2014年10月16日

10/16(木) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 24℃
● 水温:22〜23℃
● 風向:北東〜西 
● 透明度: 8〜12m 
● 潮流:中〜弱
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


台風19号が東海、関東を通過して2日、良く晴れ渡った今日、
昨日までは台風後の海の中の様子を見に行こうと考えていました。
そんな調査ダイビングの予定を見越してか常連のA君が潜りたいと連絡があり田子に行って来ました(^_^)

昨日は寒い雨降りの1日でしたが、今日は真っ青な青空と凪の海、海の向こうには雪を冠った富士山、
あまりに素晴らしいコンディションに幸せをかんじます。

141016tago3.jpg

昼前から西風がぼちぼち吹く予報だったので少しだけ早めのスタートをしましたが、結局引き上げる昼すぎまでべた凪のコンディションでした!

今日はフトネ2本、
朝一の1本目、飛び込むと少しは白っぽさはあるものの良好な透明度10m以上は見えています。
台風後にありがちな濁りはまったく感じません。

今日はの目的はフトネの深場、

サクラダイのオスが集結する季節の真っただ中のようです。

しかし、そんな場所ははっきり言って深いわけで
経験あるダイバーで自己責任を理解していて かつ「そんな場所を楽しいと思えるごく一部マニアの方」しか行かないエリア。
自分としては、ゲストがいなくても行ってしまうライフワーク的な面もあるのだと思います。。

で、今日のA君、
「いや〜〜〜〜〜、本当に楽しかったなぁexclamation

さすが、陸(J JOの)でも海(魅惑の花園の)でもマニアと言われる人でするんるん
サクラダイが群れる光景にすっかり惹かれてしまっているひとりですね。

141016tago7.jpg
photo by akinoshima

でも、
フトネ本体 通常エリア、水深10m〜15m付近の魚群たちも全開状態!
他のグループのダイバーの人たちも口々に「凄い良かった〜!」の声しきり。

キンギョハナダイ超大群に、タカベの玉、うろつくワラサ、スズメダイの群れなどなど。

141016tago4.jpg

141016tago5.jpg


141016tago6.jpg





さて、
ここのログでちょいちょい出てくる「魅惑の花園」エリアですが、

・やっぱり大深度となります。
・見られるのは群生するソフトコーラル、サクラダイを中心として浅場とはまた違ったハナダイたち。
・ダイナミックな地形、岩を覆う色とりどりの腔腸類。
・人がほとんど行かないエリア独特の雰囲気。


そんな光景に興味が無い方にはただただ深い(窒素酔や減圧症、エアー切れなど)リスクいっぱいの場所となりますバッド(下向き矢印)

そのようなリスクについては自己責任となり、原則としてこちらでフォローや責任は持ちかねますことをご理解ください。

リクエストをいただいてもお応えできない場合がございますのでご理解のほど何とぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


もっとも、そんなマニアックなエリアに行かなくとも、フトネの通常のエリアはとても賑やかでダイナミック、めちゃめちゃ楽しい場所ですしね!!



posted by iwashi at 16:33| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。