2014年12月14日

12/14(日) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 9℃
● 水温:16℃
● 風向:西 
● 透明度: 7〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:西風で波あり

------------------------------
1.通り崎ビーチ
2.通り崎ビーチ


このところ西高東低の気圧配置が続き冬らしい西風ビュービュー吹く日が続いています。

夜には風の音と海鳴りとすごいですよ・・・

朝は風の音と寒さで海に行くには気持ちを奮い立たせる必要があります(^^;)

でも、不思議なもので海に飛び込んでしまえばなんてことないんですけどね。

さて、西伊豆はこの西からの強風で西伊豆の海は大荒れです。

そんな中でも土肥の通り崎湾内ビーチは問題なく潜れてしまうありがたいポイントです。

ちなみに、ここと、田子湾内、大瀬崎湾内はめったなことではクローズにならないので西伊豆が全面クローズにならないってことですね。


湾内以外の海況はこんな感じです。

141214toi2.jpg

見ているだけならなかなかきれいな景色かも(笑)
141214toi1.jpg


今日の通り崎、海の中は

飛び込むエントリーステージ付近の表層こそ時化のため白く濁り気味でしたが、水底についてしまえば問題ないくらい見えるし、深く行けばどんどんきれいになります。

2本目など、沈船付近では透明度15mくらい。
青いです!

141214toi4.jpg

沈船には名物アカオビハナダイ、サクラダイ、キンギョハナダイが一緒に見られます。

141214toi5.jpg
アカオビハナダイ

スタッフ「 I 」はなぜかウェットスーツ。
水温16℃、あまり寒くなかったとか。
水温がそれほど低くないと言うことか、本人が強いのか。

141214toi3.jpg

いずれにしても、青くてきれいな海にだいぶ得した気分に。

海の中で他の人にも会わないしね。
(東伊豆はダイバーで大賑わいとか、ホント〜?!)

浅場にはカエルアンコウもいっぱい(らしい)

かろうじて黒いクマドリカエルアンコウとオレンジのイロカエルアンコウとは会うことができました。

141214toi6.jpg

前の晩から朝は風の音と寒さにめげそうでも潜ってしまえばかなり楽しい今日のダイビングでした。



posted by iwashi at 21:46| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

11/29(土) 土肥ビーチ

● 天気:雨のち晴れ
● 最高気温 18℃
● 水温:21〜℃!
● 風向:南西 
● 透明度: 12〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎ビーチ
2.通り崎ビーチ


夜半から雨になって朝も雨のスタート。
でも気温は低くなく助かります。
結局雨は午後まで降りましたが、その後は急速に回復して良い天気になりました!

今日はサカエが通り崎のビーチにご案内。

今日はカメラもほぼ無くて海の中の写真はありません。

風が南西からでしだいに波が立っていましたがさすが通り崎ビーチ、なんともありませんでした。

水はあたたかく、かなりきれいだったとは聞きましたが、今みんな紅葉を見に出かけちゃったのでくわしくは聞いていないままログを書いています。

どうやら絶好調の海は続行中のようでするんるん


そうそう、話題は飛びますが、今年はなんだか紅葉がきれいです。

西伊豆は紅葉の色はたしょうくすんだ色合いになってそれほどきれいにならないものだと思っていました。
温暖なせいかなとか考えたり。

でも今年は(ちょうど今)なんだか紅葉がとてもきれいです。
赤や黄色が濃いです。
今日の夕方も夕日に照らされた山がきれいなこと!


それから
昼過ぎから天気が回復して見えて来た富士山は雪の白い部分がさらに増えてめちゃめちゃきれいでしたぴかぴか(新しい)

141129toi2.jpg


猫ねこ店長もベッドで毛布をかけてもらって熟睡中でした(^_^)

141129toi1.jpg


ひらめきそれから土肥ダイビングエリアからお知らせです。

この冬も限定開放ポイント「八木沢沖魚礁」が始まります。

期間は12月20日〜3月20日

素晴らしい魚影の濃さとすっごいきれいでいっぱいのソフトコーラル。
まるで竜宮城です(^_-)

寒い時期ではありますが、港から3分程度なので助かります。

お2人から出港です。

昨年の12月に潜った際の動画
posted by iwashi at 17:16| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

11/24(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 20℃
● 水温:20〜℃
● 風向:東 
● 透明度: 15〜18m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


11月下旬の3連休の3日目、
なんとまあ、水温ア〜ップグッド(上向き矢印)

なんだか冷たくないと思ったら前日より水温が2℃近く上がって20℃以上に!

海は凪、透明度バッチリ、おまけに水温アップでテンションもさらにあがっちゃいまするんるん

リクエストをいただいてサクラダイや大きなキサンゴ(そんなアホみたいな深さじゃないですよあせあせ(飛び散る汗))を見に行きますが、深い水底の砂地まではっきりズドーンと見えています。

ソフトコーラルや中層に舞うサクラダイの大群、ナンヨウキサンゴやソフトコーラルも最高にきれい!

141124tago7.jpg
美しい!ソフトコーラル群が実にきれいです。

141124tago1.jpg
サクラダイ。オスもメスも中層でいっぱい群れで!

141124tago6.jpg
もう浅場では見られない大きなナンヨウキサンゴ


フトネ本体は青い世界にタカベやスズメダイ、イサキやキンギョハナダイたちが群れます。

離れても余裕で見えているのでダイバーの皆さん、あちこちで群れに包まれて遊んでいるのがよく見えます。

141124tago4.jpg

141124tago3.jpg

141124tago2.jpg

他人が群れに包まれる光景を見るのも格別ですよね〜!

船に上がっても寒さを感じることも無く陸上なんてポカポカしたくらい。

今日もウェットスーツ(5mmワンピお2人含)のファイターダイバー軍団、笑顔笑顔のダイビングでしたexclamation


帰りには土肥の恋人岬の猫ネコ店長にも逢うことができて西伊豆土肥ダイビング、ミッションコンプリートですねぴかぴか(新しい)

141124tago9.jpg
てんちょう、なんでそんな顔してるの(笑)


141124tago8.jpg
posted by iwashi at 17:00| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

11/23(日) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 19℃
● 水温:18〜℃
● 風向:北東 
● 透明度: 12〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.飛島沖
2.サク根


3連休の真ん中、天気も気温もバッチリ、土肥2ボートダイブしてきました。

今日もありがたいことに海は凪、透明度も良好。
ダイナミックなポイントの小下田地区日和ですね。
(ポリタンクにお湯を入れて帰りはお湯のであったかーい)

飛島沖もサク根も最盛期に比べれば魚影の濃さは落ちていますが、それを補ってあまりある透明度の良さ!

高低差20m以上の巨岩もドーンと見えて迫力満点。
魚は減ったと言っても凄すぎる状態から比べればの話、今日もキンギョハナダイ、イサキ、メジナなどなどいっぱいです!

141123toi3.jpg

141123toi4.jpg

141123toi2.jpg

141123toi5.jpg

冬は季節風の関係で行きにくくなる小下田地区のポイント。
今日も好評のうちに潜り終えて良かったぁぴかぴか(新しい)

今日は全員ウェットスーツ(^^;)
トカラや薩南に何回も参加されているファイターダイバーの皆さんですダッシュ(走り出すさま)
晩秋というか初冬のウェットスーツダイビング、でもみんな笑顔の1日でしたexclamation

141123toi1.jpg
posted by iwashi at 16:14| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

11/16(日) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 17℃
● 水温:18〜19℃
● 風向:西?、東? 
● 透明度: 5〜8m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎ビーチ
2.通り崎ビーチ


昨日まで荒れ模様だった海も風が落ち着いて良い凪になりました。

今日はアカオビハナダイのリクエスト。
アカオビハナダイなら土肥の通り崎ビーチで見られます。
ここ数年は西伊豆のあちこちでアカオビハナダイがよく見られるようになってきましたが、ここ通り崎ビーチではずっと前からなぜか普通に何匹ものオスとたくさんのメスが見られています。
水深も19mくらい。

ところで、今日になってまた水温が下がっていますね。
18℃台、ダイブタイムが長くなるとウェットスーツの人はさすがに寒くなりますね。(除、耐寒タイプの方)

インナーやフード、厚手のグローブなどは必要な感じです。

透明度はまだ白さは残るものの少しは良くなっているような。
外海系ならもっと良さそう。
ま、11月なことだし、もっともっとお願いします・・

今年は多いようなイロカエルアンコウ、何年もここで越冬して今年も元気なクマノミ、キビナゴの群れなどが見られました。

141116toi1.jpg
イロカエルアンコウ

141116toi2.jpg
基本的には警戒心が強いと言われているクロダイ

ステージ付近のクロダイは警戒心があるのか無いのかいっぱいいて結構近くまで寄ってきます。


141116toi3.jpg
釣り堀受付に住み着いている猫ニャンコ

釣り堀受付に住み着いている白黒(足は白ソックス)の野良猫くんも警戒心があるのかないのか、けっこう近くにいたり。
カメラを向けたらスタスタ行ってしまいましたが。

アカオビハナダイは婚姻色なのかきれいな色の出ている個体もいたのでじっくり見に行くのもいいかも。
posted by iwashi at 17:33| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

11/8(土) 土肥ボート

● 天気:晴れ時々曇り
● 最高気温 21℃
● 水温:19〜20℃
● 風向:北東 
● 透明度: 7〜12m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:良好

------------------------------
1.飛島沖
2.赤灯台


今日は天気予報に振り回されて予定がはっきりせずでしたが、北東の風ということもあり土肥のボートダイビングとなりました。

ちょうど土肥では「2/365」イベント開催の週末です。
つまり1年365日のうちで2日だけ開放される場所に潜りましょうイベントです。
今回の潜れる場所は「赤灯台」。

そういえば、ここは2013には4月に開放、マンボウに遭遇したっけな(^_-)

イワシハウスからも近い土肥漁港の堤防外側が潜る場所なんですが、意外にも魚が多い!

と、その前にせっかくの土肥ボートなので1本目は飛島沖に行って来ました。

予報では曇りのち雨でしたが、快晴、べた凪の土肥。
寒さもあまり感じずボートダイビングをしていただくことができました。

141108hina1.jpg
Hina Matsuda

透明度上昇、白濁の続いていた最近ではクリア感が気持ちいいです。

潜降してすぐにツバメウオがお出迎え。

141108toi3.jpg

141108toi2.jpg

北の根からサメ穴(昔はドチザメがいっぱい入っていたのでこの名前が)経由で西の根から南の根へ。

141108toi4.jpg

高低差20m以上の巨大な根を飛ぶのは気分いいですね〜exclamation

イサキやタカベ、マアジ、スズメダイのシャワー、イシダイ、クエ、カエラフルで豊富なソフトコーラル群はさすが飛島沖です。

1411hina2.jpg
Hina Matsuda

南の根ではキンギョハナダイの大群で締めくくって満足満足るんるん

141108haki2.jpg
akinoshima

141108haki1.jpg
akinoshima

141108haki3.jpg
不思議な生き物、テヅルモヅル  akinoshima

2本目は限定開放ポイントの「赤灯台」

こちらもまずまずの透明度。
釣り人が多い堤防ですが、それがうなずける魚影の濃さ。
いろいろと群れ群れだったのですが、今日は何と言ってもカマスの大群!
途切れること無く続くカマスの大河!
みんな大興奮でしたねるんるん

141108haki4.jpg
akinoshima


メジナの群れや大きなイシダイもいっぱい、
だ〜い満足の声が上がる赤灯台でした!!

141108toi5.jpg

141108toi1.jpg


動画(by T. Matsuda)はこちら
posted by iwashi at 18:32| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

11/1(土) 土肥ボート

● 天気:雨
● 最高気温 20℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:北西 
● 透明度: 5〜8m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:少し波あり

------------------------------
1.飛島沖
2.飛島沖2〜1


今日は朝からどんよりな空模様、次第に雨も降り出しました。
せっかくの3連休だというのにこの天気は「まったくもう」って感じです。

でも予報では北東の風で西伊豆の海はべた凪、
と思ったら北西の風でちょい波… まあたいしたことなかったので遠いポイントである小下田エリアに行けたのでいいですが。

今日はサカエがリクエストで黄金崎。
いろいろちびっ子を見たり、黄金崎のアイドル、ネジリンボウやサカタザメも見られて楽しかった様子。
おまけに、SUP(立って乗るサーフボード)を体験させてもらったようでKコちゃんとKント君は足腰ギクシャクさせて帰って来ました(笑)

さて、土肥のボートダイビング
最近、土肥に限らずいまひとつ思わしくない透明度、
今日も飛び込むとうーん。
天気も悪いので透明度が結構悪いのか、そうでもないのかよくわかりません。
深い方はけっこう見えてそうでしたが行きませんでした。

でも、飛島沖の魚影の濃さはそんなことも吹き飛ばしてくれるくらいの見事さ。
キンギョハナダイの超大群にはみなさん「キンギョに思い切りまみれましたね〜るんるん」との感想。

イサキが降ったりタカベも降ったり、北の根では予想していなかった若いツバメウオ4匹もいてびっくり。
大きなクエに中くらいのクエ、デカマダイや巨大なビルのような3つの根を飛ぶのも爽快。

141101toi2.jpg

141101toi1.jpg

141101toi3.jpg

ソフトコーラル群も本当にきれいです。

141101toi5.jpg

これで天気がよくて明るかったらどんだけ良いのか想像できます。
今日でもあの魚影は十分見応えありましたけどね(^_-)

141101toi4.jpg


posted by iwashi at 19:39| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

10/16(木) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 24℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:北東〜西 
● 透明度: 8〜12m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


台風19号が東海、関東を通過して2日、良く晴れ渡った今日、
昨日までは台風後の海の中の様子を見に行こうと考えていました。
そんな調査ダイビングの予定を見越してか常連のA君が潜りたいと連絡があり田子に行って来ました(^_^)

昨日は寒い雨降りの1日でしたが、今日は真っ青な青空と凪の海、海の向こうには雪を冠った富士山、
あまりに素晴らしいコンディションに幸せをかんじます。

141016tago3.jpg

昼前から西風がぼちぼち吹く予報だったので少しだけ早めのスタートをしましたが、結局引き上げる昼すぎまでべた凪のコンディションでした!

今日はフトネ2本、
朝一の1本目、飛び込むと少しは白っぽさはあるものの良好な透明度10m以上は見えています。
台風後にありがちな濁りはまったく感じません。

今日はの目的はフトネの深場、

サクラダイのオスが集結する季節の真っただ中のようです。

しかし、そんな場所ははっきり言って深いわけで
経験あるダイバーで自己責任を理解していて かつ「そんな場所を楽しいと思えるごく一部マニアの方」しか行かないエリア。
自分としては、ゲストがいなくても行ってしまうライフワーク的な面もあるのだと思います。。

で、今日のA君、
「いや〜〜〜〜〜、本当に楽しかったなぁexclamation

さすが、陸(J JOの)でも海(魅惑の花園の)でもマニアと言われる人でするんるん
サクラダイが群れる光景にすっかり惹かれてしまっているひとりですね。

141016tago7.jpg
photo by akinoshima

でも、
フトネ本体 通常エリア、水深10m〜15m付近の魚群たちも全開状態!
他のグループのダイバーの人たちも口々に「凄い良かった〜!」の声しきり。

キンギョハナダイ超大群に、タカベの玉、うろつくワラサ、スズメダイの群れなどなど。

141016tago4.jpg

141016tago5.jpg


141016tago6.jpg





さて、
ここのログでちょいちょい出てくる「魅惑の花園」エリアですが、

・やっぱり大深度となります。
・見られるのは群生するソフトコーラル、サクラダイを中心として浅場とはまた違ったハナダイたち。
・ダイナミックな地形、岩を覆う色とりどりの腔腸類。
・人がほとんど行かないエリア独特の雰囲気。


そんな光景に興味が無い方にはただただ深い(窒素酔や減圧症、エアー切れなど)リスクいっぱいの場所となりますバッド(下向き矢印)

そのようなリスクについては自己責任となり、原則としてこちらでフォローや責任は持ちかねますことをご理解ください。

リクエストをいただいてもお応えできない場合がございますのでご理解のほど何とぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


もっとも、そんなマニアックなエリアに行かなくとも、フトネの通常のエリアはとても賑やかでダイナミック、めちゃめちゃ楽しい場所ですしね!!

posted by iwashi at 16:33| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

9/24(水) 土肥ボート

● 天気:曇りのち雨
● 最高気温 24℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東〜南 
● 透明度: 8〜12m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好 うねり微

------------------------------
1.飛島沖
2.サク根


今日は土肥のボートダイビング。
土肥の海はエリアが広いんです。だから3つのエリアに分けて呼ぶことがあります。
1、土肥地区 2、八木沢地区 3、小下田地区

土肥の中でも南部にあるのが今日潜った「小下田地区」
恋人岬があるのもこのエリア、断崖になっている場所が多く、海の中も落ち込んでいたり巨岩が立ち上がっていたり。
潮の通りも良く魚影の濃さは抜群!
なぜか知名度は高くないけど伊豆半島でも間違いなくトップクラスの魚影の濃さ&地形のダイナミックさと言ってもいいと思います。


今日は潜る機会があって2枚看板ポイントの「飛島沖」&「サク根」で潜ってきました。

水温は24〜25℃、透明度はすっきりとはしないものの何の不自由も無く潜れる程度は見えています。

そして圧倒的な魚影は今日も健在。
沸いたり降ったり、スピード感あふれるいろんな魚種の群。
目がチカチカするくらいのキンギョハナダイの超大群。

140924toi1.jpg

140924toi5.jpg

140924toi3.jpg

140924toi4.jpg

140924toi6.jpg


そう言えば、一見普通のチョウチョウウオ(通称並チョウ)に見えるけどずっときれいで結構珍しいツキチョウが成魚の大きさで見られました。
いろんな珍しい魚が見られる季節になってきました。

140924toi2.jpg


やっぱりメチャメチャ賑やかで楽しい飛島沖とサク根でしたるんるん


動画↓
posted by iwashi at 17:45| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

9/22(月) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 27℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:南西 
● 透明度: 7〜10m 
● 潮流:中〜強
● 海況:風弱いけどうねりもぼちぼち

------------------------------
1.飛島沖
2.飛島沖Part2


飛び石連休の中日というのかただの平日というのか、とにかくいつもののんびりムードいっぱいの西伊豆です。

今日もいい天気、気温もちょうど良くとっても気持ちいいです!
風は南西からの風と予報されていますが弱く風波は立っていません。

台風16号のうねりがぼちぼち届いて水中では大きくないけどそれなりに横揺れがあります。

140922toi3.jpg

土肥の外海系ポイントの2枚看板の飛島沖とサク根に潜れればと思ったのですが
洗岩であるサク根、今日はうねりの影響があったのでやめて2本目は限定開放中の飛島沖Part2からのスタートにしてみました。

2本とも落差20m以上の巨岩を飛びながら、そしてまたもや魚群まみれになってきましたるんるん

タカベやマアジ、スズメダイのそれぞれ大群、それを狙うカンパチや大きなマダイ、モロコ(クエ)もあちこちで遭遇、
そして激アツ中の南の根のキンギョハナダイの超大群でたっぷり遊ぶことができましたexclamation

今日もスゴすぎる飛島沖の魚群たちでした!!

140922toi6.jpg

140922toi5.jpg

140922toi1.jpg

140922toi7.jpg

140922toi4.jpg

140922toi2.jpg
posted by iwashi at 17:43| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

9/15(月) 土肥ボート

● 天気:曇りときどき晴れ
● 最高気温 28℃
● 水温:22〜25℃
● 風向:東 
● 透明度: 6〜15m 
● 潮流:強〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.飛島沖2〜
2.サク根


雲は多めながらまずまずのお天気、海は今日も良い凪に恵まれました。

素晴らしい魚影の濃さ続行中の土肥のボートポイント小下田エリアへ今日も行ってきました。

1本目は限定開放中の飛島沖Part2からエントリー。
そこそこ流れは速かったのですが問題なくスタート。

ダイビング中は終始キンギョハナダイの超超大群が!
水深25mより下は青くてとてもきれい!
水温もすごく下がる訳ではないのでついもっと行きたくなっちゃいますね。
スズメダイやタカベの大群、クエやトビエイも。
飛島沖エリア(Part2エリアじゃなく)の南の根で魚影の濃さは最高潮に。

140915toi2jpg

140915toi1jpg

もう何がなんだかわからないくらい群れ群れ状態
頭上にはイワシの大群が壁になったり、素晴らしい光景でした!

140915toi4jpg

140915toi5jpg

2本目のサク根は1本目のようなきれいな層はなかったのですが、スピード感たっぷりに魚群たちに多少の薄濁りはぜんぜん気にならなかったとの今日のメンバーさんのお言葉。

140915toi3jpg

140915toi6jpg

140915toi7jpg



「サク根、すごかった〜! とても気に入ったわ!」
と今日もうれしい感想を聞くことができました!!

posted by iwashi at 19:12| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

9/14(日) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 28℃
● 水温:23〜25℃
● 風向:東 
● 透明度: 6〜10m 
● 潮流:強〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.飛島沖
2.サク根


今日もさわやかに晴れわたる秋らしい1日、海も凪に恵まれました。

140914toi2jpg

土肥のボート、小下田エリア(飛島沖、サク根)で潜ってきました。

1本目の飛島沖は水面は流れが速かったのですが潜ってしまえば隠れる場所もたくさんの飛島沖、魚がより元気になっているので好都合です!

北の根〜西の根〜南の根と巡ってきましたが、それぞれ特徴があり楽しいこと!

透明度はいまいちな状態になっていますがそんなことはどうでもいいくらいの素晴らしい魚影の濃さ、
とくに南の根のキンギョハナダイは凄まじいの一言ダッシュ(走り出すさま)

140914toi5jpg

140914toi3jpg

ダイバーがキンギョハナダイの渦に飲み込まれる様は圧巻ですexclamation×2

そして2本目はサク根
飛島沖で盛り上がった気分はここでMAX状態までさらに上昇です。

タカベ、イサキ、スズメダイ、メジナ、マダイ、群れまくり、降りまくり、
また魚群に埋もれるダイバーたち、

140914toi6jpg

140914toi4jpg

140914toi7jpg

最っ高〜でするんるん


今日のメンバーさんも超喜び!!

「だから飛島沖、サク根が好きだっていってるじゃない!!」
とのことでした(^_^)


本日最後のリクエストは
恋人岬の店長さんに逢いに行くこと、

なかなか店長さんが見つかりませんでしたが、粘って粘って狩りに忙しそうな店長さん発見。

140914toi1jpg

そんな良い1日でした。
posted by iwashi at 20:25| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

9/12(金) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 28℃
● 水温:24〜26℃
● 風向:東 
● 透明度: 7〜10m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎ビーチ

昨日、今日と体育系女子大学のダイビングクラブの皆さんのレスキュー講習でした。

いや〜、イワシハウスは若い女子たちで賑やかです💕

さすが体育系、元気いっぱいの皆さん、昨日はプールでみっちり泳ぎ込んでヘトヘト!
かと思ったら復活が早い!

今日は海で水底から溺者引き上げ、曳航、そして陸上へ救助する練習です。
9人の部員の(こう書くと野球みたいですね)みんながすべての役割を経験できるように実行してゆきます。

140912toi4.jpg

140912toi1.jpg

透明度は良好、水温も高く、良いコンディションでした。

午後には通り崎ビーチのファンダイビングにも行ってきました。
アカオビハナダイやカンパチ群れ、ツムブリ、クマノミなどいろいろ見ることができました。

そして、せっかくの土肥101利用、プールを使わなきゃもったいない!
海を上がって夕方まではプール三昧、スキンダイビングの練習です。

140912toi2.jpg

140912toi3.jpg

さすがにアドバイスしたことはすぐにできるようになりますね!
あっというまにびっくりするくらいきれいなフォームになって行きます。

一度体に覚えたことは忘れないからこれからもいっぱい楽しく潜ってね‼


無事にレスキューコース修了、お疲れさまでしたっ🎵

posted by iwashi at 21:51| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

9/8(月) 土肥ボート

● 天気:曇りのち雨
● 最高気温 23℃
● 水温:22〜25℃
● 風向:北東 
● 透明度: 8〜15m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.飛島沖
2.サク根


朝はどんよりした曇り空、午前中のうちには雨が振り出し次第に本降りとなってしまいました。

でも、北東の風で海は良い凪、なにより最もありがたいのは良い凪の海です。
雨は時化よりずっとマシですね。

さて、今日はファンダイブはお2人。
先週の講習の海洋2日目のHiromiさんのダンナさんのSさんと
初イワシでおいでいただいたAさんるんるん

お2人とも経験あるダイバーなので土肥ボートのエースポイントの「小下田地区」へGo!です。

飛島沖とサク根に潜ることができましたが、お2人ともとても楽しそうなご様子、
キンギョハナダイからタカベ、キビナゴ、イサキにスズメダイと小下田らしいとってもにぎやかさとダイナミックな地形を堪能されていました(^_^)

140908toi1.jpg

140908 toi2.jpg

140908 toi5.jpg

140908 toi3.jpg

140908 toi4.jpg

水温は23℃台でまとまっている感じ、透明度も良好です。

ソフトコーラルから魚群までバッチリな今日ですが、これで天気がよかったらどれだけ気持ちのよい飛島沖やサク根なの?って想像せずにはいられません。

天気がどうあろうと、さすが楽しい飛島沖&サク根でした!!


講習組が潜った通り崎ビーチもなかなかきれいだったとのこと。

なぜか大小2匹のカエルアンコウに出会ってしまったようです。
講習中ながら見られた魚の話が楽しそうでした!

posted by iwashi at 17:15| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

8/29(金) 土肥ボート

● 天気:曇り時々小雨
● 最高気温 25℃
● 水温:22〜24℃
● 風向:北東 東 
● 透明度: 8〜10m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:良好 べた凪

------------------------------
1.飛島沖
2.鷹ノ巣


今日は土肥のボートポイントの中で期間限定のポイントのブイ設置作業の(ネコの手ほどの)お手伝いで潜ってきました。

ポイントは「飛島沖パート2」
今年も9月から開放となります!

ブイの付いていない該当場所に潜降すると、「おお〜」
イサキやキンギィハナダイの凄い大群、トビエイやウシエイもうろついていて生物たちであふれる素晴らしい光景。

無事にブイも設置完了して、しばしこのエリアのチェックに回ります。

水温は水深25mでも22〜23℃、冷たい場所はありませんでした。
透明度もスコーンではないけど10mは見えている感じ。
あまり抜けていると魚が少ないことが魚影の濃さを楽しむ伊豆の海は多いのでこのくらいがベストなのかも。

飛島沖パート2から年間開放の飛島沖にかけて見て回りましたが、西の根も南の根も北の根もそれぞれ凄い凄い!

それぞれ魚群の群れ方が微妙に違うので楽しいです。
キビナゴ大群、キンギョハナダイは超超大群の必見状態、タカベやイサキ、メジナも大群、スジアラ、大マダイ軍団、めちゃくちゃ賑やかです!!

140829toi3.jpg

140829toi4.jpg

140829toi6.jpg

140829toi5.jpg


小下田に来たついでに地形ポイントの「鷹ノ巣」もチェックダイブしてきました。

有名な雲見にもひけをとらない複雑な穴。細いトンネルから大きなトンネル、中にはヒラスズキが何匹も。
暗闇をライトで照らせば伊勢エビや内蔵から口内の卵まで見えちゃうスケスケ透明なサクラテンジクダイなど。

140829toi2.jpg

140829toi1.jpg

こちらも楽しい限定開放ポイントです。



posted by iwashi at 18:42| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

8/19(火) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 31℃
● 水温:19〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 8〜15m 
● 潮流:中
● 海況:良好〜少〜し波

------------------------------
1.飛島沖
2.サク根


今日も暑い1日、リクエストをいただいて土肥のボートダイビングでした。

土肥のボートポイントはいくつもありますが、魚影の濃さ、地形のダイナミックさはやっぱり小下田エリアです。
土肥の管轄エリアは意外と広く、イワシハウスから車で12分くらい走った場所にある恋人岬、その下の海あたりが小下田エリアとなります。

南西の風が強まる前に2ダイブしてきました。

飛島沖もサク根も土肥の看板ポイント。
知名度は高くないけど西伊豆屈指のダイナミック系ポイントです。

そして今日も素晴らしい海中でした。

下の方は水温20℃を切りますが透明度はさらに良くなります。

全体を通しても(白っぽい場所もありますが)悪くない透明度ですが。

飛島沖のキンギョハナダイ、メジナ、スズメダイの大群、根を覆い尽くすソフトコーラル群
表現の下手な自分が書いても話してもその素晴らしさは伝わらないかも(笑)

140819toi1.jpg

140819toi2.jpg

140819toi4.jpg

サク根もそれへタカベ、イサキの大群、トビエイ、大きなマダイなども加わってしっちゃかめっちゃか。
ブイも無く条件が揃わないと潜ることが難しいこともあるのがこのポイントの野性味を残す要因かもしれません。

皆さん、大喜びの小下田ダイビングでした。
posted by iwashi at 18:12| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

8/18(月) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 31℃
● 水温:20〜25℃
● 風向:南西 
● 透明度: 7〜12m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.飛島沖
2. 丸山沖


暑い暑い💦

海に飛び込めることの幸せをたっぷり感じた暑い1日でした。

久しぶりになってしまった土肥のボートポイント。

140818toi4.jpg
富士山も良く見えてこんなところに秋を感じます。

そして

飛島沖はやっぱりいいね!!

ダイナミックな地形とすばらしい魚群、
今日は透明度も良く、最高に気持ちよかったです。


140818toi3.jpg

140818toi1.jpg
ニシキベラの産卵、放精がたけなわ

水面付近は水温25℃(下の方は20℃くらいませ下がりますが)で根頭にいると青い水の中で魚群に囲まれるのでかなり気もちいいです(^_^)

140818toi6.jpg

140818toi2.jpg

140818toi7.jpg

140818toi5.jpg

土肥のボートポイント(その中の小下田地区)、知名度はあまり無いかもしれないけどやっぱり屈指の楽しさだと思います🎵
posted by iwashi at 17:09| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

8/7(木) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 31℃
● 水温:19〜25℃
● 風向:南西 
● 透明度: 1〜7m 
● 潮流:弱〜
● 海況:うねり大きい

------------------------------
1.通り崎ビーチ
2.通り崎ビーチ


台風11号は速度が遅くでもしっかりとエネルギーをうねりとして送ってきます。

昨日よりもさらに海況はきびしきなっています。
うねりはさすがの通り崎ビーチにも打ち寄せ、浅場は横揺れが大きく砂が舞い透明度が悪化しています。

今日はダイビングスクール、1日目のプール講習(こちらはどんな海況だろうがノー問題!)
そしてガイドダイブがお2人でした。

ガイドダイブのお二人はベテランだったので横揺れが大きく透明度が厳しいエリアはさっさと通り過ぎて主に沈船付近で遊んできました (^^)V

浅いところさえ抜けちゃえば潜るのに不自由はない程度は見えてきます。
沈船あたりでは5〜7mは見えていました。

沈船は今年はなぜかアオリイカが産卵場所と定めたようでたくさんのアオリイカが来ていて卵もたくさん産み付けられていました。

140807toi5.jpg

140807toi1.jpg

静かに潜んでいるとかなり接近してきてくれて至近距離でアオリイカの産卵をじっくり見ることができました。

ここの名物、アカオビハナダイもいっぱい、たくさんのオスは雌の気を引こうときれいな色になって踊っていました。

サクラダイやキンギョハナダイもたくさん見られるし、ちょっとしたハナダイの楽園になっています。

140807toi6.jpg
沈船にて。ボケ気味の写真ですが、黄色っぽく見えるのはキンギョハナダイ♀、朱色っぽく見えるのはアカオビハナダイの♀です。
ここではこんなにアカオビハナダイが普通種化しています。


140807toi3.jpg
アカオビハナダイ♂

140807toi2.jpg
サクラダイのオカマ(性転換の途中?)

140807toi4.jpg
サクラダイのオスの特徴である体にちりばめられた白い斑紋がうっすら見えることとメスの特徴である背びれに1ヵ所の黒い班が見えています。そんなわけで現在オカマ状態

そのほか、マアジの群れ、イワシの群れ、それを追うカンパチや警戒心が強いはずなのにここではどんどんよってくるクロダイ軍団など。

ステージ付近はちょっと緊張するくらいの濁りっぷりにもベテランのおふたりそれはそれで楽しんだかも(笑)


さて、この週末、ダイビングをするにはさすがに悲観的な感じになってきました。
早く過ぎ去ってくれないかな。。

posted by iwashi at 18:32| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

8/6(水) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 31℃
● 水温:24〜26℃
● 風向:南西 
● 透明度: 5〜8m 
● 潮流:弱〜
● 海況:うねりあり

------------------------------
1.通り崎ビーチ

今日は埼玉県からおいでのご一家4名様が体験ダイビングをされました。
ウチで体験ダイビングをしていると知り合いから「レアですね〜」なんて言われます。

まあ、言われてみればそうかもしれませんね(笑)

せっかくの体験ダイビングの日なのに台風11号のうねりがどんどん大きくなってゆきます。

でも土肥101のプールで午前中はダイビングの器材に慣れていただくことができたので問題なく海に潜っていただくことができました。

とても仲良しのご一家、こちらも受け入れ側ながらすごく楽しい1日を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!!

海は浅場はさすがに横揺れはありますが、予想していたニゴニゴもなく暖かい水の中40分以上潜っていました!

140806toi2.jpg

140806toi1.jpg

さてさて、この台風からの影響、この先どうなるでしょう。
とっとと行っちゃってほしいものです。。

posted by iwashi at 18:18| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

7/20(日) 土肥ビーチ

● 天気:晴れときどき曇り
● 気温:最高気温 28℃
● 水温:20〜24℃
● 風向:南西 
● 透明度: 6〜8m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎ビーチ

7月も後半になって西伊豆の海辺はいよいよ賑わってきました。

海水浴場もパラソルがいっぱい、ここから1ヶ月ほどが1年のうちでもっとも賑やかなシーズンとなるのですね。

さて、今日は土肥のビーチでのダイビング
サカエがご案内でした。

水温も透明度もまずまず、潜りやすいコンディションだったようです。

通り崎湾内はあいかわらずアオリイカがいい感じに集まっています。
産卵シーンを間近で見られたとのこと。

クマノミやクロダイなど通り崎の常連さんも元気でした!

140720toi1.jpg

140720toi2.jpg
posted by iwashi at 18:24| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

7/13(日) 土肥ビーチ

● 天気:曇りのち雨
● 最高気温 25℃
● 水温:17〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 6〜10m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎ビーチ
2.通り崎ビーチ


今日のお客様は今年ダイビングのCカードを取得して初ファンダイブをしたいと土肥にこられた方です。

初ファンダイブにウチを選んでいただいてうれしい限りぴかぴか(新しい)

天気はコロコロと変わる不安定な空模様。
でも暑すぎずによかったかもと話していました。

土肥101は某大学のスノーケリング教室やスポーツクラブ系スクールの講習やらで賑わっていました。
混雑はどうかと思いますが、夏になろうとしているんだからやっぱり賑やかじゃなきゃね!

さて、本日のSさん、講習ではビーチエントリーだったとのこと、まずはダイビングプールで飛び込みの手順をやってみます。
今日もビーチダイビングですが、通り崎のダイビングステージはボートみたいに飛び込みもできるので次のダイビングの選択肢も増やせるようにしちゃいましょう。

ところで、今日の朝の通り崎ビーチは少し潜ると水温は15℃あたりまで下がっていたとか。

ウへッ!

それなりに心配してエントリー。
少しずつ深度を下げてみます。

そんなに冷たくない(^_^)

結局2ダイブとも水深16mから冷たい水になっていました。

それ以上深い方に行くのはやめておきました。

そんなわけで本日の私たちは水温20〜23℃の中での快適ダイビングでした。

台風後に盛んになったというアオリイカの産卵はかなりいい感じ。
20杯くらいのアオリイカが来ていました。

140713toi2.jpg

140713toi1.jpg

砂地にはなぜかエイがあっちにこっちに。
アカエイ、ヒラタエイ、シビレエイまでいました。

ゲストのSさんも1本目はバランスに苦労されていましたが、2本目はバッチリの水中姿勢、まわりを見ながら楽しんでいました。

潜れば潜るだけ上達する頃ってご案内するこちらも実に楽しいです!

これからいっぱい海に潜ってください。
そしてまた西伊豆にもいらしてくださいね!



そう言えば、某大学の講習にはウチのサカエが講師として呼んでいただいていますが、はたで見ていたら息子たちとお母さんみたいでした(笑)

学生が孫に見えていなくてまあよかったです。。
posted by iwashi at 18:47| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

7/7(月) 土肥ボート

● 天気:雨のち曇り
● 気温:最高気温 26℃
● 水温:20〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 12〜15m  
● 潮流:中〜
● 海況:うねりが少しずつ

------------------------------
1.小下田 中の根
2.小下田 飛島沖


朝から本降りの雨、さすがにテンションは上がりにくく…

それでもダイビングにとって困るのは雨より波、
今日は十分に潜れる海況、テンションにむち打って出発です(^_^;)

本日のミッションは土肥101の作業のお供、

昨日、おとといのイベントで2日だけ開放した「中の根」のブイ撤去と飛島沖のブイ点検!?

朝早めでしかも雨模様というこもありあたりには明るさが足りないわけですが、
また透明度が上がってる!!

水深20m付近から見上げても海面の波も船の底もハッキリくっきり見えています。

晴天でもないのに海の中が青いです!
そこにイワシの大群ががんがん走ります。
大きなクエやメジナ、ニザダイの群れ、コブダイもいました。

水温も20℃を切ることはほぼありませんでした。

140707toi1.jpg
イサキの群れ

140707toi5.jpg
キンギョハナダイ、すばらしい大群が見られています。

140707toi4.jpg
キンメモドキがあちこちで大きな群れを作っていました

土肥の誇る名ポイント「サク根」が近いこともあり、地形、魚影の濃さ、ソフトコーラルと文句なしに素晴らしい!

でもここはまた来年、ですね。

2本目は飛島沖、
これまた素晴らしい海中です。

青くきれいな海中に魚群いっぱい、
なにも作業の日にここまで良くなくたって(^_^;)

水面付近には盛んにシイラが走っています。
夏っぽい海ですね〜

140707toi2.jpg
飛島沖のソフトコーラルは本当に見事です。

140707toi3.jpg
ニシキベラの産卵、放精が最盛期

タカベ、イサキ、キンギョハナダイ、岩を覆いつくすソフトコーラル
あふれる色、その中にいるだけで最高に幸せでしたるんるん

さて、台風後はどうなっているでしょうね。
posted by iwashi at 16:26| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

6/23(月) 土肥ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 気温:最高気温 25℃
● 水温:18〜21℃
● 風向:西 
● 透明度:5〜8m
● 海況:良好
 
------------------------------
1.小下田エリア
2.小下田エリア


天気はまずまず、風は弱く海は静かなありがたいコンディション。

ずっとキビシかった透明度も縦横にも泳ぎまわれるくらいまで回復してきました。

土肥101主催の7/5(土)6(日)のイベント
「2/365ボートイベント」
(普段潜れない場所だけど、1年365日のうち2日だけ開放します!ってイベント)

で開放する「小下田・中の根」の調査に呼んでもらって潜ってまいりました。

土肥の中でも魚影が濃く地形もダイナミックなポイントが多い小下田地区、
「中の根」はそんな小下田の海らしくとっても楽しい場所でした!

水面にほんの少し頭を出したり水面下に隠れたりする岩が中の根、
根頭から中腹にかけてタカベやイサキ、キンギョハナダイがわんさか。
地形は非常にダイナミック、垂直の壁や裂け目があります。

周囲を回ると非常にソフトコーラルが多い場所もあってやっぱり魚もいっぱい。

調査といいながらあまりの賑やかさ&カラフルさに興奮しちゃいました グッド(上向き矢印)

普段潜れない場所に潜るだけでも楽しいのに、小下田、しかも、あのスーポイントのサク根と飛島の間っていうんだからうれしくなります。

そんな場所ならでは、さすがの水中でした!

ぜひ潜っていただきたい場所です!!

140623toi1.jpg

140623toi2.jpg

140623toi3.jpg

140623toi4.jpg

140623toi5.jpg

140623toi6.jpg

140623toi7.jpg
posted by iwashi at 16:24| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

6/15(日) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 29℃
● 水温:19〜20℃
● 風向:南西 
● 透明度:3〜5m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎ビーチ
2・通り崎ビーチ


今日もいい天気、気温もグングン上がって水遊び日和でした!

昨日の夕方からイワシハウスは賑やかでした!

某体育大学の女の子6人のダイビング講習(+3人は付き添いの先輩)と私たちもいつもお世話になっている先生の10人の皆さんでいい感じ。

ハタチ前後の女子9人でウチはめったにない雰囲気、おじさんは賑やかな声を聞くだけで楽しくなったのでした (笑)

講習のお手伝いにはサカエが。

140615toi1.jpg

まずは土肥101のプールから。
水温は25℃くらいまで上昇、プルー遊びも楽しい季節、
休憩時間にプールで遊んだり。こういう時間が上達するんです (^_-)

140615toi2.jpg

事前に練習もしているようで講習は順調に進み、初の海にも行ってきました。

あいにく濁りの真っ最中の今の海、
でも講習の皆さんにはあまり関係ないのか、魚や生物を見つけては興味津々で大喜びだったそう。

深い場所にはきれい(水温は低め)な水も来ていたそうですが講習なのでそれは聞いた話。

来週も賑やかになりそう (^^)
いよいいよCカードゲットでダイバーですね!
posted by iwashi at 18:46| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

6/13(金) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 30℃
● 水温:19〜20℃
● 風向:南西 
● 透明度:2〜4m 
● 潮流:弱 
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎ビーチ

140613toi1.jpg

土肥のビーチポイント「通り崎ビーチ」、
2月に重油流出事故がありました。
その後はクローズが続いていたのです。

いつも当たり前のように潜っていたこのポイント、
潜れないとなるとなんとも不自由なこと(>__<)

今日も南西の風がビュービュー吹いて西伊豆のポイントの多くがうねりが入ったりして影響を受ける中ダイビングステージからのエントリー、エキジットをする限りぜんぜん問題なし!

砂地、泥地、ゴロタに斜面と変化に富んだ海底地形、講習に最適ながらファンダイブにも楽しいエリアだということが今回のことでよ〜く再認識させられました(笑)

さて、今日は再開に向けての調査ダイビング(のお供)でした。

透明度は(このところここに限ったことじゃなく)良くなかったのですが、
何年もダイバーを楽しませてくれているクマノミやアカオビハナダイのコロニー、サクラダイ、、アオリイカの産卵床もたくさんあって卵も産み付けられていましたよ!

140613toi4.jpg
もうここに住み着いて何年になるかな? いくつもの冬も越しているビーチのクマノミ君

140613toi2.jpg
通り崎の名物ともいえるアカオビハナダイ♂

140613toi3.jpg
ライトに浮かび上がるその姿は本当に美しい!

140613toi5.jpg
アオリイカの産卵のために入れられている産卵床。ネンブツダイたちが群れていました。

140613toi6.jpg
アオリイカの卵がさっそく産み付けられていました。

中層にも小アジやスズメダイが群れていたりでにぎやかでした。。

水温も20℃前後まで上がってきていました。

今日は潜っていてもそのエリアでは重油の痕跡も匂いもしませんでした。

そして、通り崎ビーチは 明日から再開 となりました。

ダイビングステージからのEN.EX.に限ること、
油の影響が出たらそのつど制限があるかも、とのことですが
これで西風ビュービューでも楽しく潜れるビーチエントリーポイントが戻ってきたと言うこと。

「ありがたや!」です\(^o^)/
posted by iwashi at 17:47| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

6/12(木) 土肥ボート

● 天気:くもりのち晴れ
● 気温:最高気温 25℃
● 水温:19〜20℃
● 風向:北東〜南西 
● 透明度:3〜4m 
● 潮流:弱 サク根はそこそこ
● 海況:良好

------------------------------
1.ハサミ島
2.サク根


本日は土肥101の今月のイベントポイントである「ハサミ島」のブイ付け作業のお手伝いで潜ってきました。

140612toi2.jpg

小下田地区にあるハサミ島、小下田のほかのポイントに比べて潮流もそれほどかからず、水深も深すぎず、でもソフトコーラルは豊富で地形も複雑で楽しいポイントです。

ブイ設置、ガイドーロープ敷設は無事に終了 (^_-)

海のコンディションは
うーん、、まだ濁ってますね。

まさに栄養分たっぷり、グリーンな世界です。

140612toi1.jpg

でもいいことも。
水温が19℃台から浅い場所では20℃を示したりもしました!

ハサミ島のブイ設置のあとはサク根でひっかかってしまって船に上げられなくなった網の回収です。

こちらも無事終了して、そのあとはちょいと一回り。

土肥の誇るダイナミックポイント「サク根」
魚影の濃さは素晴らしい!!
イサキ、タカベ、メジナ、キンギョハナダイ、みんな群れ群れexclamation

透明度が良ければもっとたくさんの魚が見えるのでしょうが(^_^;)

水温も上がってきたことだし、透明度が回復すれば一気に伊豆の海トップシーズンの様相かなexclamation&question
posted by iwashi at 18:28| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

5/31(土) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 気温:最高気温 24℃
● 水温:17〜18℃
● 風向:西 
● 透明度:5〜8m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


薄雲が多いながら気温は高めで快適な1日でした。

なによりありがたい凪にも恵まれて田子で潜ってきました。

140531tago1.jpg
すごい人数! と言ってもイワシチームはこの中のほんの一部ですが(^_^;)

まずは外海のフトネ、
飛び込むとまたちょっと濁ったかな …
最近の透明度はどうも一進一退な感じですね。
いまかいまかと黒潮の到来を待つ今日この頃です。

フトネ本体を栄チームが巡って、自分はマニアなメンバーさんとやや深いエリアに行ってきました。

フトネ本体はキンギョハナダイがすごい大群になってきています。
少し離れたあたりには大型のイサキが群れています。

深いエリアは今日もハナダイたちが舞っています。
サクラダイのメスは超大群、腔腸類もプランクトンを捕食しようとポリプ全開でとてもカラフル。

140531tago3.jpg

透明度がいまひとつで明るさを落とした感じの深いエリアはやけに幻想的でした!

140531tago2.jpg
今日もサクラダイ♀がすごい数でした。

2本目は白崎、
大きなアカエイやメジナの子の大群、そして今が旬の海藻林の迷路をさんざん巡ってきました。
うっそうとした森林の中にいるようでこれまた不思議な世界でした!

140531tago4.jpg
posted by iwashi at 19:17| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

5/25(日) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 25℃
● 水温:18〜19℃
● 風向:南西 
● 透明度:5〜8m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.プール
2.米崎ビーチ


今日はリフレッシュコースのお客様が来てくださいました。

ご希望を聞きながらまずは土肥のダイビングプールで落ちついていろいろと (^^)V

140525toi2.jpg

天気は雲が多めながら気温も高く穏やかな1日、プールの水温も20℃を超えて気持ちいいです。

プールのあとは海へ行ってきました。
土肥ではいつもの通り崎ビーチは今は潜れないので、小下田地区にある「米崎ビーチ」に行ってきました。

米崎という場所、小さな小さな港があるのですが、海まで迫る斜面にかくれるようにある集落も含めてちょっとした驚きを感じるような昭和な雰囲気。
昔ながらの小さな漁村って感じです。

水温は19℃を指したりと水温も上がってきたかな。
沖に泳いでゆくと透明度もよくなる感じ。

140525toi1.jpg

無事にリフレッシュコースも進み、ダイビングの感覚を順調に思い出しましたか。

話はかわりますが、今日は土肥101のプールで映画の撮影が行われていました。
どんな役者さんがいたのかよくわかりませんでしたが。

その映画撮影、イワシハウスの隣の空き家でもある模様。
ちょっと古い建物(ウチもですが)だから選ばれたのでしょうか。
どこからさがしてそういうことになったのか不思議です。

イワシハウスも映画に映らないかな!?
posted by iwashi at 19:07| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

5/20(火) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 23℃
● 水温:17〜18℃
● 風向:西〜東 
● 透明度:5〜8m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.清藤沖
2.はさみ島沖


地元の土肥101の限定開放ポイント、終了(ブイ撤去)と調査(来月開放予定)に呼んでもらって潜ってまいりました。

海は今日もいい凪、天気もまずまずで船の上でのインターバルも楽チンでした。

海の中は、透明度というのか、浮遊物がまだ多くてまだけっこうぼんやりしていますね。
水温は表層がちょっと上がったかな、水中は17℃台です。

個人的にここのところ毎回装備が違っています。
古いドライ→昨日はウェットスーツ→今日は今シーズン導入の新しいドライスーツ

寒さ具合は、案外どれも似たような感じ。
飛び込んだ直後は顔が冷たく感じて、すぐそのことを忘れて、30分くらいたつと薄ら寒さを感じるという点でどれも一緒。
いまいち、着るものを変えている面白みがないですね(^_^;)

さてさて、来月(2日間のみ)開放予定の「はさみ島沖」
ダイナミックだけど水深もそれなりにあるポイントが多い小下田にあるのですが、ここ8〜15mあたりがいい感じです。

根(大きな岩など)が乱立していてその間が迷路のようです。
オーバーハングやのぞける穴がいっぱい。
そして、なんと言っても ソフトコーラルがきれいぴかぴか(新しい)

140520toi1.jpg


140520toi3.jpg

スズメダイやタカベの子の群れなどがやってきたり。

水深も深くなく、(今日は)潮も流れないのでのんびり潜れます。
そんな地形をくるくる巡るのは理屈抜きに楽しいかも。

140520toi2.jpg

またゆっくり潜りたい場所です。

posted by iwashi at 17:09| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

5/15(木) 土肥ボート

● 天気:曇り
● 気温:最高気温 20℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:北東〜南西 
● 透明度:4〜10m 
● 潮流:中
● 海況:良好 水面サザ波の場所も

------------------------------
1.鷹ノ巣
2.清藤沖


今日は土肥101のこれから開放されるポイントの準備作業のお手伝いで潜ってきました。

朝から北東の風ビュービューですが、西海岸は基本的に良い凪です。
でも北東が強すぎると風通しの良い土肥の一部では海面がさざ波が立つ場所もあります。

それでも問題なく潜ることができました。

ここのところ続いている春?濁りはまだ続いていますねぇ。
この濁り、うれしくはないけど季節ものなので仕方ないし、養分いっぱいなわけなのでにぎやかな海になる準備ということでダイバーとしては受け入れましょう。

そういえば、3日ほど前にサク根(土肥のダイナミック系看板ポイントのひとつ)にごくさらっと潜りました。
地元漁師さんが仕掛けたエビ網が引っかかったので回収するためでした。

濁っていて近くしか見えませんでしたが、それでも魚はいっぱい、さすがサク根という感じでした。
でも回収する網にはてこずりました。
ゲージやダイコンのベルトがすぐに網に絡まるのです。
アブナイアブナイ。
みなさんもダイビング中にもしエビ網、刺し網などがあっても近寄らないようにしましょうね (^_-)

話はそれましたが
潜ったのはまずは「鷹ノ巣」
恋人岬がある小下田地区にある期間限定ポイントです。
ここの特徴はケーブ、トンネルなど複雑な地形です。

140515toi1.jpg

ホールになっている大きな穴もあったりして面白い場所です。
9月まで開放となります。

140515toi2.jpg

その次は清藤(せいとう)沖
今週末の2日間だけ開放されるレアなポイントです。
潮の流れもあって透明度もいくらかよかったです。

140515toi3.jpg

ブイとガイドロープ設置をネコの手程度お手伝いしてきたので見て回ったわけじゃありませんが
ここでは以前にもカメやワラサ群れ、トビエイ群れが出たりと意外性いっぱいの場所です。
posted by iwashi at 16:05| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

4/30(水) 土肥ボート

● 天気:雨ときどき曇り
● 気温:最高気温 19℃
● 水温:16〜17℃
● 風向:南西 
● 透明度:6〜10m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:多少うねり

------------------------------
1.はさみ島のあたり
2.清 藤


今日は土肥のダイビングサービスの「THE101」のイベントのためのポイント調査に(101のガイドさんお2人、土肥のショップhawa's worksのフジムラ君と自分で)潜ってまいりました。

土肥101のイベント「2/365」の情報はこちら
http://www.the101.co.jp/event/2365-14/

あいにくの天気で雲が低くたれこめ、雨(予報ほどは降らなかったけど)も降ったりやんだりの中のダイビングでしたがいつも潜らない場所に潜れることはやっぱりいいもので楽しく調査してまいりました。

こんな天気でしたが思いのほか透明度も悪くなく、水温は16℃台〜17℃になろうかといったあたり。

まず潜ったはさみ島の近く。
巨岩がぼこぼこ複雑に乱立していたり、ソフトコーラルがびっしりだったり。
魚影が濃くなる季節はさらに楽しみ。

140430toi4.jpg

2本目は、昨年もこの「2/365」イベントでも潜った「清藤(せいとう)」
落ち込みあたりの魚群は健在、まだ時期的にイサキやタカベは見ませんでしたが、ネンブツダイやスズメダイはすごい群れで。
なんでも群れはいいです!

潮の通しはよく魚種豊富、下の砂地は白っぽく明るい感じ。地形的に潜りやすい場所です。

140430toi3.jpg

そして、季節的には突入したと思われるトビエイ、
あっちに飛んでこっちに飛んで。
砂地で休息中のも何匹もいました。
ここは意外とトビエイの場所だったんですね。

140430toi2.jpg

今回は見なかったけどウミガメもよく見られるし意外性もあります。

ここは5月17,18日(のみ)開放予定、お勧めですよexclamation×2

posted by iwashi at 13:28| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

3/2(日) 土肥ボート

● 天気:雨
● 気温:最高気温 10℃
● 水温:14℃
● 風向:北東 
● 透明度:5〜10m
● 潮流:弱〜中
● 海況:場所により水面バシャ

------------------------------
1.八木沢沖漁礁
2.飛島沖


今日のゲストは初イワシダイバーズのNさん。
昨年からメールでやりとりしていて今日初めて来ていただくことができました。

なのに
冷たい雨と北東からの強風、
しかもメールじゃわからないガイドこまつのパッとしないおやじっぷり…
ガッカリされたらごめんなさい。

西伊豆なので北東を含む東よりの風は見方のはずなのですが、あまり強く吹くと「八木沢沖漁礁」付近に限っては山のあいだから吹き抜ける風も影響を受けることがあります。

そんなわけで水面はバシャついていました。
でも大きな波にはなっていないので問題なく限定ポイント「八木沢沖漁礁」に潜ることができました(^^)

春濁りが心配されましたが上から下まで10m前後(もっとあるかな)の透明度。
色とりどり&豊富なソフトコーラルとネンブツダイの超大群、キンメモドキなどの魚群は相変わらず。
巨大なクエも現れてビックリでした。

太陽の光が無い今日でしたがさすがの沖漁礁、素晴らしい光景でした。

今シーズンは3月20日まで開放されますのでリクエストもどうぞ!

2本目は冬場はめったに行くことの無い小下田地区の飛島沖!

北東の風がビュービュー吹ていてもここはベタ凪、
何も寒い冬に遠いポイントに行かなくても、と思いますが行ける海況だとついオススメしちゃうんですよね(^_^;)

ポリタンクにお湯を入れて今年はじめての小下田。
飛島沖に到着すると海の色が「??」
あまり透明度が良く無さそう。
飛び込むと案の定濁ってる…

でも7mも潜るとニゴニゴの層は抜けます。

ハイシーズンに見られるような超魚群はさすがに見られませんでしたが。イサキやタカベ、キンギョハナダイなどの群れを見ることができました。

本日のNさん、
沖漁礁のソフトコーラルと魚影もよかったけど、飛島沖のダイナミックな地形が「楽しかった〜」とのこと。

ハイシーズン(6月〜11月あたり)のような魚影の濃さとは行かなくても飛島沖の大きな特徴であるいくつもの巨岩(水深8〜35mの高低差があったり)などダイナミックな地形を楽しんでいただけると
なんかうれしいですね!

140302toi2.jpg

140302toi3.jpg

140302toi4.jpg

140302toi1.jpg
テヅルモヅル 
クモヒトデの仲間で5本の触手があるとか。 いつ見ても妙な生物です。

posted by iwashi at 18:53| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。