2014年01月25日

1/25(土) 大瀬崎ビーチ

● 天気:曇り
● 気温:最高気温 12℃
● 水温:13〜14℃
● 風向:南西 
● 透明度:10〜15m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.先端
2.湾内(マンボウ前)


ご近所のKちゃんと大瀬崎で潜ってきました。

天気予報ではポカポカ陽気になるとか言っていたけどそれほど恩恵は感じず…

風は南西、大瀬崎の湾内から先端にかけてはベタ凪です。

せっかくの週末、平日は潜れない先端にエントリー!
冬らしいクリアな水中世界が広がります。

水温は下で13℃台。
潜り始めは素肌が出ている顔でその低い水温を実感です。
(すぐに忘れちゃいますけどね。)

冬はどうなんだろう(かわらずたくさんいるのか)と思っていたキンギョハナダイたちはほぼ健在の見事な群れ方。

140125ose8.jpg

140125ose4.jpg

透き通る水で青くクリアな水中、魚たちやソフトコーラル群のカラフルさ。
水温を抜かせば竜宮城のようです(笑)

先端の深場にはナガハナダイ、サクラダイ、ミナミハナダイの群れもいました。
クダゴンベも見られたりして上も下も楽しい先端でした。

140125ose1.jpg

140125ose2.jpg

2本目は目撃情報のあったアンコウ狙いもあって湾内へ。
(残念ながら見られませんでしたが)

こちらも湾内ながら良好な透明度。
こうなると大瀬崎も実に気持ちの良いエリアです。

アンコウは見られませんでしたが
ピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)
140125ose5.jpg
どっちが頭かわからない!? ピカチュウ

ツノザヤウミウシ
140125ose6.jpg

140125ose3.jpg
サラサウミウシ

140125ose7.jpg

石垣周辺には凄い数のネンブツダイ、クロホシイシモチ、スズメダイ
キンギョハナダイに混じってアカオビハナダイもコロニーをつくっていました。

140125ose9.jpg


大瀬崎はやっぱり天下のダイビングスポット、
この時期ながらけっこう多くのダイバーが来ていました。

水温は低いのですがドライスーツなど装備さえしっかりしていれば冬らしいクリアな伊豆の海を楽しめるからですね。

と思っているのですが、水中で「ウェットスーツ姿」のアマチュアカメラマンを何人も見ました。
ス、スゴイ(^_^;)


posted by iwashi at 19:52| 静岡 ☀| 大瀬崎'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。