2014年03月02日

3/2(日) 土肥ボート

● 天気:雨
● 気温:最高気温 10℃
● 水温:14℃
● 風向:北東 
● 透明度:5〜10m
● 潮流:弱〜中
● 海況:場所により水面バシャ

------------------------------
1.八木沢沖漁礁
2.飛島沖


今日のゲストは初イワシダイバーズのNさん。
昨年からメールでやりとりしていて今日初めて来ていただくことができました。

なのに
冷たい雨と北東からの強風、
しかもメールじゃわからないガイドこまつのパッとしないおやじっぷり…
ガッカリされたらごめんなさい。

西伊豆なので北東を含む東よりの風は見方のはずなのですが、あまり強く吹くと「八木沢沖漁礁」付近に限っては山のあいだから吹き抜ける風も影響を受けることがあります。

そんなわけで水面はバシャついていました。
でも大きな波にはなっていないので問題なく限定ポイント「八木沢沖漁礁」に潜ることができました(^^)

春濁りが心配されましたが上から下まで10m前後(もっとあるかな)の透明度。
色とりどり&豊富なソフトコーラルとネンブツダイの超大群、キンメモドキなどの魚群は相変わらず。
巨大なクエも現れてビックリでした。

太陽の光が無い今日でしたがさすがの沖漁礁、素晴らしい光景でした。

今シーズンは3月20日まで開放されますのでリクエストもどうぞ!

2本目は冬場はめったに行くことの無い小下田地区の飛島沖!

北東の風がビュービュー吹ていてもここはベタ凪、
何も寒い冬に遠いポイントに行かなくても、と思いますが行ける海況だとついオススメしちゃうんですよね(^_^;)

ポリタンクにお湯を入れて今年はじめての小下田。
飛島沖に到着すると海の色が「??」
あまり透明度が良く無さそう。
飛び込むと案の定濁ってる…

でも7mも潜るとニゴニゴの層は抜けます。

ハイシーズンに見られるような超魚群はさすがに見られませんでしたが。イサキやタカベ、キンギョハナダイなどの群れを見ることができました。

本日のNさん、
沖漁礁のソフトコーラルと魚影もよかったけど、飛島沖のダイナミックな地形が「楽しかった〜」とのこと。

ハイシーズン(6月〜11月あたり)のような魚影の濃さとは行かなくても飛島沖の大きな特徴であるいくつもの巨岩(水深8〜35mの高低差があったり)などダイナミックな地形を楽しんでいただけると
なんかうれしいですね!

140302toi2.jpg

140302toi3.jpg

140302toi4.jpg

140302toi1.jpg
テヅルモヅル 
クモヒトデの仲間で5本の触手があるとか。 いつ見ても妙な生物です。



posted by iwashi at 18:53| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。