2015年05月08日

5/8(金) 須崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 22℃
● 水温:16〜17℃
● 風向:南〜
● 透明度: 8〜10m
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.九十浜
2.九十浜


南伊豆の須崎に行ってきました。

須崎は、南伊豆にありながら他の伊豆(とくに西伊豆とは)ずいぶん違った生物相だったり海藻の生え方だったりりする不思議な場所なんです。

須崎を有名(でもないかな)にしたのはなんといってもダンゴウオ!
冬には名物となるダンゴウオも5月に入ってさすがに数が減ってきているとか。

それでもなんとか数匹見ることが出来ました。

0508suzaki9.jpg
須崎 九十浜の水中は白い砂地が明るく何種類もの海藻が生えていました。

今日のダイビングは最大震度9m、ほとんどを5m前後の水深にいました(^^♪

0508suzaki8.jpg
水面を見上げると青空が眩しいくらい!

透明度も悪くなく、浅場はとても明るく気持ちいいです。

名物ダンゴウオはメカブの中や海藻に上にいるのですが、自分には超強敵です(笑)


0508suzaki7.jpg
紫バージョン、割と見やすい大きさの子でした

0508suzaki5.jpg
緑の子。メカブ(海藻の根っこ部分)にひそんでいました。

そして、ほぼ初めて見たのが「タツノオトシゴ」

数年前にいつも伊豆で見ていたのは「タツノオトシゴ」ではなく「ハナタツ」と分類されたと発表されて そうだったの〜!?

0508suzaki1.jpg
頭が高く盛り上がっているのがタツノオトシゴの特徴だとか

伊豆半島ではほぼ須崎でしか見られないとか。
もっと北の方にいるのかな?

そして、この魚も

0508suzaki3.jpg
縞模様が美しいキヌバリです。

キヌバリは葉山などではいっぱい見た記憶がありますが西伊豆ではこれもほとんど見ない魚です。

須崎ではいっぱいいました。

海藻もカジメなどが生い茂り森のなかのようでなかなか新鮮な景色でしたよ。

0508suzaki4.jpg



こちらはよく見るアメフラシの卵(あのラーメンみたいなの)のドアップ!

0508suzaki2.jpg
拡大するとさすがにツブツブなんですね。

0508suzaki6.jpg
キイロウミコチョウ


タコの陣地
0508suzaki10.jpg

いや〜、新鮮な海でたっぷり楽しむことが出来ましたexclamation


posted by iwashi at 21:40| 静岡 ☀| 東伊豆'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

4/2(木) 須崎ビーチ

● 天気:曇り
● 最高気温 16℃
● 水温:14〜15℃
● 風向:東 
● 透明度: 4〜8m
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.田ノ浦
2.九十浜


自分自身は初めて潜るポイントでした。

南伊豆下田にあるのですが、冬の終わり頃はダンゴウオが見られることで知られています。
西伊豆ではほぼ見ることがないダンゴウオを見たくてサカエともども行ってきました。
(小さい生物が見えないお年ごろのが2人いても当然2人力になりませんが…)

2箇所のビーチポイント、水深はとっても浅くダイブタイムは80分と70分、エアーはまだたっぷりありましたがトイレも行きたいので切り上げました。

ポイントはどちらも砂地に岩があったりアマモが茂ったりで明るい水中です。

150402suzaki2.jpg

いや〜、普段見ることのない生物がザクザクいてほんとビックリしました。
楽しいのなんのってるんるん

大きくてびっくりしたカラスキセワタ

150402suzaki7.jpg
大きい! 8cm位あったカラスキセワタ

あまりに小さくてゴマ粒にしか見えなかったダンゴウオの子

とりわけ幼い時期だけ「天使の輪」と呼ばれる輪っか上の模様があるダンゴウオは小さかった〜!
でも可愛かった〜!!!

150402suzaki6.jpg
ダンゴウオ まだ天使の輪っかがある子ども

それから伊豆ではなぜかここでしか見られないとかのアユカワウミコチョウ米粒くらいの多きさ、
肉眼では見えなかった模様がカメラの液晶で見ることが出来ました。

オリンパスのコンデジTG-3の顕微鏡モードのおかげですね。
でもまだ使い方がサッパリできていないのでなんとかしなきゃ。。

150402suzaki5.jpg
なんともきれいな模様のアユカワウミコチョウ


150402suzaki1.jpg
貝を背負うウミウシ、ヒメヤカタ 向こうに見えるのはカラスキセワタ

150402suzaki4.jpg
これも貝を背負うミスガイ と卵

そのほか、キイロウミコチョウやフレリトゲアメフラシやよくわからない生物いっぱい。

お目当てのダンゴウオを見つけるにはまだまだ修行が必要ですが、なんとか見ることができてとってもうれしい初の須崎でしたexclamation×2

ちなみにダンゴウオはこんなかんじでいました。

多くのダイバーを惹きつけるキャワいさ、わかります(笑)

150402suzaki9.jpg
5mmくらいかな

150402suzaki10.jpg
posted by iwashi at 19:48| 静岡 ☀| 東伊豆'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

8/11(月) 伊東ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 31℃
● 水温:21〜25℃
● 風向:南西 
● 透明度: 7〜10m 
● 潮流:中〜強
● 海況:沖合うねり多少残ってました

------------------------------
1.五島根
2.白根南


台風11号が四国、西日本を通過した週末、
結局週末の2日間はご予約いただいている皆様にダイビング中止のご連絡をさせていただきました。

うねりもあり、もしこの辺で潜れる場所があったとしても透明度の悪化などでとても楽しく潜っていただける戸は思えなかったし。

ご予約いただいていた皆様、今回は残念でしたがまたぜひお越し下さいませ!

そんなわけで夏の最盛期の土日にイワシハウスに引きこもって(おかげで)トカラ遠征のログ作成などに取り組むことができたのは不幸中の幸い!?

さて、明けて今日。
うねりは収まりつつありましたが南西の風がビュービュー吹いて西伊豆にはあまりよろしくないコンディション。

そんなわけで東伊豆の伊東ボートダイビングに行ってきました。

心配されたうねりは沖合で多少感じる程度、潮は速かったけど悪くないコンディションです。

140811ito2.jpg

期間限定の五島根(ごとうじね)から潜りました。

台風明けにしては透明度も問題なく10m位見えるかな。
水温も23〜24℃、陸上が暑いのでもっと冷たい潮が来ると気持ちいいくらいでした!

2本目の白根ともキンギョハナダイの大群が見事見事!
ソフトコーラルとイボヤギなどの腔腸類に覆われた岩肌はとてもカラフル。

中層にはイサキやスズメダイが群れ、マダイやコブダイ、カゴカキダイも群れていたり。

140811ito1.jpg

ウチの常連さん、「伊東のボートは初めてだったけどいいところねぇ!」

楽しくダイビングすることができました❗
posted by iwashi at 18:14| 静岡 ☀| 東伊豆'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。