの風で波も無く静かでした。

水温は15℃前後でさすがにエントリー直後は顔が冷たいです。でもすぐに忘れてしまいます。ドライスーツ+フード+冬用グローブの装備なので潜っている時間も30分くらいまではほとんど寒さも感じずでした。
今日は2ダイブとも1時間くらいの潜水時間だったので後半はさすがに寒かったですが…

なにより伊豆の冬の海らしい静かでクリアーな水中世界が広がっていました。

静かでも生物は豊富です。

イロカエルアンコウはオレンジ色のや黒っぽいのがいました。

この水温の中がんばるツノダシやミツボシクロスズメ、ケーソンにはチビッコのマツカサウオ、トサカにはイソコンペイトウガニ、砂地にミジンベニハゼやトビエイの子供。
ブサイクな顔が砂に埋まっているメガネウオ、ウミウシもこの季節らしくあちことで見られるようになりました。ニシキウミウシの子、ユビウミウシ、ヒロウミウシ、スミゾメミノウミウシ、アオウミウシ多数、ヒロウミウシなどウミウシ探しをしていなくても目に入ってきました。

いろいろ見て回ると時間が足りないくらいです。




kogane20110111iro.jpg 黒っぽいほうのイロカエル君


kogane20110111nishiki.jpg ニシキウミウシの幼体。可愛いのでつい撮影しちゃいます。


kogane20110111sagifue.jpg サギフエ。さかさになっています。


kogane20110111megane.jpg メガネウオ。見ての通りかなりブサイク系ですね。


kogane20110111tobiei.jpg トビエイの子供。砂地で何匹か見られました。




posted by iwashi at 17:58| 静岡 ☀| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。