2014年12月28日

12/28(日) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 12℃
● 水温:16℃
● 風向:南西 
● 透明度: 白崎10〜12m フトネ15〜20m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.白 崎
2.フトネ


とりわけ今年の12月としては貴重な凪の日になった今年最後の日曜日
おそらく潜り納めになるだろうダイビングでした。

今年もいっぱいお世話になった田子。
外海と湾内、いろんなダイビングができるありがたい海です。

今日はまず湾内の白崎へ

浮遊物があるものの透明度は良好。
ここの地形をいまさらながら「こうなんていたのね」
視界が良いときに潜るのはこんなこともあります。

1228tago1.jpg

エダサンゴ群生にはまだ南の魚たちもがんばっています。
トノサマダイやトゲチョウチョウウオ、こんな水温になっていますが成長して来ています。

1228tago2.jpg
「がんばれ〜!」

1228tago3.jpg


2本目は外海のフトネ。

冬は季節風の影響で西伊豆は外海に行ける機会は多くはありません。
そんなわけで真冬のフトネはどうなっているのかいつも気になっていました。

フトネの本体周辺(シーズン中はあんなに魚がグッチャリですが)はさすがに魚は減っていますが、
深場のハナダイたちの楽園はあいかわらずの賑やかさ。
おまけに透明度がスコーンと抜けて素晴らしい景観です!

1228tago4.jpg

サクラダイやナガハナダイ、シロオビハナダイなどなんときれいな魚たちでしょうぴかぴか(新しい)

1228tago6.jpg
サクラダイとナガハナダイ

レアとも言われるシロオビハナダイもこの秋はなかなかの確率で会うことができました。
もっとも気軽に行けますと言える水深でもないかもしれませんが…

1228tago5.jpg


これからしばらくの時期、コンディション的に(潜る機会もグッと減ることもありますが)
静かな湾内でゆっくりじっくりのダイビングが主になると思います。
でもチャンスがあれば外海がどんな感じになっているか見に行きたいものです。


posted by iwashi at 20:18| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

12/19(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 9℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:北〜東 
● 透明度: 10〜20m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


一昨日から昨日にかけて爆弾低気圧のために吹きまくった西風。
当然、西伊豆の海は大荒れでした。

せっかくきれいだった海も波で巻き上がった岸や浅場の砂や泥のためすっかり白っぽくなったようで(+_+)

でも、沖合のポイントに行けばきれいな水はあるかな?
風も止んでほぼ静か(うねりは多少残ったけど)になった外海に行くことができました。
天気もよくて対岸の富士山から南アルプスまでドーンと見えます。

冬の西伊豆ならではの絶景ですねるんるん

141219akitago1jpg
akinoshima

フトネに飛び込んで下を見るとさすがに真っ白。
あまり見えません。
でもロープ伝いに潜降してみると徐々に見え始め、根頭付近では10mくらい見えます。

もっと潜ると「おお、きれい!」

深い場所の砂地もよく見えて抜群の透明度。

カメラも青く写ることで知られるO社の「水中モード」にしなくても青〜く写る海です!

141219tago1jpg

深いエリアも明るく透明でいつまでもそこにいたいくらい。
でもそうもゆかないのがこのエリア。
だから飽きないのでしょうね(笑)

サクラダイの群れやナガハナダイ、スジハナダイたちハナダイたちの楽園。
イサキやスズメダイも群れています。

レアと思われていたシロオビハナダイもあっちに1匹、こっちに1匹。
実にきれいなハナダイです。

141219akitago2jpg
シロオビハナダイ akinoshima

この時期としてはフトネに行けるコンディションもやや貴重。

本日のA君もウェットスーツでしたが満足そう。おまけに「寒くなかったっすよ」

2本目は湾内の白崎。
前日はニゴニゴだった様子。

期待せずにエントリー。
こちらも少し潜降するときれいです。
いい場所は15mくらい見えます。

A君、最近導入のカメラTG-3の顕微鏡モード(小さいものを拡大して撮れるモード)も試したいようなのでウミウシ探し。

オオモンウミウシや5mmくらいのセトリュウグウウミウシや大小数個体いたピカチュウ、イガグリウミウシやクロスジリュウグウウミウシなど私たちでも見えるウミウシがどんどん見つかって「宝探し」のようで楽しいこと。

141219akitago3jpg
akinoshima

141219akitago4jpg顕微鏡モードでピカチュウの口まで撮れましたね akinoshima

141219tago2jpg
クロスジリュウグウウミウシ

141219akitago5jpgお花みたいなニホンアワサンゴ akinoshima


141219tago3jpg


朝の気温は0℃、
洗い場には結構厚い氷がはっていたりと冬真っ盛りではありましたが、潜りだしてしまえば(ずっと海は貸し切り状態だったし)すっごい楽しい今日のダイビングでしたexclamation×2



猫店長さんにも逢えましたるんるん
141219tago4jpg


141219tago5jpg
posted by iwashi at 22:11| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

12/10(水) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 13℃
● 水温:16〜17℃
● 風向:北東 
● 透明度: フトネ20〜m 白崎10〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


今日も田子でした。

なぜならば、この時期として貴重とも言える北東の風で凪だから!
それから、透明度バッチリで楽しい海だから!

いいときはやっぱり潜りたくなりまするんるん


まずはフトネ、
あいかわらず20mは楽に見える透明度。
いつもの遊び場に行くと、「おやっ」

サクラダイのオスが群れているじゃありませんか。

オスが数十匹以上で(水底で)集合しているのを見るのは10月下旬以来かも。

てっきりシーズンに寄るものですでに終わっていたのかと思った(^^;)

潮の流れ方、水温、潮回りなどいろんな要因があるのでしょうね。




141210tago1.jpg

141210tago2.jpg


抜群の透明度なので地形も楽しいし、深いエリアならではのナガハナダイ、スジハナダイ、シロオビハナダイなども見ることができました。

今日は浅い根頭付近でもキンギョハナダイは大群になっていたし、タカベの群れもいい感じでした!

真冬になるとキンギョハナダイを始め魚たちの多くは下の方に移動するらしいのですが、この冬は確かめたいものです。

2本目はこれまた透明度バッチリの白崎。

湾内の白崎でとても遠くまで見渡せるコンディションは潜らない訳に行かないのでフトネ2本じゃなく白崎も潜りたいですね。

決して得意とは言えない(と言うかかなりヘッポコ)小さい生物探しもしてみます。

きのう見つけたと情報のあったオオモン?カエルアンコウ、
141210tago3.jpg

なんとか見つかったピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)
141210tago4.jpg


でも、今日のように浅くて明るいコンディションのエダサンゴ群生地帯はずっといても楽しいです!
141210tago7.jpg

ソラスズメダイや南の魚であるトノサマダイやトゲチョウチョウウオ、ミツボシクロスズメダイ、クマノミなど。
水温16〜17℃、まだがんばっています。
そんな光景だけ見ていたら珊瑚礁の海ですね(^^;)

141210tago6.jpg

141210tago5.jpg


西伊豆の外海が貴重な凪も明日からしばらくないのかな。
でもまた凪になったら潜りたい海です。
posted by iwashi at 18:48| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

12/9(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 13℃
● 水温:16〜17℃!
● 風向:北東 
● 透明度: フトネ15〜20m 白崎10〜15m 
● 潮流:中〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


冬になって、しかも西風ビュービューでちょっと日が空いてしまった海。
(これからの季節はもっともっとも〜っとヒマになって空きますけどね(^^;)

今日は朝から良い天気、おまけに海も良い凪。
冬としては貴重な日ですね。

141209tago1.jpg

つい10日前くらいには水温が20℃以上になっていた伊豆の海。
でも下がるときはあっさり下がるもので今日は16℃〜17℃。

でもきのうまでは15℃ってこともあったようなのでまだマシ!?

そのぶん、冬の伊豆らしいクリアな海になっています。
外海も湾内もずいぶん向こうまで見えて気持ちいいです!

フトネは本体周辺のキンギョハナダイが超大群となる季節は落ち着いたようで、そのぶんキンギョハナダイは深場に群れています。

深場に行っても抜群の透明度と快晴の天気のおかげで明るいです。

サクラダイ、スジハナダイがあいかわらずの乱舞!
地形も視界がいいので迫力満点ですね。

141209tago7.jpg

湾内の白崎も透明度良好。
白崎じゃないくらい見えていて不思議な気分です。

見る人が見れば何匹もいるとか言うピカチュウは少し探してみますがなんの成果も無いままあっというまに挫折・・
まあ、アタシはこんなものです(^_-)

141209tago8.jpg

141209tago9.jpg
キカモヨウウミウシ

それでも、他の生物が見えて来たり宝探しみたいで楽しいダイビング。
後半はエダサンゴでたっぷり遊んできました!

141209tago5.jpg

141209tago2.jpg
コケギンポ、気の強い奴でした(笑)

141209tago4.jpg

141209tago3.jpg
南国の魚、トノサマダイ。エダサンゴでがんばっています。

さすがに、ドライスーツやウェットでも厚いスーツがないと厳しい水温ですが、クリアな冬らしい海です。


141209tago6.jpg
漁船がタカアシガニをいっぱい水揚げしていました。
posted by iwashi at 17:51| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

11/27(木) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 15℃
● 水温:20〜21℃!
● 風向:南東〜西 
● 透明度: 〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.白 崎

11月も下旬、
多くのウェットスーツ派の方の伊豆ダイビングシーズンも終わったかなという頃に接近して来た黒潮。


伊豆の南端にあるDSのガイドさんに
「船が出るなら教えてね」と伝えてあったこともあって連絡のあった今朝。

急遽出船が決まったとのこと。

ウワッ、いくらなんでも今からじゃ無理(>_<)
さすがに断念...

こんな天気がいいのに、室内仕事かぁ。。
(ってほどじゃないけど気乗りしない仕事はそれなりにやることはあるわけで)

などとガッカリしていたら、電話が鳴って別のお誘いが。

「田子湾内でタチウオ捜索でもしませんか?」

これなら間に合うグッド(上向き矢印)

ということで行ってまいりました。

9月だったかに夜間のタチウオの捕食行動の動画撮影に来られていたカメラマンの方達がいて、サポートとかって名目をいただいて潜ったのですが、透明度が悪くてあまりいい映像が撮れなかったとか。

暗い夜の海の大深度潜水はなかなかしびれましたけどね(笑)

田子は湾内と言っても水深は浅くなく白崎の沖で水深35〜40mの場所が広くあります。

昼間のタチウオはそのあたりに棲んでいるはず。
(夜は浅場に上がってくるはず、だったですが。)

普通にはしないタイプのダイビングではありますね(^^;)

さて、
潜って行くと深場に行くほどニゴニゴに。
と思ったらいきなり抜けてクリアで青い世界に。透明度15m以上。
少し進むとまたニゴニゴ。
なんだかその繰り返し。

水底が泥っぽい砂地なので巻き上がるとすぐ透明度は激落ちします。
途中、トビエイやアカエイがパタパタして部分的に濁らせていたので
「ニゴニゴエリアはみんなあいつらが濁らせてた?」

本当の原因はわかりませんが、きれいな場所はすごくきれいでちょっと感動ぴかぴか(新しい)

目的のタチウオはいませんでしたが、イワシの群れ、イナダの群れ、マアジ群れ、マトウダイもなぜか10匹くらいの群れで。
透明度が良いため広々としたそのエリアの光景、いつもと違う場所に見えました。


戻って浅場も光が差し込み実にきれい!
白崎でこんなにきれいなんてありがたいかぎり。

ピカチュウやクロホシフエダイ群れ、ウミトサカの見事な群生、トゲチョウチョウウオの子やコケギンポなど。


透明度バッチリexclamation
水温は20℃超えexclamation×2


141127tago1.jpg

141127tago2.jpg

141127tago3.jpg

141127tago4.jpg
TG-3の「顕微鏡モード」練習中



最高のコンディションでしたるんるん
posted by iwashi at 18:53| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

11/25(火) 田子ボート

● 天気:雨
● 最高気温 15℃
● 水温:〜℃!
● 風向:北東 
● 透明度: 12〜15m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ

水温上がって、透明度も上がった昨日、
せっかくコンディションが上がったことだし雨にもかかわらず調査に行って来ました(^^;)

ゲストをお連れしてはまず行かないエリアも調査。(そんな場所の調査に何の意味があるのかわかりませんが)
そんな場所ではとりわけ報告するような発見はありませんでしたが、普段見ることの無い場所の景色を見るのは至上の喜びなので個人的に満足!

さて、上がったはずの水温はグッと下がりましたが、水深が違うので仕方なし。

天気がワルいので暗めでしたが透明度は良好で地形も見渡せて地図作製のためと潜るDC社長の仕事もはかどっているご様子。

このところ集まりが良くなかったサクラダイのオスも多少中層ながらけっこう集まっていました。

サクラダイの大集団の他、ナガハナダイ、スジハナダイ、シロオビハナダイなどハナダイの楽園を堪能して来ましたるんるん

141125tago.JPG

141125tago2.JPG
posted by iwashi at 10:18| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

11/22(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 19℃
● 水温:18〜℃
● 風向:東 
● 透明度: 15〜20m 
● 潮流:弱〜
● 海況:べた凪

------------------------------
1.フトネ

今日は3連休の1日目、繁忙期!?
いえいえ、今日のところはヒマなのでゲスト無しでサクッと1本潜って来ました。

そんなことで大丈夫か?イワシダイバーズ!
ハイ大丈夫です、多分。
20年このかたこんな感じで食うや食わずでも不思議と生きてますからわーい(嬉しい顔)


下見ダイビングに行くと言うと、何人かの知り合いが「今日も深く行くの?」と聞くのですが、なんでそんなことを聞くのでしょうね。

天気もいいので明るいであろうフトネの根頭付近を存分に巡る計画でエントリー。
「今日は深く行かないぞ、今日は深く行かないぞ」呪文のように自分に言い聞かせながらバックロールでドボーンあせあせ(飛び散る汗)

うわ、根頭の全容が見渡せる透明度!

141122tago2.jpg

船に同乗させていただいた田子DCの社長と常連さんチームはどんどんいつものエリアに向かうのが見えます。
透明度が良いのでかなり遠くまで行っても見えています。

「じゃあ、ボクもちょっとだけるんるん

当初の計画はあっさり崩れていつものエリアへ(^^;)

サクラダイのオスの集結はやっぱり見かけませんでしたが、メスの大群、ダイナミックな地形、色とりどりのソフトコーラル群。それから長くはいられないというちょっとした緊張感。

ワラサの大群も出現とか。

フトネの浅い本体周辺に戻ってキンギョハナダイ、スズメダイ、タカベの大群にうっとり。
透明度が良いためなのかどうか(写真にはややなりにくい)密集はあまりしない群れでしたが、目で見る分には十二分に素晴らしい光景ですexclamation

141122tago3.jpg

141122tago1.jpg

エキジット後はDCの常連HさんMさんも自分たちも笑顔いっぱい。
ほぼ年間を通して潜っているといろんなコンディションがあって良いときに当たると喜びが倍増です。

レアものや人気者もいいけど、こういうのがたまらないんですよね!
明日、明後日もこんな海でいてくださいねexclamation×2

posted by iwashi at 14:35| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

11/20(木) 田子ボート

● 天気:曇りんのち雨
● 最高気温 14℃
● 水温:18〜19℃
● 風向:北東 
● 透明度: 12〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日は天気予報が言っていたとおりの寒い日でした。
昼くらいからは雨も降りだしました。

でも海は凪だし、透明度も良好。
晴れていれば海の中はさらにきれいだったことでしょう。

今日もなんだかんだ言ってフトネの深いエリアへ。

9〜10月にしばしば見られた「サクラダイのオス大集結」はやはり季節的に終わった感じですね。

いつも通りのマニアにのみ受ける(^^;) あのエリアの光景と言えますね(笑)
サクラダイのメスの乱舞やその中に混じるスジハナダイやナガハナダイ。
ナンヨウキサンゴや腔腸類のカラフルな景色。
個人的な心情を明かすと「やめられませんねぇ」ってとこ・・

なぜかフトネ本体で減ったかに思えたイサキは大群、ワラサも数十の群れで。
珍しいシロオビハナダイはちょっと禁断の水深ながら(今日は1匹見たのみ)元気に泳いでいました。

141120tago1.jpg
シロオビハナダイ 

そして、やっぱり水が良くなって来たら良く映えるのは根頭付近のキンギョハナダイ大群。
一時の爆発的な密集度はやや緩んだ感はありますがまだ十分多いかもるんるん

141120tago2.jpg

大きめのワラサが数匹それらの魚たちを狙っていたため時折ギューッと固まるときはすごい密集度とスピード感。

141120tago4.jpg

根頭に陣取ってそれのみ狙って待ってもいいと思います(^_-)

青い水中にキンギョハナダイのオレンジ、中層に群れるタカベのシルバー&イエロー。
やっぱりいいですね!

週末は気温も上がる予報。
ありがたいことですわーい(嬉しい顔)

あとは風向きもよろしく!
posted by iwashi at 18:18| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

11/15(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 19℃
● 水温:19〜℃
● 風向:西 
● 透明度: 4〜6m 
● 潮流:弱〜
● 海況:外海は時化 湾内は少し波

------------------------------
1.白 崎
2.白 崎


今日も西の風が吹いて外海はザブザブ。

外海系の予定をしていましたが断念して田子の湾内でのんびり潜って来ました。

水温は20℃を切っていますが、ゲストの方も自分もウェットスーツで元気に潜りました。
自分はフードベスト、5mmブーツでしたがゲストSさんは5mmワンピのみってほんとうに大丈夫なんですか!?

141115tago2.jpg

「水中は寒くないワ!」

こんな西風がピューピュー吹いて、冬の様相の日なのにスゴイ(^^;)

さて、白崎、
他のダイバーはピカチュウを始めたくさんのウミウシを次々に見つけて楽しそうに話す声が耳に入って来ますが、そのウミウシの大きさは3mmとか5mmとか。

僕にはサッパリ見えて来ませんもうやだ〜(悲しい顔)

2cm以上の生物から見えてくる感じです。
なんだか落ちこぼれの気分。

141115tago3.jpg
これは小さくないありがたーいピカチュウ

もっとも今日のメンバーさんも数ミリの小さい生物は見えないようでしたが(苦笑)

141115tago1.jpg
イガグリウミウシ

141115tago4.jpg
コモンウミウシ

透明度もさすがに良いとは言えませんでしたがこんな宝探し的ダイビングではそれほど気にはなりません。

それでも、外海に行きたいし、晩秋の伊豆らしいクリアな海が待ち遠しいなexclamation

141115tago5.jpg
posted by iwashi at 19:39| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

11/10(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 23℃
● 水温:20〜℃
● 風向:東〜北東 
● 透明度: 8〜12m 
● 潮流:弱〜
● 海況:べた凪

------------------------------
1.フト根
2.白 崎


昨日の夕方から降り始めた雨も朝にはあがっていて気持ちいい青空が広がっていました。

海も東よりの風でべた凪!

フトネ、そして久しぶりに白崎で潜って来ました。
べた凪だと外海のフトネばかりになってしまう傾向にありますが、そこをあえて白崎、意外にも水はまずまずきれいでゆっくり楽しむことができました。

教えてもらった極小ピカチュウ。とっても可愛い!
ちょっと体の中まで透けて見えてます。
5mm程度かな。目はRo眼で不確か、丹念さもそうとう足りない自分には多分自力では見つけられないでしょう(^^;)

141110tago4.jpg

湾内らしくのんびり潜ることができます。
ウミトサカはちょっとしおれ気味ですが、色合いはきれいなのでとりあえず写真を撮ります。
141110tago5.jpg

エダサンゴ群生には
トノサマダイやスミツキトノサマダイの子たちが出たり入ったりでこれまた可愛い!

親は黒っぽいのに子供は黄色と黒で目立つ模様のヒレナガスズメダイの幼魚がいました。
自分的には珍しかったのでしばらく観察していました。
141110tago6.jpg

こういうダイビングもやっぱり楽しいですねるんるん

順序が前後しましたが1本目のフトネ。
相変わらずの賑やかさexclamation

フトネ本体のキンギョハナダイは今日も見事な大群。
カンパチが1匹うろついていて時折突っ込むので「ドーン」と群れが固まります。

深場もチェックに行きました。

サクラダイのオスは旬が過ぎたのか過ぎないのか。。
やや控えめでしたがちょっとした集団は見ることができました。

141110tago1.jpg

とは言っても、サクラダイのメスは凄い数で舞っています。
(混じるナガハナダイが少し違う色でアクセントになっていますね)
141110tago3.jpg


下の写真にはシロオビハナダイが(やや後ろ姿ながら)写っていました。
実は撮っているときには気がつきませんでした(^^;)

141110tago2.jpg


明日も(チェックダイブで)魅惑の花園へ出動かな…ダッシュ(走り出すさま)
posted by iwashi at 18:59| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

11/7(金) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 最高気温 20℃
● 水温:19〜20℃
● 風向:南〜南東 
● 透明度: 7〜12m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日は田子の例の場所(ちょっとばかり深いエリア)のファンで常連のAくんとマンツーマンでフトネへ2本。

ウチとしてはマンツーマンではあるのですが、なぜか田子のDCの娘と父ちゃんも好き勝手に潜るとかで乗船。おまけに兄ちゃんがボートの操船。Y田一家総出(さすがにお母さんはいないけど)で海に出ちゃっていいワケですか(笑)

さて、やや白濁気味のフトネですが、とくに気にもならずに魅惑の花園に向かいます。

水温は20℃(深場はそれを切る)くらい。フードベストやちょっと厚めのグローブ、陸上で冷やさないことなどちゃんと装備をしていればまだ大丈夫ですね。

1本目は潮がゆっくりと流れていました。
「どうかな?」と思っていたサクラダイのオスの集会はなぜか見られず。
やっぱりあの大集合はそういうシーズンだったのかな?
(2本目には5〜8匹くらいの小集団が数カ所で見られましたが)

どのくらいのシーズンまで見られるシーなのか引き続き観察を続けなきゃですね。

141107tago1.jpg

それならそれでも楽しいエリア。
中層でのサクラダイのメス8割+オス2割くらいのすごい大群とそこに混じるナガハナダイやスジハナダイの乱舞乱舞
岩肌を覆う腔腸動物やソフトコーラル群をライトで照らすとさまざまな色が浮かび上がって来ますぴかぴか(新しい)

これこれ!
こういうシーンが楽しくて通うんです。

141107tago3.jpg

しばらく「サクラダイのオスの大集団」にこだわってしばらく探さなかったシロオビハナダイ。
今日は久しぶりに探したらオス2匹、メス1匹発見。
本当にきれいなハナダイですが、写真にはなかなか撮れません(^^;)

フトネの浅場に戻るとあいかわらずのキンギョハナダイ乱舞。
タカベやイサキもその外側で結構な群れに。

141107tago4.jpg

141107tago2.jpg

今日も群れ群れ満喫でしたexclamation



帰り道はリクエストで猫ネコ店長に会いに寄って来ましたるんるん

141107tago5.jpg
posted by iwashi at 18:17| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

10/29(水) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 22℃
● 水温:19〜21℃
● 風向:北東 
● 透明度: 6〜12m
 
● 潮流:中
● 海況:良好
------------------------------
1.フトネ


141029tago1.jpg

今日は新しくなったデジカメの撮影&耐圧テスト?ために田子に行って来ました。

デジカメなどは仕事道具とも言えるし、ややおもちゃとも言えなくもないし、購入に際してお家に対しては50%以上のやましさがあるでしょうか(^^;)

コソコソやっているのですが、スパイもいてなかなか隠密裏に進められなく困ります。

夏頃にハウジングを買って、最近やっとカメラを買うことができました。

機種は今評判のオリンパスTG-3。
あまりに多くの人が持っているので「ちょっと抵抗あるな」って気持ちもあったのですが、先に買ったハウジングもあるのでそのまま実行です。

このカメラ、ハウジングに入れなくても、水深15mまで防水機能。
これならちょっとくらい水没してもカメラ本体は壊れないで済みそう。
ガサツな自分には魅力的です。

さてさて、今日のフトネ。
白っぽさははあいかわらず。
でも、キンギョハナダイなどの大群は凄まじい!

でもそのあたりはすぐに通過して、新しいカメラの耐圧検査のためにしかるべき場所に向かいます。

それなりに深いエリアは透明度が良くなります。(水温も19℃台になりますが)
中層にはイサキやスズメダイが群れ、サクラダイのメスも凄い数です。

旬は過ぎたかもとも思っていたサクラダイのオスの集合、今日はいい感じでした!

141029tago3.jpg

141029tago2.jpg

その中にナガハナダイも混じってとてもきれいな色合いになります。

新しいカメラの方は、カラフルな被写体を撮るときの設定がまだよくわかりませんね。
撮った写真が明るすぎたり暗すぎたり。

あれやこれやいじくっているときが楽しいんですけどね。

またしばらく遊びのダイビングが増えちゃいそうでするんるん

posted by iwashi at 18:23| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

10/28(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 22℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:北西〜北東 
● 透明度: 6〜15m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:少しバシャ〜ほぼ良好
------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日も青空が広がりました。
でも、朝は意外とバシャついていました。
ナライ(北東の風)かと思っていたのですが、でも問題なく外海に行くことができました(^_^)

141028tago1.jpg

今日はフトネ本体の魚群×2を楽しんできました。

深場に行かなくても十二分に楽しめるフトネです!
まるで自分に言い聞かせているようですねるんるん

浅いエリアは濁り気味。
水深25mより下は上から見てもかなりきれいそう。

キンギョハナダイの大群はあいかわらず、スズメダイ、イサキ、タカベの大群も層になっています。
マダイやカンパチ軍団が狙っているので何度もバサーッと固まります。

141028tago3.jpg

141028tago4.jpg

141028tago5.jpg

そのシーンを見逃さないように待ちますが魚もこっちの事情にかまっている訳にはゆきません。

でも、その瞬間は目が回るようなスピードで目の前がオレンジ8割、銀色2割の壁になって動きます。

さすがに陸上の気温は下がっていますが、準備さえしていれば楽しいシーズン、魚群いっぱいとても賑やかな伊豆の海を楽しめます。

141028tago2.jpg
posted by iwashi at 18:41| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

10/25(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 24℃
● 水温:21〜22℃
● 風向:北東 
● 透明度: 12〜15m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日も気持ち良く晴れました!

海も北東の風なので西伊豆の海は良い凪です。

今日は久しぶりのドライスーツなのでゆっくりダイビングからスタートの方とサクラダイの園リクエストの方御2人、それぞれのペースで潜って来ました。

田子は「サンマ祭り」で大賑わい。
イベントの威力かサンマそのものの威力かたくさんのダイバーが来ていました(笑)

ゆっくりダイビングスタートのサカエたちは白崎、フトネ、
自分たちはフトネ×2本。

フトネは透明度良好! 魚もいっぱい、(ダイバーもいっぱい)
でも1本目は貸し切りでちょっぴり深いエリアに。

旬は終わったのかと思っていたサクラダイのオスたち、
集合していました!

141025hina2.jpg
Photo by Hina Matsuda

141025tago1.jpg

メスたちもそこらじゅうですごい群れ、ナガハナダイも混じって竜宮城のようです(^_^)


2本目はフトネの浅いエリアで目一杯遊んできました!

キンギョハナダイ大群はいつもながら、タカベやイサキ、スズメダイも大群で「群れ群れ遊び」を心行くまで堪能することができましたexclamation

141025tago4.jpg

141025tago5.jpg

141025tago6.jpg

141025tago3.jpg

141025tago2.jpg



posted by iwashi at 18:47| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

10/19(日) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 24℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:北東 
● 透明度: 5〜15m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日も良い天気、良い凪の1日でした。

秋になってさらに楽しいフトネ(上から下まで)に行って来ました。

浅場は濁っています。
1本目は浅場というより水深25mくらいまで透明度がイマイチ。
でも時間とともにきれいな層があがってきました。

透明度はイマイチでも魚影の濃さはすごいものがあります。
キンギョハナダイはもちろん今日もスゴいですがその向こうに行けばイサキやタカベが群れ群れ!
他のダイバーの人たちも今日も「すっごいねぇ!」を連発。

141019tago1.JPG

さて、今日もサクラダイの園へと行って来ました。

先日、突如としてオスの集合はほとんどみられなくなり、中層での求愛のための大ダンス大会になっていたのですが、今日はどうでしょう。

オスの集合でも求愛行動でも見られればうれしいなと思ってそこに向かいます。

下り潮(北から南へと流れる潮)のときに集まるエリアに行くと少ないながらオスが集まっていました。

141019tago3.JPG
ぶれていますが、レンテンヤッコがとても目立ちますね。

メスはあいかわらずの数、ナガハナダイやスジハナダイも混じります。

そのあたりは透明度も良く、色とりどりのソフトコーラルとハナダイたち。

141019tago2.JPG
サクラダイの雌雄。
体が大きく、白い桜の花びらのような模様が入るオスと、それよりふた回りくらい小さく背びれに黒い斑紋があるメス。



動画 ↓






帰りにはまたもリクエストでネコ店長猫訪問。

141016tago1.jpg

141016tago2.jpg

近所の女の子が子猫ショコラを連れて来ていました。

141019tago5.JPG

店長猫、アイドルの座が危ういと思ったのか微妙な表情なのが笑えました(^_^)

141019tago4.JPG

posted by iwashi at 20:22| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

10/12(日) 田子ボート

● 天気:曇りときどき晴れ
● 最高気温 24℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:北東 
● 透明度: 5〜10m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:うねりあり

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


心配な台風19号はゆっくりと北上中でますますうねりを届けてきます。

この週末は毎朝海がどうなっているのか見るまでダイビング可能かどうかわからない日々です。
今日はきのうからの常連さんのKくん、Kちゃんのお2人。
潜るのに適していなければ観光や温泉の日でいいし、ということでイワシハウスに滞在中です。

東伊豆も南伊豆も他の西伊豆のエリアの多くもクローズになって田子は今日も賑わっています。

141012tago7.jpg

前日に田子DSに連絡して、朝早いスタートで混雑をかわそう作戦で行ってきました。

おかげでまだ思いのほかひどくない海況(海の中もおもったほど揺れていないし)の外海フトネ、
2本目はうまいことタイミングがずれてあまり混雑も無かった湾内の白崎で潜って本日のダイビングが終了したのは午前11時(^_^)

こんな状況でもフトネに行けちゃって、もちろんダイビング中は最初から最後までフトネ貸し切りでした。

141012tago2.jpg

あの魚群を完全に貸し切り、目の前がオレンジ色に染まるようなキンギョハナダイの大群、降り注ぐタカベ大群、波長の長いうねりに逆らわず身を任せてゆりかごのように漂いながら群れに存分に包まれてきました!!

141012tago4.jpg

141012tago3.jpg

141012tago1.jpg

その後は揺れや船酔いに強くてダイビングも上級者限定でフトネに行かなくもないって感じだったかもしれませんが、ウチは早々に引き上げてお昼ご飯に行ってしまったのでよくわかりません。

湾内の白崎もひたすらのんびり、ソフトコーラルやエダサンゴ群生でゆっくり遊んできました。

141012tago5.jpg

141012tago6.jpg

エダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)の上にはソラスズメダイが群れているし、サンゴの中にはトノサマダイやヤリカタギの赤ちゃんが出たり入ったり。


天気も崩れず、普通に楽しんじゃった田子ダイビングでした。


※でも、明日の13日、あさっての14日はダイビングは無しということにしました。
posted by iwashi at 17:05| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

10/11(土) 田子ボート

● 天気:曇りときどき晴れ
● 最高気温 24℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:北東 
● 透明度: 5〜10m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:うねりややあり

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


10月の3連休、大型の強い台風の影響を受けています。

西伊豆には昨日から本格的にうねりがやってきてクローズの場所も多くなっています。

そんなときの強い味方は湾内ポイントもある田子ですね。
予想通り多くのダイバーが田子にやってきていました。

風は北東なので海面に風波はほとんどありません。

それでもきのうがあれだけうねりが大きくなっていたし
と思いましたが、なぜか、昨日よりうねりの影響が少ないような。
行けるね〜 なんて話しながら飛び込んだ外海のフトネ。

1本目なんて、根頭にいてもそれほど大きく揺られず、台風接近とは思えない程度。
(2本目には多少揺られましたがまだそれほどでも。)

表層から数メートルは白く濁った水の層がありましたがその下はもう少し見えています。

きれいとも言えないけど不自由があるほどでもありません。

141011tago2.jpg

141011tago1.jpg

今日もキンギョハナダイの凄い大群、
うねりのせいか壁にビターッと張り付くスズメダイ大群、
中層で玉のようにかたまるタカベの大群とその群れの中にいるカンパチ。

141011tago3.jpg

今日はダイバーが多いフトネでしたが魚も多く十分見応え有りでした!

さあ、明日はどうしたものか...
posted by iwashi at 18:22| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

10/9(木) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 22℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:北東 
● 透明度: 8〜10m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------

1.白 崎
2.フトネ


今日のゲストはトカラツアーとかにもご参加いただいたKさんと奥様。
奥様は2年以上のブランク明けとのことでゆったりダイビングからスタートです。

1本目はご夫婦別のポイントでのダイビング、奥様は静かな白崎、Kさんは外海のフトネ。

フィリピンの東会場を北上中の「猛烈な勢い」の台風19号からのうねりは外海のフトネに行く途中でも磯際にやや見て取れますが、潜っていてもあまり感じない程度でした。

透明度はやや白っぽいけど10mくらい見えていますが雲の厚い天気で水中はやや暗めかな。
水温はまだ23℃前後をキープ、とくに陸上にいるときに体が冷えないようにすればまだまだ快適。

白崎の方は名物エダサンゴ群生とそこのソラスズメダイがい〜っぱいだったとよろこんでいました。
ブランク明けのダイビングもいい感じでスタートイですね。

2本目はみんなでフトネ。
速すぎず遅すぎずの潮流とカンパチ軍団がうろついていたためか、魚影の濃さは見事!

今年はやや少なかったイサキやタカベもガンガン群れているしスズメダイも密集度満点、もちろんキンギョハナダイも超大群。

フトネと言えば深いエリアばかり言っていた誰かさんもフトネ本体ですっかり心洗われた様子(って自分!?)

「すっごい魚の数でほんとビックリした〜!!」
とのご感想でした。

141009tago3.jpg

141009tago5.jpg

141009tago1.jpg

141009tago2.jpg

141009tago4.jpg
posted by iwashi at 18:30| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

10/8(水) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 最高気温 23℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:北東 
● 透明度: 8〜10m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ

2日前に台風18号が通過した東海、関東地方。
とうぜん海は大荒れ、雨も凄く降りました。

こうなると海の中が心配です。
「どろどろニゴニゴになってるのかなぁ?」

1本だけ調査のダイビングに行ってきました。

調査したのは田子フトネの上から下まで(^_-)

船から見る湾内も思ったほど茶色くなくて一安心。

飛び込んだフトネも白っぽさはあるものの決してひどいものではなく少し安心。
10m見えるかどうかでしょうか。このくらいは台風後じゃなくてもよくある程度。

まずは、深いエリアに行ってみます。
相変わらずのサクラダイの数exclamation×2
オスもいっぱい、そんなシーズンは台風後もかわらずのようです。

フトネ本体に戻るとキンギョハナダイの見事な群れ、スズメダイもタカベもいっぱいるんるん

フトネの魚群は健在ですexclamation×2

しかし、
個人的調査で潜ったにもかかわらずカメラのSDカードが不調で写真は撮れませんでしたバッド(下向き矢印)
そのかわりにカメラにくっつけたGoProで撮った動画を載せておきますね。


posted by iwashi at 17:35| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

9/28(日) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:23〜25℃
● 風向:北東 
● 透明度: 10〜15m 
● 潮流:中〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ

昨日同様というかさらに北東の風がビュービュー吹いていました。

東伊豆の各スポットは大荒れのようでたくさんのダイバーがこの風では静かになる西伊豆に来ていました。

東伊豆のダイバーがたくさん来ると別世界のように雰囲気が変わりますね(^_^)
つまり、平均年齢がグーンと下がるようで一気に明るいキャピ度が増す気がします(笑)

さて、海は凪だし、水温も23〜25℃あたりで安定、
フトネの魚群はますますスゴくなっています。

日を浴びる水深のタカベの大群が降る瞬間は「ブラボー!」
と声をかけたくなります(^_^)

キンギョハナダイも秋になって最高潮の群れっぷりになっています。

140928tago1.jpg

140928tago2.jpg

皆様、伊豆の海が良い時期、こんな光景をぜひ見に来てくださいね!



それはそうと、自分的に落ち着かなくさせられていることと言えば
どうやら 魅惑の花園のサクラダイたちが 「旬」
に入っているということでするんるん

機会があるたびに行っている「魅惑の花園」

サクラダイのオスが盛んに群れるようになってきました。

今こそ(ここしばらく?)旬なようで、数十匹のサクラダイが集まる光景が見やすくなっています。

コンデションとしては潮の流れが止まりすぎず速すぎす、南からの潮がGOODと思っていたのですが、北からの潮でもけっこう集まっていました。
それでもやはり条件はやはり限られるので群れる光景を見られるとは限りません。

と、サクラダイについてこんなふうに書いちゃいましたが、多くの皆さんがお察しの通り決して浅いエリアではなく(と言うか深い...)、いわば上級向けなエリアではあります。

でも、日本のほぼ固有種のサクラダイ、オスはハナダイとしてはやや大きなオレンジ色の体に桜の花びらを散らしたような白い斑紋がちりばめられています。
そのオスがソフトコーラルが覆う場所にたくさん集まる美しい光景は"少数のダイバー"ではありますが心をとらえてはなしません。

140928tago4.jpg

140928tago3.jpg

海の中の季節ごとに変化するいろんなシーンを見られることはダイバーの特権ですね!
posted by iwashi at 17:01| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

9/26(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 27℃
● 水温:20〜25℃
● 風向:北東 
● 透明度: 10〜15m 
● 潮流:弱〜強
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


昨日の大荒れの天気から1夜明けて良い天気になりました。
北東の風はそこそこ吹いているようですが西伊豆の海は良い凪です。

今日はリクエストも狙いがはっきりしたフトネ2発です(^_-)

昨日の大雨にも関わらず透明度は上がったような。
1本目はトロトロの潮流でしたが、サクラダイは美しい♂もいい感じに集まってくれました。

140926tago1.jpg

140926tagoaki1.jpg
Photo by akinoshima

140926tago2.jpg


フトネ本体もかな〜りいいい感じでしたよexclamation×2

140926tago5.jpg

カンパチがいて、群れもよくかたまって良く動いて楽しいこと楽しいことexclamation

140926tago4.jpg

2本目はいきなり激流に(^^;)

サクラダイエリアもフトネ本体のキンギョハナダイも潮の流れに翻弄されてかたまれない様子。

140926tago8.jpg

それでも南からの潮に南壁は魚だらけ、
と思ったら後ろで呼ぶ声が!

140926tago6.jpg


140926tago7.jpg


ワラサ大群だ〜!!


140926tagoaki2.jpg
Photo by akinoshima



いや〜、迫力満点、素晴らしい群れでしたるんるん



140926tagoaki3.jpg
Photo by akinoshima


サクラダイの♂の大群に、今日は予想もしていなかったワラサ大群の襲来、
それぞれ最高に楽しいフトネ2本でした!


動画はこちら↓




140926tago3.jpg
posted by iwashi at 20:51| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

9/23(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 26℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東 
● 透明度: 7〜10m 
● 潮流:弱
● 海況:良好 うねりわずかに

------------------------------
1.白 崎
2.フトネ


今日も(まで?)いい天気!
秋らしい最高にさわやかな陽気です。

今日は以前もよくイワシにも来ていただいていたM崎さん、
お仕事などの関係でしばらくぶりのダイビングとのこと。

ブランク明けなので穏やかなポイントから潜りたいとのご希望。

まず白崎から潜ってきました。

ブランクはスキル以外の事柄に影響があったようで、マスクを忘れて来たとか(^^;)
しかも、近眼用強度の度付きマスク。
これはピンチですねあせあせ(飛び散る汗)

とりあえず私のノーマルレンズの予備マスクで潜っていただきます。

「陸上ではさっぱり見えないけど海の中はノーマルマスクでも意外といけたかも」
ちょっとした発見ですね(笑)

140923tago1.jpg

140923tago2.jpg


ソフトコーラルやエダサンゴも楽しんでいたご様子。

2ダイブ目はDSで度付きマスクも借りることができて万全でした。

こうなればフトネの群れ群れもバッチリ楽しめますね!

140923tago3.jpg

キンギョハナダイはあいかわらずの大量大群。
水の青い浅い水深にはタカベの大群がいて近くで見ていると何度もドヒャーッと降って来て 「ブラボー!」 状態。

キンギョハナダイのオレンジにタカベの銀色と黄色。
すごくいいですね!

140923tago5.jpg

140923tago4.jpg

M崎さん、2年のブランクがあっても元はベテランダイバー、フトネのいろんなシーンをすっかり楽しまれていました。
posted by iwashi at 17:20| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

9/19(金) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 25℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東 
● 透明度: 7〜12m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2. 白 崎?


今日は個人的ファンダイブで田子で潜ってきました。

狙いはいつものサクラダイなのですが、
そのサクラダイのオスが数十匹が集合するシーンを写真で撮りたいという希望です。

これが、潮の向きや強さ、その他の条件が揃わないと大集合となりません。
大集合に適した場所の発見も大事です。

でも、そのエリアは深く長い時間をとれません。

今日も残念ながら狙った潮の向きとはならず。
それでも、いつもながらのハナダイの乱舞乱舞の素晴らしい光景。

写真には撮れる条件じゃないというだけ、サクラダイのオスもいっぱい、スジハナダイ、ナガハナダイも乱舞に参加でした!

140919tago2.jpg

140919tago1.jpg

フトネ本体の根頭付近のキンギョハナダイ超大群も健在、今日はワラサがうろついていてぎゅーっと固まるシーンも迫力でした。
そのときにはスズメダイやタカベ、イサキも混ざって見事なものでした!

140919tago3.jpg


ついでながら、
今日はなぜかテレビ用映像撮影のお手伝いで潜ることに。
なんとなくというか、成り行きというか(^^;)

暗くなるのを待って田子の湾内で海に光を当ててイワシの群れを集めてそれらを捕食にやってくる魚を撮影するとのこと。

田子の湾内と言っても真ん中あたりの水深は35〜40m〜と深いんです。
そのあたりに船を浮かべて魚を集めにかかります。

水面付近にイワシの大群が集まったところでダイバーが潜り始めます。

捕食者を探してライトをたよりに真っ暗な海の中を潜り水底付近(深場の透明度2mくらい...)まで追いかけます。

真っ暗でニゴニゴな海での水深35m潜水はなかなかスリリング(^^;)
閉所恐怖症の方はアウト〜!って感じです(笑)

でも群れで走りまくる鰯たちや突然現れる太刀魚が体やライトに当たってくる状況は興奮します。

いや〜、なかなかできない経験でしたるんるん

posted by iwashi at 22:44| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

9/18(木) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 25℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東 
● 透明度: 7〜12m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


昨日に引き続いて田子、というかフトネでダイビング。

そこそこあったうねりも今日は弱まりほとんど気にならない程度。

水面のブイは南から北へ流れていたのですが潜ってみると北からの流れ、まあよくあることです。

北の端まで行くとスズメダイ群れ、サクラダイ、スジハナダイなどを見ることができます。

140918tago1.jpg

それでも傾向としては昼近くになると魚たちの活性が上がる気がします。

140918tago3.jpg

2本目はとくに名物キンギョハナダイの大群が活発になります。
オレンジ色に包まれて極上の時間です。

140918tago2.jpg

140918tago4.jpg

水温も下から上まで低い場所も無いし、透明度も白っぽいとは言え不自由の無い程度。
いい季節ですね!
posted by iwashi at 18:38| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

9/17(水) 田子ボート

● 天気:晴れ時々曇り
● 最高気温 27℃
● 水温:22〜26℃
● 風向:東 
● 透明度: 7〜12m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フト根
2.フトネ


風は北東〜東。
西伊豆の海は静かになる風向きで助かるのですが、うねりが入ってきました。
はるか南を西進し、中国大陸に上陸した台風15号のうねりだと思われるのですが、予想よりいきなりって感じです(^^;)

フトネは根頭付近はそれなりに振られますが無理に岩につかまらなければ影響なし!です。

表層は青っぽい層、その下は白濁気味、もっと下はきれいになっています。

相変わらずのキンギョハナダイパラダイスですが、潮がやや速めに動いた2ダイブ目はフトネの本領発揮の見事な光景。

スズメダイやイサキの大群、ハマフエフキやメジナの群れ。
潮に向かって一生懸命に泳ぐ大群とタカベの群れ、ダイバーは何度もその群れに包まれます(^_^)

140917tago3.jpg

140917tago5.jpg

140917tago1.jpg

140917tago2.jpg

140917tago4.jpg

リクエストをいただいたサクラダイの群れはいつもよりちょっとだけ手前(自分的には)、そしてちょっとだけ浅く(自分的には)で見てきましたが
なんの拍子かこれがすばらしいオスの群れ!
すごい数のオスたちが大集合&密集でした。
びっくりするくらいの光景にメンバーさんと水中で拍手でしたるんるん

残念ながらその光景を画像にも映像にも残せませんでしたが。

一部はこんな。
140917tago6.jpg

また近いうちにその光景に会えればいいなぁと行ってきます。。
posted by iwashi at 18:22| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

9/13(土) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 27℃
● 水温:22〜25℃
● 風向:東 
● 透明度: 6〜10m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フト根
2.沖の島


3連休の初日、西伊豆も多くの観光客が訪れているようでなかなか賑やかです。

海は良い凪、天気も気持ちよく晴れて最高にさわやかな陽気でした。

140913tago4.jpg

今日は田子で2ダイブ。
海は白くなってきていますが、水深20mくらいからはまだまだきれいです。
水温もそれほど下がらないし助かります。

根回りのキンギョハナダイはあいかわらずの群れっぷり、その下のサクラダイもオスがいっぱいで見応えあります。

140913tago2.jpg

140913tago1.jpg

今日はイサキやタカベは根からやや離れた場所で群れていました。

2本目はハマフエフキの群れを狙って午後1時過ぎに出発。

南からの流れがそこそこ流れていてスズメダイやイサキが群れて舞っています。
沖の島らしい複雑な地形を縫うように巡ります。

140913tago3.jpg

お目当てのハマフエフキはいますいます!
でも透明度がイマイチなうえに向こうが先に察知してしまってなかなか目前まで接近できません。
数十匹いるんですがね〜

なぜか田子でよく群れるハマフエフキ、魚体が大きいので群れるとさらに迫力があります。

最高に気持ちのよい陽気の3連休の始まりでした!


今日の写真はHina Matsudaさんからいただきました。ありがとうございました!


140913tago5.jpg
posted by iwashi at 18:45| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

9/9(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 28℃
● 水温:21〜26℃
● 風向:北東 
● 透明度: 8〜15m 
● 潮流:弱中
● 海況:良好

------------------------------
1.フト根
2.フト根


朝から気持ちよく広がる青空、風は北東で海は凪ぎ、とてもさわやかです。

140909tago2.jpg

今日はお客様がいてのダイビングではなく、遊びダイビングとでも言いましょうか(^_-)
同じ西伊豆、雲見を中心に潜る現地ガイド、アクアティークの糸井さんと「フト根に遊びに行きませんか?」なんて話が。

そんなわけで楽しく潜ってきました!

といってもバカみたいに深く潜った訳ではありませんよるんるん


海はやや白っぽいのですが、青みもあって水温も(深くなければ)それほど下がらず。
快適なダイビングができるコンディションでした。

140909tago3.jpg

名物、サクラダイもますますオスが増えている感じ。
壁際でまとまる訳ではないので写真には撮れませんが、中層にいっぱいのサクラダイのオスが目に入ってその光景は実に見事です!

もちろんメスに至ってはその何倍もの数がいます。

その中にナガハナダイやスジハナダイ、最近シロオビには会えませんが。

その群れの中をトビエイの編隊が飛んでいました。

潮が合えばそんな大深度じゃなくてもサクラダイのオスの群れも見られます。

フト根本体の周辺もキンギョハナダイの大群からイサキ、タカベ、ワラサやハマフエフキなどあいかわらずの賑やかさ!

今日は田子で久しぶりの友人インストラクターとも会えたりで楽しい1日でした!!

140909tago1.jpg

140909tago6.jpg

140909tago4.jpg


posted by iwashi at 18:27| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

9/7(日) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 27℃
● 水温:20〜26℃
● 風向:南西 
● 透明度: 8〜15m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ

夜半には強い雨が降ったりしてはっきりしない天気です。

今日は田子でしたが、いつにもまして深いエリア、しびれちゃいますね。

なにかわかりやすくてはっきりした見物がないと受けないのが世の常。

でもこのエリアにはそういうものはないのかもしれません。
人の目に触れることがすくない海中世界というだけなのかも。

でも(個人的+ごくごくごく少数のマニアの方には)しびれちゃいますね。

大きな声で言えないようなエリア(深度)なのですが、ありがたいことに誰もウチのことなど気にしちゃいないしまあいいか、ということで(^^;)

140907tago1.jpg


でも、フトネ本体は大賑わい。
ロープで下りればそこは魚満載のありがたいポイントなので日曜日ともなればさもありなん。


カチンコ動画(超ショート)
集まるサクラダイのオスたち



カチンコもうひとつ動画
キンギョハナダイが大群ってよく書いてますが、動画のほうがわかりやすいかな?


潜降ロープの中間ブイにくっついているコガネアジの子たちもダイバーの泡に翻弄されていました。

140907tago2.jpg
posted by iwashi at 14:13| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

9/6(土) 田子ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:22〜26℃
● 風向:南西 
● 透明度: 8〜15m 
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日は暑くなりましたね。
8月下旬に終わったと思いそうだった夏はまだ健在でした。

さて、今日は午前中にフトネで2ダイブ。

フトネはあいかわらずの群れ群れパラダイス。
水温は下の方でやや下がりましたが上の方は青くて温かい層があります。

エントリーしてすぐに目に飛び込んできたのがニザダイの大群 「ニザ玉!」
昨日の神子元に続いて田子でも会ってしまいました(^^;)

140906tago1.jpg

フトネ本体のまわりは凄まじいキンギョハナダイの群れっぷり!

140906tago3.jpg

140906tago5.jpg

そんなに深くないけどサクラダイもたくさん見られます。

140906tago2.jpg

オジサンやカゴカキダイやその他いっぱい。

140906tago4.jpg

潜降浮上ロープにはコガネアジ?の幼魚が付いて一生懸命泳いでいました。

140906tago6.jpg

可愛いのでもう1枚

140906tago7.jpg

イサキやタカベ、スズメダイ、メジナなどなんでも群れている楽しいフトネでした!!
posted by iwashi at 17:49| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

8/28(木) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 23℃
● 水温:22〜25℃
● 風向:北東 
● 透明度: 6〜12m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.田子島


昨日に引き続いての田子となりました。

古〜くからの常連のKさん、
「2日続けて田子でいいかも」

田子の陸上のまったりした雰囲気とフトネの賑やかさは安定感抜群さは飽きませんね。

昨日は2ダイブともほぼ南から北に向けての潮流でしたが、今日の1本目は普通に北から南向きの潮。
水温も冷たいところは無く、そのかわりほんのり白濁気味。

海はいつもながら額面通りにはなりません。

その分、昨日2ダイブしたフトネも違う表情を見ることができました。

それほど深くない水深でサクラダイの大群、スジハナダイやナガハナダイ、上層にはあいかわらずこれでもかってくらいのキンギョハナダイ大群が。

140828tago1.jpg

(マツバ&キホシも混じる)スズメダイの群れは潮上にいっぱい。
コブダイや大きなコロダイ、イサキやタカベの群れもいます。

140828tago3.jpg

140828tago2.jpg

天気が悪いので暗めの水中でありましたが賑やかさは相変わらずのフトネでした。

2本目は趣向を変えて田子島に潜ってきました。

ちょうどその時間はっきりしない潮のせいか魚は少なかったです。
内心アチャー、でしたが、仕方ないのでとにかくのんびりまったり潜ります。

意外にも?
「ソフトコーラルやサンゴが豊富でとても楽しかった!!」
とのお言葉。

そんな今日の田子ダイビングでした(^_^)
posted by iwashi at 18:35| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

8/27(水) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 24℃
● 水温:19〜25℃
● 風向:北東 
● 透明度: 7〜15m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


久しぶりの北東の風、とてもさわやかな気候になりました。

西伊豆の海が静かになる北東の風ですが、強すぎると土肥は山の低い場所から吹き下ろして海には一面に白いさざ波が立ちます。
今日はややそんな感じでした。

でも田子に行くとすっかり風が弱くなったかのように静か、沖合のフトネまで行ってもさざ波もありません。
それどころか無風のように鏡状の海面になっていました。

船着き場の浅い場所はやたらきれい、
期待をしてフトネにエントリー。

1本目は水深12mくらいまでは青く温かい海です!

140827tago2.jpg
フトネの根頭付近は青くてきれい!魚もいっぱいで幸せな光景(^_^)

その下はちょっと濁った層、さらに下に行くときれいになって水温は19℃くらい。

魚は相変わらずいっぱいでスズメダイ、キンギョハナダイが見事な大群、深場にはサクラダイが大群!

140827tago1.jpg

140827tago4.jpg

140827tago6.jpg

140827tago5.jpg

シイラが下からグイーンと現れたときにはフトネにイサキ、タカベがわんさか集まって右往左往、
ブリが2匹あらわれたときにはスズメダイやキンギョハナダイがギューッと固まったり。

魚たちは身の危険に生きた心地もしないのでしょうが、捕食シーンはやはり迫力あります。

明日も西伊豆にはありがたい北東の風です。

140827tago3.jpg
アカエイが頭上を通過したときにパチリ。変な顔ですね(笑)
posted by iwashi at 18:35| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

8/20(水) 田子ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 最高気温 31℃
● 水温:17〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 7〜15m 
● 潮流:中
● 海況:良好〜午後から波が少し出てきました。

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


土肥の花火が今日まであります。

そんな関係でイワシハウスは賑やかで楽しいです。
海もそこそこの人数のメンバーの皆さんが来てくださり基本的に怠け者の自分ですが(フトネ×3、白崎)珍しく4ダイブを張り切ってしてきました。
もっとも、4ダイブくらい他のガイドさんにはごく日常的なことなのでことさらに言うようなことでもないのですが(^_^)

朝のうちは静かだった外海、静かなうちに外海に3回行けたので今日の4グループの皆さん全員がフトネの見事な魚群を楽しむことができました!

ただ、びっくりしたのが水温の低さ。
深いエリアに行くと17℃台となっていてキューンとしますが透明度はバッチリ。
フトネ本体のキンギョハナダイの超大群は相変わらず、サクラダイやイサキやタカベ、スズメダイもいっぱい!

140820tago1jpg

140820tago5jpg

皆さん、冷たかったけど魚がとにかく多くて楽しかった!とのことでああよかった(^_-)

140820tago6jpg
ひとりはガイドするサカエなのですが同じようなウェットスーツで見分けが...

140820tago3jpg

140820tago2jpg

140820tago4jpg

白崎も意外に透明度は悪くなくてマダイが集結していたりカゴカキダイがたくさんだったりトビエイが飛んでいたりしたのがみられました。

140820tago7jpg

今日は土肥の花火、2014も最終日、残った皆さんで(サカエが今年も張り切って確保した特等席)見てきます。
posted by iwashi at 17:58| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

8/16(土) 田子ボート

● 天気:曇りときどき雨のち晴れ
● 最高気温 28℃
● 水温:20〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 6〜8m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ

朝土肥を出るときには市営駐車場も昨日までより静かな感じがしたので夏休みも終わりかな、なんて思ったのですが、田子に到着すると予想外のダイバーの多さ。

夏のにぎやかさはいいことです (^_-)

さて、海ですが、
海面は昨日よりは少〜しサザ波があるかなくらいで問題のないコンディション。

エントリーすると浮遊物はあるものの不自由のない程度。

今日は深いエリアの散策です。
朝のうちは曇天で陽射しが無いせいもあって下のエリアに向かう途中は暗く感じましたが行ってあれこれ見ているとそういう印象派ありません。
水が良くなっているのか目が慣れたのか。。

フトネの深場はあいかわらずサクラダイの天国!
オスもずいぶんかたまってきてとてもきれい。

140816tago1.jpg

スジハナダイやナガハナダイも混じっています。
水深10mあたりからスゴイ数で群れているキンギョハナダイは深い場所でも結構群れています。

140816tago2.jpg

岩を覆うソフトコーラル群とハナダイたち、
そう気軽に行けないエリアですがたまらなくきれいな場所です。

もちろんフトネ本体付近では目がオレンジ色でチカチカしそうなくらいのキンギョハナダイの超大群。

140816tago3.jpg

その周りにイサキやタカベ、スズメダイの群れで。

ここ数年、キンギョハナダイが多い気がしているのですが、この夏はさらに多い気もします。

140816tago4.jpg

そんなオレンジ色に包まれて潜るはとても気持ちいいです。
ぜひこの状況を楽しんでいただきたいものです!
posted by iwashi at 17:41| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

8/15(金) 田子ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:20〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 5〜8m 
● 潮流:弱
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日はお客様4人を2チームの分かれて潜りました。

私はフトネ×2、サカエご案内のお2人は講習後初ファンダイブと2回目のファンダイブの若ご夫婦 で弁天島、フトネでした(^^)V

海はほぼ凪、心配された南西の風も大して吹かずにいてくれました。

透明度は微妙に一進一退、でも水温は深めにいってもそれほど下がりませんでした。

弁天島はトビエイなども見られて透明度もまずまずだったとか。

フトネは浮遊物が多めでうーん濁り気味です。
キンギョハナダイの大群はあいかわらず、すごいものがあります。

140815tago2.jpg

ブリ数匹がうろついたりスズメダイ、イサキの群れもばっちり、
少し深いあたりにはサクラダイのオスがますます増えてきています。個人的にもっと深場に身に行きたくてウズウズしてきちゃいました (^_-)

140815tago1.jpg

140815tago3.jpg

140815tago4.jpg

田子も土肥も海水浴客いっぱい、今週が夏休みのピークですね。

でも土肥は来週の花火大会がにぎわう予定、どんどん過ぎて行っちゃう夏を楽しみましょう!
posted by iwashi at 18:17| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

8/13(水) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:20〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 5〜10m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.沖ノ島


世の中は夏休み真っ只中なんですよね、西伊豆でも道路も海辺も夏らしくいい感じに賑やかです!

今日は田子、人数が多いわけではありませんが潜るペースによって2チームに分かれて潜ってきました。

海は外海も問題なしの海況、もちろんフトネにGo!です。

飛び込んでみると青〜い!
でも潜降すると根頭付近から浮遊物が増えちゃいます。
潜るのに不自由は感じない程度ですが、2本目の沖ノ島の北側はもう少し濁っちゃったかな。

水温も20℃前後、ちょっと冷たく感じます。

でも、さらに数を増したキンギョハナダイがムレムレ!
もう凄まじいものがあります。

140813tago2.jpg

フトネ本体から北の先端まで延々とキンギョハナダイが群れています。

140813tago3.jpg

140813tago1.jpg

140813tago4.jpg



撮影:Mr.Matsuda


上空にはイサキやタカベの群れ、その中にはブリが数匹泳ぎまわって獲物を物色しています。
2本目にフトネに行ったサカエチームは潜降してわりとすぐにワラサの壁状態の超大群に遭遇したそう。

初田子(初の西伊豆?)のゲストの方たちも大喜び、良かったぁ、けどウチチームも遭遇したかったなぁ。

2本目は沖ノ島、時間的に午後2時くらいだったのでこうなれば沖ノ島の午後の名物「ハマフエフキの群れ」狙いです。

イサキやタカベ、メジナもいっぱい、そしてハマフエフキも数十匹の群れが東側にも西側にも。
相当の数のハマフエフキが集まっていました。

警戒心がつよくあまり接近させてはもらえませんでしたがたくさん集まっていることは十分確認できました。

賑やかで楽しい海でした!!
posted by iwashi at 18:14| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

7/21(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:20〜24℃
● 風向:南西 
● 透明度: 7〜15m 
● 潮流:中〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


(世間様では)3連休の最終日、賑わいは昨日がピークだったようです。

ウチはそんな喧騒とは無縁に3日間少人数でのんびりやっております(^_^;)

140721tago4.jpg

海はベタ凪、外海も気持ちよくボートは走ります。

皆さん、「伊豆の海辺は涼しい」とおっしゃいます。
このところ暑さがかなりきびしいのでしょう、こっちでは(海に潜って適度に冷やしているからか)そこまでの暑さはまだかなって感じです。

さて、今日はフトネ2本でした。
あいかわらずキンギョハナダイは凄まじく群れていてその中に入っているだけで幸せです。

140721tago1.jpg

根頭にはブリが3匹、ずっとウロウロ、イワシの大群を狙っているのでしょう。

140721tago3.jpg

140721tago5.jpg

水深25mあたりから水温はいくらか下がりますがクリアな水になっていました。
スズメダイやイサキもいっぱい、今日もとってもにぎやかなフトネでした!

140721tago2.jpg
posted by iwashi at 18:30| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

7/17(木) 田子ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:15〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 6〜20m 
● 潮流:弱〜
● 海況:外海ややうねりあり

------------------------------
1.フトネ
2.瀬の浜


今日は田子の「魅惑の花園」ファンのAくんが来訪。

ややうねりはるものの外海にも行けて潮の流れもちょうど良く、さっそく目的地へ向かいました。

表層は暖かい潮がありシイラが走り回ったりして夏っぽいのですがその下はやや冷たくて濁り気味、
水深15mを超えると透明度が抜け始めます。

140717tago3.jpg

140717tago1.jpg
潜っているのもおじさん、フトネ根頭に陣取るのもオジサンの群れ

水温は15℃台まで下がり、素手だとかなり冷たさを感じます。

でも、見事な透明度の中サクラダイなどの大乱舞!

ダイナミックな地形もはっきり見えるしイサキやスズメダイも群れています。

サクラダイ、ナガハナダイ、キンギョハナダイ、スジハナダイ、シロオビハナダイなどさすが花園です!

そのハナダイのうち4種類が集まるちょっと珍しくもある映像を安芸乃島君が撮ってくれました(^_^)


なぜか集う4種類のハナダイたち。サクラダイ♂♀、スジハナダイ、ナガハナダイ、そしてとても美しいシロオビハナダイ。  撮影:akinoshima

もちろんフトネ本体のトップから壁面までキンギョハナダイをはじめとした魚が群れ群れです。

2本目は珍しく瀬浜。
おもいのほか透明度も良好で浅場なんてきれいで温かくて白い砂地と合わせてかなりいい感じです。

気持ちよかったね〜
たまにはいいかもなんて話していました。

140717tago2.jpg
posted by iwashi at 22:20| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

7/9(水) 田子ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:18〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: フトネ 10〜15m 白崎 1〜5m 
● 潮流:弱〜
● 海況:外海うねり大きく

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎
3.湾 内


台風8号からのうねりがヒットしている西伊豆です。
こういうときには土肥の丸山海岸にはたくさんのサーファーが来ています。

今日は多くのダイビングエリアでクローズとなっています。
こんなときにはやっぱり湾内ポイントを持つ田子に頼ってしまいます。

湾内で2ダイブかなと思っていたのですが、思ったほど南西の風は吹いていません。

田子DC社長の操船で外海にちょっと出てみてフトネに行けるかあきらめるかしてみることに。

沖に走れるかどうかの判断はもちろん社長にお任せ!

「行ってみるか!」

信頼しきっていますのでよろしくお願いします (^^)V

海底が浅い海域はザブザブ波が立ち船はさすがに揺られます。
でもそこを越えると案外平気。
もちろん、波長がすっごくながいうねりはあり浅い岩や海岸には大きな波となって打ち寄せます。

フトネにも無事に到着、エントリー。
多少白っぽさは出たものの透明度のよさはあいかわらず。

140709tago8.jpg

でもさすがにうねりによる横揺れは豪快そのもの。
岩につかまらずに中層で横揺れに身を任せていればジェットコースター並みの楽しさ。

しびれますね〜るんるん

140709tago7.jpg
後ろに巻き飛んでいるエアーは潮流ではなくうねりの横揺れによるもの(苦笑)

そんな海中ですが、イワシの大群、イサキやタカベの群れ、このところずっとフトネにいついているブリのコンビ、コブダイやタカサゴの群れなど、フトネはやっぱり楽しい!!

140709tago3.jpg

140709tago4.jpg

140709tago5.jpg

140709tago6.jpg

このうねりで根から離れる魚、その横揺れに翻弄されながらも定位置でがんばるキンギョハナダイの大群など、見てるのも興味深いものがあります。

この青い海が台風通過後も続いていますようにexclamation×2

2本目は湾内の白崎、

こちらはうってかわってうねりによって透明度はさらに低下…

場所によっては1mほどの視界、いや〜、これまたしびれちゃいますねあせあせ(飛び散る汗)
ちょっと意味合いは違うけど…

カマス大群やでかマダイ軍団は健在、見えるときにはすぐ近くなので妙に迫力はありました。

その他、湾内でエイの大群に遭遇!
トビエイの群れなら会ったことはありますが、今日はアカエイの大群。
数十匹のアカエイが上にも下にもパタパタ、異様な光景、なんなんだ、この景色(笑)
4人で潜ってみんなで口をあんぐり、でも面白かった〜ぴかぴか(新しい)

140709tago2.jpg
アカエイたちの大乱舞!


週末には海も静かになっていていてほしいものですね!
posted by iwashi at 19:04| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

7/8(火) 田子ボート

● 天気:晴れのち曇り
● 気温:最高気温 30℃
● 水温:18〜23℃
● 風向:東 
● 透明度: フトネ 10〜15m 白崎 5〜12m 
● 潮流:弱〜
● 海況:外海うねり徐々に大きく

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


沖縄地方に接近しつつある台風8号の影響が出てきています。

西伊豆でもクローズや潜水注意のポイントが増えています。
各地の港では漁船などは陸揚げやロープでの固定にみなさん忙しそうです。

今日は天気は晴れ、気温もグングン上昇、真夏を思わせる暑さです。

ダメで元々、外海に出れればいいけど無理なら湾内のポイントがある田子に。

まずは朝の1本目。
外海に出ると風は弱いながらさすがに波長の長いうねりがあり、岸際にはうねりが当たって白く波立っています。

でも沖合いの隠れ根であるフトネはまだ大丈夫。

根頭付近では横揺れも感じますが、リズムを合わせ体をその揺れに任せていればとくに大変でもありません。

透明度はあいかわらず良くて青い海があります。
水深25mより下にはやや冷たい層もありました。

そして、今日も来ました、

ワラネード!!

140708tago2.jpg

いや、本当はフトネ本体を背にワラサの大群の壁を見ていたので「ワラネード=ワラサのトルネード(竜巻)」という言い方は正確じゃありませんが(^_^;)

140708tago3.jpg

とにかく圧倒的な迫力とスピード感でしたよ!

あいかわらずのキンギョハナダイやイワシの大群、メジナやオジサン、シイラ、タカサゴ、イサキやタカベと賑やかなこと素晴らしいです。

140708tago1.jpg

140708tago4.jpg

2本目はまだフトネも行けそうでしたが、のんびりコースの白崎へ。

こちら濁り気味のエリアと水温は下がりますがスコーンと抜けたエリアがありました。

カマスの群れはずーっと見えているし大きなマダイも集結です。

140708tago5.jpg

浅場のエダサンゴ群生付近は水温23℃、のんびり遊ぶことができました。
posted by iwashi at 17:06| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

7/6(日) 田子ボート

● 天気:晴れ時々曇り
● 気温:最高気温 28℃
● 水温:19〜23℃
● 風向:北東 
● 透明度: 10〜15m  
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


天気にも凪にも恵まれた日曜日、田子のフトネで2ダイブしてきました。

140706tago7.jpg

ここ数日、しばらく悩まされた透明度も回復傾向、今日も期待しながらエントリー。

まずは魅惑のエリアへ(禁断とも言えるあたりですが…)
さて、サクラダイの乱舞でも楽しみましょうか、と定位置に着いたとたんに後方から騒ぐ気配が!

ワラネーードexclamation

ワラサの大群が壁状態でぐるぐるしているじゃありませんか(笑)

ハナダイ撮影セットになっているカメラにアワアワしながらも大興奮るんるん

あまりに唐突な出現に写真はうまく撮れませんでしたが、目にはしっかり焼き付いちゃいます(笑)

itami0706tago.jpg
ワラサ大群 itami

140706tago5.jpg

他の皆さんと船上でも大喜びでした。

サクラダイ乱舞も堪能できたし、すっごくきれいなシロオビハナダイにも会えました!

140706tago4.jpg
シロオビハナダイ


2ダイブ目は前日の昼過ぎに出現したハマフエフキの群れを期待して出発。

潜降すると
いますいます、ハマフエフキが集まってきています。
まだ時間が早いのか20匹くらいでしたが、ダイビング後半には60匹以上、そしてまだ集まってきているようです。

なぜか田子にはハマフエフキが大集合することがあるんです。
顔がマヌケっぽいとじゃけんにされることもあるハマフエフキですが大きな魚なので群れると迫力が増しますね。

140706tago3.jpg
ハマフエフキの群れ

そして、なによりテンション上がったのは
海が青くなってきたっぴかぴか(新しい)
ことです (^^)V

フトネの根頭付近にいるとイワシの大群、スズメダイの大群、ハマフエフキ群れ、タカサゴ群れ、キンギョハナダイ大群に囲まれ青い海の中で最高に気持ちよい1ダイブとなりました!

水温もよほど深く行かない限り21〜23℃をキープしていました。

透明度も15mは楽にありました。
青い海で群れ群れの魚たちに囲まれるダイビング、
この海ずっと続いてほしいです!

最高でしたるんるん

140706tago2.jpg

140706tago6.jpg

140706tago1.jpg

posted by iwashi at 19:00| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

6/29(日) 田子ボート

● 天気:曇りのち晴れ
● 気温:最高気温 30℃
● 水温:18〜20℃
● 風向:南西 
● 透明度: 7〜12m  
● 潮流:弱
● 海況:波少しだけ

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


本当はこの週末は関東の秘境とも言える「銭洲」遠征の予定でした。
と言ってもイワシダイバーズのツアーではなく西伊豆のお友達ショップのツアーのお手伝いで。

しかし、残念ながら海況がよくなく中止となりました。
この手の遠征は海況によって中止は珍しくなく仕方ありません。

自分も残念でしたが、ゲストの方や主催者のKさんはさぞ残念だったことでしょう。。

でもこういう場所はこんな感じで簡単に行けないから行ってみたくなるんでしょうね (^_-)


さて、そんなわけで空いちゃった1日をどこの海で遊んじゃおうかな、
なんて考えていたら毎年遊びに来てくれるTちゃんから「潜りに行きたいんだけど」のTELが。
もちろん歓迎〜!

予報では南西の風が次第にやや強く吹くとのこと。

南西の風が強まっても逃げ場のある田子に行ってきました。

結果的には午前中に外海のフトネに楽々走れて2ダイブすることができました。

140629tago1.jpg

飛び込んでみると、透明度が良くなっています!

ずいぶんながく続いたニゴニゴな海も、やっといつもの感じになってくれました (^^)V
中層からは水温が18℃くらいとややひんやりしますが、自分的には不自由なく見渡せる喜びにポカポカするくらいです(笑)

今のフトネ、とにかくイワシの大群が多いです。
中層はどこを見てみイワシの群れ!

潮の流れがほとんどなかったのでイサキやタカベはまとまりに欠けていましたが、イワシの群れがその分カバーしてくれた感じです。

そこに大きなブリや大きなマダイ、
フトネの周りは今年もキンギョハナダイのパラダイス、すごくきれいです!

140629tago2.jpg
キンギョハナダイがとにかく多い!

140629tago3.jpg
スズメダイの群れ

140629tago4.jpg
イワシを狙うブリがウロウロ、近くに群れもいそう

140629tago5.jpg
メジナもいっぱいいました。

浅い層には温かくて青い潮も見えたのでこれが広まってくれればなおいいですねexclamation
posted by iwashi at 18:40| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

6/22(日) 田子ボート

● 天気:雨のち曇り
● 気温:最高気温 22℃
● 水温:17〜21℃
● 風向:東 
● 透明度:フトネ 5〜18m 白崎 3〜7m 
● 潮流:中
● 海況:良好 ベタ凪

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


先週に引き続いて某体育女子大学の女の子たちでにぎわうイワシハウスでしたるんるん

海洋実習最終日は黄金崎ビーチです。
NAUIのベテランインストラクターであるO先生とサカエを含めて朝の雨にもぜんぜんめげずに出発!

自分は送迎運転手のおじさんとして黄金崎ビーチまでお送りする係。

そんな朝でしたが、荷物を降ろしているとよからぬお誘い電話が。

「海は凪だし、船も出ているのでヒマなおっさん潜りに来ないっすかぁ?」

魅惑のエリアが呼んでいるし、行って参りました。

海はベタ凪、外海のフトネまでもまったく揺れずに船は走ります。

前日は浅い水深はきれいめな潮があったけど、深場は濁りがきつくて厳しい状態だったとのこと。

エントリーすると、フトネの水深10m前後の根頭がうっすらですが見えています。

最近続く濁った海の感覚でいたので「お、いいじゃん!」

でも中間はまだ茶色っぽく濁っています。
問題はその下。

フトネの下部まで行くと視界が広がりはじめます。

もっと水深を下げると水温は下がりますが、スコーンと抜ける視界!

いつものハナダイエリアはサクラダイがすごい数で乱舞乱舞!!
ナガハナダイ、スジハナダイも混じりますが、圧倒的なサクラダイの群れがすごくてほかのハナダイをさがす気になれません(笑)

140622tago5.jpg

満開のソフトコーラル、中層にはイサキやスズメダイの群れ。
さすがに水深が深く光が足りないのでコンデジではその光景を写真に取ることはできませんが、素晴らしい光景でした。

140622tago4.jpg

でも当然そのあたりに長くいられるわけもなくフトネ本体に戻りますが、そこもイサキやタカベ、キンギョハナダイ、いまや普通に見られる南方系なはずのタカサゴも群れていたり、そいつらが合わさってこれでもかってくらい群れています。
そのあたり透明度が良くないのが残念ですがハイシーズン並みの魚影の濃さです。

2本目に潜った白崎も濁った水、きれいな水がありますが、こちら浅場だけでもいいかも。
カマスの大群、巨大マダイが10匹くらいで現れて迫力満点、トビエイやホシエイも浅場のホンダワラ林であらわれたり。

140622tago1.jpg

140622tago2.jpg

140622tago6.jpg

140622tago7.jpg

2本ともたっぷり楽しむことができました!

140622tago3.jpg

大学生の皆さんも順調に講習を終了したとのことるんるん

いよいよダイバー、これからいろんな海のシーンに出会って楽しむことでしょうねぴかぴか(新しい)
posted by iwashi at 20:02| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

6/18(水) 田子ボート

● 天気:雨
● 気温:最高気温 22℃
● 水温:17〜19℃
● 風向:東 
● 透明度:3〜8m 
● 潮流:強〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


朝に降り始めた雨はダイビング中ずっと降っていました。

南を通過する台風(消滅したようですが)の影響はまったく感じず東よりの風でよい凪でした。

雨は残念ですが、凪はなによりありがたいですね。

今日は2本とも外海のフトネへ。
けっこう流れが速いフトネでした。

少し来ない間にフトネの魚群はすっかりハイシーズンモード。
つまり魚群いっぱい魚だらけです。

透明度はきれいとはいえないけど、最近の3mとかの透明度を思えば不自由も感じないくらい見えていて今日も潜りやすいこと(笑)

2本目は水深5m以深水温が17℃台と多少下がりましたが、7〜8mくらい見えていてありがたいこと(^_^;)

フトネ本体の下のほうから上までキンギョハナダイは凄まじく群れ、その外には大小のイサキの大群ががんがん走ります。

140618tago2.jpg

140618tago1.jpg

タカベやメジナ、巨大マダイも何匹もいたり透明度がもう少し上がったらどれだけ魚たちが見えるんだろうって感じです。

魚群の準備はオッケー!
あとは透明度が安定してくれるのを待つばかりですexclamation×2
posted by iwashi at 19:08| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

5/29(木) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 25℃
● 水温:16〜19℃
● 風向:西 
● 透明度:5〜12m 
● 潮流:中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


陸上では暑くなってきて海に飛び込みたくなり1日、田子で潜ってきました。

風は西風でしたが強く吹かずに良好な海況でした。

そろそろ透明度、水温もよくなっていればとの期待をこめてエントリー、
うーん、今日のところはあまり変わらないかな…

でも浮遊物は大きいものが見えず先日までと違う雰囲気、さらに深く行けばクリアーな水もありました。

フトネ本体の周囲にはキンギョハナダイが凄い!

思わず見とれる見事な群れっぷりです。
今シーズンもいいかんじになってきましたよるんるん

140529tago5.jpg

深いエリアにはいつも通りサクラダイ大群、スズメダイ大群、ワラサ群れも!
岩を覆いつくすイボヤギやキサンゴ、トサカ類などの腔腸類がほんとうにカラフルできれいです。

140529tago4.jpg

140529tago3.jpg

サクラダイのエリアも夏になればオスが終結している見事な光景も見られるはず、季節ごとに楽しみが多い場所です。

2本目は白崎、
表層にはサーモクラインができるほど暖かい潮も来ていました。

グルーっと白崎をめぐってきました。
ここ数年、このポイントの初夏に出現するカマスの大群がモチボチ見られ始めました。
絶頂期にはポイントの広いエリアのどこを泳いでも群れに当たるほどのなりますから今から楽しみです。

それから今日は超浅場を意識して楽しんできました。
水面近くまで伸びる海藻と海中からも見える青空、和風とでも言うのでしょうか、結構見とれる風景です。

140529tago2.jpg

140529tago6.jpg

エダサンゴと長く伸びる海藻の対比がおもしろいですね。
ソラスズメダイの群れがいたかと思えばチャガラの群れがいたり。

ダイビングは珍しいものや大きな生物だけが楽しさの素ではないといまさらながら思うのでした。

140529tago1.jpg
クマノミも活動的になってきていました。
posted by iwashi at 18:43| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

5/23(金) 田子ボート

● 天気:晴れ時々曇り
● 気温:最高気温 24℃
● 水温:17〜18℃
● 風向:東〜南 
● 透明度:5〜8m 
● 潮流:フトネ中強
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


今日は写真なしですが

天気良く海はベタ凪!
フトネまでの道のりも船は滑るように走っていました (^^)V

潮は上り潮、南からの流れです。
ロープ伝いに潜降しますがけっこう速い。

いつもの花園に行く予定でしたが、そこに行くには潮流が速すぎて予定変更。
あの水深で速すぎる潮流はスリリングすぎますしね(^_^;)

それでもフトネ本体の下部にはサクラダイが集まり、中ほどにはキンギョハナダイの素晴らしい大群がいます。

中層にはイサキやスズメダイの群れも集まりだしましたね。
でも今日は透明度がイマイチで魚群が見渡せないのが残念。

根頭に戻って潮流に乗ってひゅんひゅん流れる(いっぱいある)浮遊物を見ていると目が回りそう(笑)

2本目はまったり白崎へ。

お見せしたかったピカチュウもセトリュウグウウミウシもトビエイもゲットできず。
あたしのダメっぷりをお見せしたのみでした。

でも、エダサンゴ群生と水面近くまで育ったマメタワラ林の不思議な光景はなかなかのもの、
じっくりそこで遊んできました。

その他、サガミリュウグウウミウシ、ハナミドリガイ、サラサウミウシ、マトウダイ、ソラスズメダイ群れ、ウミトサカ群生など。

水温18℃台、少しながら水温アップした今日の田子でした。
posted by iwashi at 17:28| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

5/16(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 24℃
● 水温:16〜18℃
● 風向:南西 
● 透明度:5〜8m 
● 潮流:弱
● 海況:(外海クローズ)

------------------------------
1.弁天島
2.白 崎


天気はバッチリ、でも次第に西風が強まって波もザブザブになった1日でした。

予報もそうなっていたので田子に行ってきました。

もともと昨年1年間潜っていなかったAさんのリハビリダイビングが目的だったので湾内の静かなポイントでオッケーでするんるん

tago05162.jpg

潜ったのは弁天島と白崎、

水温は17℃前後、浅場は18℃を示すこともあり水温はじわじわ上昇でしょうか。

透明度はまだ濁り気味ですが不自由は感じない程度。
というか自分的には慣れちゃったのかあまり「濁ってるなぁ」とも感じなくなっていますがどうなんでしょうね(笑)

久しぶりのダイビングと新しいデジカメのテストもあったのでいろいろ忙しいメンバーさん、
でも体に染み込んだダイビングのおかげですぐにいつも遠りになるものですね!

tago05161.jpg

白崎ではトビエイが計3匹、でも飛んではいなくて砂地に着低して食事中(クリーニング中)でした。

asai0516tago1.jpg
トビエイ  by Y.Asai

asai0516tago2.jpg
イセエビ by Y.Asai

そして、どちらかといえばワイド撮影派だったAの島君も色とりどりのウミウシなどの捜索、撮影が楽しくなっている様子。

マニアックにやらなくたって結構楽しいですよね!

大きくても小さくてもいる生物を楽しめるとお得感を感じちゃいますねぴかぴか(新しい)

aki0516tago1.jpg
アオウミウシ by akinoshima

aki0516tago2.jpg
サラサウミウシ by akinoshima

上のアオウミウシ、サラサウミウシともに伊豆ではとても普通種、
でもつい見とれる色合いです。

aki0516tago3.jpg
ニシキウミウシ by akinoshima

前回白崎で見られたピカチュウはみつからず、白崎から姿を消していたかと思われる派手な色合いのセトリュウグウウミウシも復活情報はあるし、ここ数年白崎の初夏にあらわれるアカカマスの超大群は「そろそろ来るかな?」と、
しばらく目の離せない白崎です。

posted by iwashi at 18:41| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

5/9(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 24℃
● 水温:16〜℃
● 風向:南西 
● 透明度:5〜10m 
● 潮流:弱
● 海況:良好(外海クローズ)

------------------------------
1.弁天島
2.白 崎


天気良く、気温も上がり最高に気持ちの良い1日でした!

ただ、南西の風が吹いて、西伊豆の海は次第に荒れ模様に。

こんなときの強い味方が田子の湾内。
外海がザブザブでも楽しく潜れます。

140509tago2.jpg

まずは弁天島、
ちょっと薄濁ってきたかな。

中層にはキビナゴやアジの子の群れも見えますが岩肌を見て楽しみます。

小さ過ぎる生物はパス!
でもニシキウミウシ、シロウミウシ、ゼブラガ二、イガグリウミウシなど
いつもはウミウシなんて見ることもないメンバーさんも意外に楽しんでいたご様子。
自分で見つけるとやっぱり楽しそう!

季節ごと、場所ごとでいるも生物を楽しもう!
ってかんじですねるんるん

aki0509tago4.jpg
ニシキウミウシ by akinoshima

aki0509tago1.jpg
イガグリウミウシ by akinoshima

aki0509tago5.jpg
イイジマフクロウニに付いていたゼブラガニ  by akinoshima

2本目は白崎
浅場はさらに濁っていますが、深度を下げれば次第に良好になってゆきます。
アカエイがあっちにこっちに。
トビエイは見られなかったのが残念でした。

白崎の先端付近でまた思い思いに生物探し。

ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシが見つかったり、アワシマオトメウミウシ、アラリウミウシ、コナユキツバメガイ、サラサウミウシまどを見つけていましたよ。

aki0509tago2.jpg
ピカチュウ by akinoshima

aki0509tago3.jpg
アワシマオトメウミウシ  by akinoshima

140509tago1.jpg

ウェットスーツ3mmの人、5mmの人、寒さも心配しましたがおもったよりずっと楽しめた今日のダイビングでした。


帰る途中にこちらも!

140509tago4.jpg

140509tago6.jpg

140509tago5.jpg
ペロペロ
posted by iwashi at 18:38| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

5/2(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 24℃
● 水温:16〜17℃
● 風向:西 
● 透明度:6〜12m 
● 潮流:フトネは強〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


天気もよく、気温はぐんぐん上昇、日差しをたっぷり浴びる1日、日焼け注意なくらいでした。

海は心配された西風は午前中はほとんど吹かず、良い凪で外海に行くことができました。

140502tago5.jpg

まずはフトネ。
けっこうな潮流、ロープに伝ってエッチラオッチラ潜降します。

水深10mくらいまでは浮遊物も多め、下に行くほどクリアになってきます。
水温は16℃台、表層には暖かい水も来ていました。

速すぎるためかメジナ群れやキンギョハナダイ大群などの魚たちも潮上にはあまりいなくてフトネ本体の横に集まっていました。

深場に行く途中にはサクラダイのオスが集合、もっと深いエリアではサクラダイのメスが大群で乱舞!

140502tago1.jpg

スジハナダイやシロオビハナダイも潮の流れに舞っています。
でもあまり潮が速いときには深いエリアは難易度高いかも…
とくにドライスーツには向かないコンディションだったかな(苦笑)

まあ、なかなかエキサイティングなフトネ、楽しかったです!

2本目はまったり白崎。
今日もトビエイ群れへの野心を抱きながらスタート!
結果はちびトビエイ1枚。。
そんなもんですね。

最近目撃例が減っていたピカチュウが。
イガグリウミウシやハナミドリガイ、ホシエイ、

140502tago2.jpg

140502tago3.jpg

140502tago6.jpg

ラストはホンダワラの林とエダサンゴ群生というミスマッチっぽい景色でのんびり散策、
浅場は太陽光もいっぱい気持ちの良い場所でした。

140502tago4.jpg
posted by iwashi at 18:24| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

4/24(木) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 20℃
● 水温:16〜℃
● 風向:東 
● 透明度:6〜10m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


天気はバッチリ、海も良い凪!
ダイビング日和でした。

海の中も浮遊物残るもののちょっと前の春にごりを思えば良好な透明度。

水温も徐々に上がり始めて16℃台中盤から後半、表層はもっと温かい潮もありました。

フトネは本体上部ではメジナの群れ、下のほうではキンギョハナダイがいっぱい。
まだまだ魚群のシーズンはこれから、上り調子の時期はわくわくします。

深いエリアには魚が群れています。
イサキもまだ深いですね。

サクラダイ、スジハナダイ、ナガハナダイ、シロオビハナダイもまじえてあいかわらずの乱舞、花園です!

140424tago5.jpg
サクラダイ(おもにメス)の乱舞

140424tago4.jpg
スジハナダイ


2本目は白崎。
いっちょトビエイの群れでも当ててやろうかとエントリー。
結果は惨敗…
10分くらい前に潜ったグループはトビエイを何匹も見たそう。
だめだめですねぇ…

では、ウミウシでもざくざく見つけて意外な実力を示そうかと思いましたが、これまたさっぱり見えてこず、
実際の実力通りの結果となり、苦笑いをするばかりでした。

140424tago3.jpg

140424tago2.jpg

140424tago1.jpg

そんなダイビングも楽しいですけどね。

水温も着々上昇、陽気も良くなり、海辺はやっぱり気持ちいいです!
posted by iwashi at 17:52| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

4/8(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 19℃
● 水温:14〜16℃
● 風向:西 
● 透明度:フトネ10〜15m 白崎6〜8m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好(外海はやや波あり)

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


朝は寒いものの日中は天気も良くポカポカ陽気でした。

海も一時期のニゴニゴ状態を脱してコンディションは上々。

こうなるとウズウズしちゃってお願いして潜らせてもらっちゃいました。

田子のフトネ、深い場所にある魅惑のエリア。
この時季はどうなっているのか気になっていました。
田子DCのSちゃんとバディのようなバディじゃないような感じで潜ります。

外海はやや波が残っていますが、大丈夫でした。
浅い場所は浮遊物が目立ちますが悪い透明度じゃありません。
深場は浮遊物も減り、透明度も良好。

このエリアのランドマークのような大きな大きなナンヨウキサンゴ、
中層にはトップシーズンを思わせるようなイサキやスズメダイの大群。

140408tago2.jpg

そして名物ハナダイの園は
サクラダイの大群が乱舞していました!

140408tago1.jpg

まさに桜の花吹雪みたいでしたよ(^_-)

ナガハナダイ、スジハナダイ、アカオビハナダイ、ついさがしてしまうシロオビハナダイも健在。
気軽にご案内できる場所じゃないのがなんですが、やっぱり楽しい場所です(^^)

いられる時間がかなり短く、キョロキョロしているあいだにタイムアップとなることが常。
はじめから狙いを定めて写真なり動画なりを残そうといつも思うのですが、たいがいダメですね。

とくに今シーズン初戦だからか手際が悪く「し残した」感がいっぱい。

だから、毎度「また行きたいな!」となるんでしょうね(笑)

ごく少数のファンはいるのでしょうけど、
雑誌やネットで話題になることもほぼないし(もちろん場所柄って事が大きいでしょうが)

人がいっぱいになるほど人気で見られる有名生物もそれなりの確立で見られるような場所もいいのですが、
一ダイバーとしてはどうもこっちのほうが「楽しい」という点で性に合っているようです…



2本目は湾内の白崎

ひそかにトビエイの群れを期待してエントリー。

でも残念ながら今日は1匹。思うように行きませんね。
アカエイだかイズヒメエイは3匹に遭遇。
それもまた良しとしましょう。

そして、この時期はこんな自分でもチラッと程度は見つかるから楽しい「ウミウシ探し。」

見る人は見ればきっとすごい数のウミウシがいるのでしょうね。

あまり好みじゃないなと思っていた方も、たまには宝探し気分でいかがですか?

140408tago4.jpg
コミドリリュウグウウミウシ

140408tago5.jpg
キイボウミウシ

140408tago9.jpg
ゴマちゃんこと ゴマフビロードウミウシ 白バージョン

140408tago6.jpg
一昨日と違う場所にいたけど違う個体かな? サガミリュウグウウミウシ

140408tago7.jpg
ピカチュウこと ウデフリツノザヤウミウシ

140408tago8.jpg
オルトマンワラエビ

140408tago3.jpg


たっぷり楽しんだ今日の田子でした!


posted by iwashi at 17:19| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。