2014年04月08日

4/8(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 19℃
● 水温:14〜16℃
● 風向:西 
● 透明度:フトネ10〜15m 白崎6〜8m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好(外海はやや波あり)

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


朝は寒いものの日中は天気も良くポカポカ陽気でした。

海も一時期のニゴニゴ状態を脱してコンディションは上々。

こうなるとウズウズしちゃってお願いして潜らせてもらっちゃいました。

田子のフトネ、深い場所にある魅惑のエリア。
この時季はどうなっているのか気になっていました。
田子DCのSちゃんとバディのようなバディじゃないような感じで潜ります。

外海はやや波が残っていますが、大丈夫でした。
浅い場所は浮遊物が目立ちますが悪い透明度じゃありません。
深場は浮遊物も減り、透明度も良好。

このエリアのランドマークのような大きな大きなナンヨウキサンゴ、
中層にはトップシーズンを思わせるようなイサキやスズメダイの大群。

140408tago2.jpg

そして名物ハナダイの園は
サクラダイの大群が乱舞していました!

140408tago1.jpg

まさに桜の花吹雪みたいでしたよ(^_-)

ナガハナダイ、スジハナダイ、アカオビハナダイ、ついさがしてしまうシロオビハナダイも健在。
気軽にご案内できる場所じゃないのがなんですが、やっぱり楽しい場所です(^^)

いられる時間がかなり短く、キョロキョロしているあいだにタイムアップとなることが常。
はじめから狙いを定めて写真なり動画なりを残そうといつも思うのですが、たいがいダメですね。

とくに今シーズン初戦だからか手際が悪く「し残した」感がいっぱい。

だから、毎度「また行きたいな!」となるんでしょうね(笑)

ごく少数のファンはいるのでしょうけど、
雑誌やネットで話題になることもほぼないし(もちろん場所柄って事が大きいでしょうが)

人がいっぱいになるほど人気で見られる有名生物もそれなりの確立で見られるような場所もいいのですが、
一ダイバーとしてはどうもこっちのほうが「楽しい」という点で性に合っているようです…



2本目は湾内の白崎

ひそかにトビエイの群れを期待してエントリー。

でも残念ながら今日は1匹。思うように行きませんね。
アカエイだかイズヒメエイは3匹に遭遇。
それもまた良しとしましょう。

そして、この時期はこんな自分でもチラッと程度は見つかるから楽しい「ウミウシ探し。」

見る人は見ればきっとすごい数のウミウシがいるのでしょうね。

あまり好みじゃないなと思っていた方も、たまには宝探し気分でいかがですか?

140408tago4.jpg
コミドリリュウグウウミウシ

140408tago5.jpg
キイボウミウシ

140408tago9.jpg
ゴマちゃんこと ゴマフビロードウミウシ 白バージョン

140408tago6.jpg
一昨日と違う場所にいたけど違う個体かな? サガミリュウグウウミウシ

140408tago7.jpg
ピカチュウこと ウデフリツノザヤウミウシ

140408tago8.jpg
オルトマンワラエビ

140408tago3.jpg


たっぷり楽しんだ今日の田子でした!




posted by iwashi at 17:19| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。