2014年06月22日

6/22(日) 田子ボート

● 天気:雨のち曇り
● 気温:最高気温 22℃
● 水温:17〜21℃
● 風向:東 
● 透明度:フトネ 5〜18m 白崎 3〜7m 
● 潮流:中
● 海況:良好 ベタ凪

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


先週に引き続いて某体育女子大学の女の子たちでにぎわうイワシハウスでしたるんるん

海洋実習最終日は黄金崎ビーチです。
NAUIのベテランインストラクターであるO先生とサカエを含めて朝の雨にもぜんぜんめげずに出発!

自分は送迎運転手のおじさんとして黄金崎ビーチまでお送りする係。

そんな朝でしたが、荷物を降ろしているとよからぬお誘い電話が。

「海は凪だし、船も出ているのでヒマなおっさん潜りに来ないっすかぁ?」

魅惑のエリアが呼んでいるし、行って参りました。

海はベタ凪、外海のフトネまでもまったく揺れずに船は走ります。

前日は浅い水深はきれいめな潮があったけど、深場は濁りがきつくて厳しい状態だったとのこと。

エントリーすると、フトネの水深10m前後の根頭がうっすらですが見えています。

最近続く濁った海の感覚でいたので「お、いいじゃん!」

でも中間はまだ茶色っぽく濁っています。
問題はその下。

フトネの下部まで行くと視界が広がりはじめます。

もっと水深を下げると水温は下がりますが、スコーンと抜ける視界!

いつものハナダイエリアはサクラダイがすごい数で乱舞乱舞!!
ナガハナダイ、スジハナダイも混じりますが、圧倒的なサクラダイの群れがすごくてほかのハナダイをさがす気になれません(笑)

140622tago5.jpg

満開のソフトコーラル、中層にはイサキやスズメダイの群れ。
さすがに水深が深く光が足りないのでコンデジではその光景を写真に取ることはできませんが、素晴らしい光景でした。

140622tago4.jpg

でも当然そのあたりに長くいられるわけもなくフトネ本体に戻りますが、そこもイサキやタカベ、キンギョハナダイ、いまや普通に見られる南方系なはずのタカサゴも群れていたり、そいつらが合わさってこれでもかってくらい群れています。
そのあたり透明度が良くないのが残念ですがハイシーズン並みの魚影の濃さです。

2本目に潜った白崎も濁った水、きれいな水がありますが、こちら浅場だけでもいいかも。
カマスの大群、巨大マダイが10匹くらいで現れて迫力満点、トビエイやホシエイも浅場のホンダワラ林であらわれたり。

140622tago1.jpg

140622tago2.jpg

140622tago6.jpg

140622tago7.jpg

2本ともたっぷり楽しむことができました!

140622tago3.jpg

大学生の皆さんも順調に講習を終了したとのことるんるん

いよいよダイバー、これからいろんな海のシーンに出会って楽しむことでしょうねぴかぴか(新しい)


posted by iwashi at 20:02| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。