2014年07月07日

7/7(月) 土肥ボート

● 天気:雨のち曇り
● 気温:最高気温 26℃
● 水温:20〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度: 12〜15m  
● 潮流:中〜
● 海況:うねりが少しずつ

------------------------------
1.小下田 中の根
2.小下田 飛島沖


朝から本降りの雨、さすがにテンションは上がりにくく…

それでもダイビングにとって困るのは雨より波、
今日は十分に潜れる海況、テンションにむち打って出発です(^_^;)

本日のミッションは土肥101の作業のお供、

昨日、おとといのイベントで2日だけ開放した「中の根」のブイ撤去と飛島沖のブイ点検!?

朝早めでしかも雨模様というこもありあたりには明るさが足りないわけですが、
また透明度が上がってる!!

水深20m付近から見上げても海面の波も船の底もハッキリくっきり見えています。

晴天でもないのに海の中が青いです!
そこにイワシの大群ががんがん走ります。
大きなクエやメジナ、ニザダイの群れ、コブダイもいました。

水温も20℃を切ることはほぼありませんでした。

140707toi1.jpg
イサキの群れ

140707toi5.jpg
キンギョハナダイ、すばらしい大群が見られています。

140707toi4.jpg
キンメモドキがあちこちで大きな群れを作っていました

土肥の誇る名ポイント「サク根」が近いこともあり、地形、魚影の濃さ、ソフトコーラルと文句なしに素晴らしい!

でもここはまた来年、ですね。

2本目は飛島沖、
これまた素晴らしい海中です。

青くきれいな海中に魚群いっぱい、
なにも作業の日にここまで良くなくたって(^_^;)

水面付近には盛んにシイラが走っています。
夏っぽい海ですね〜

140707toi2.jpg
飛島沖のソフトコーラルは本当に見事です。

140707toi3.jpg
ニシキベラの産卵、放精が最盛期

タカベ、イサキ、キンギョハナダイ、岩を覆いつくすソフトコーラル
あふれる色、その中にいるだけで最高に幸せでしたるんるん

さて、台風後はどうなっているでしょうね。


posted by iwashi at 16:26| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。