2013年12月01日

12/1(日) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 14℃
● 水温:16〜18℃
● 風向:南西 
● 透明度:6〜8m
● 潮流:弱〜
● 海況:小下田地区はややうねり

------------------------------
1.飛島沖 PART2
2.八木沢沖漁礁
3.八木沢沖漁礁


朝晩はさすがに寒くなりましたね。
今日から12月だし、それなりの陽気になったと言うことでしょうか。
とは言え、今年は冬の季節風がつよく吹くのが早い気がします。
11月下旬は毎日北西の風ビュービューだったし(--;)

今日は昨日までに比べればずっとマシな海況、1本目は遠い小下田地区の飛島沖にも行けたし。

今回も土肥のTHE101の作業のお手伝い。
期間限定開放の「飛島沖PARTU」は11月いっぱいで再びクローズ、
ブイの撤去作業です。

昨日までのザブザブ海況の影響か水は濁り気味。
この時期としてはめずらしいかも…

浮上前に魚群の名所 「西の根」経由でしたが、さすがキンギョハナダイなど見事な魚群、それを上から見ながら1本目終了。

2、3本目は12月20日から開放される「八木沢の沖漁礁」へ。

1201okigyo4.jpg

こちらでは、漁礁に引っかかったりしているロープやアンカー(碇)を引き上げたりする清掃作業。
自分の部屋の掃除は面倒でめったにしやしませんが、海の中の清掃はなかなか好きです(^_^;)

ところで、今日は3ダイブ、「八木沢沖漁礁」は20mくらいの水深、砂地におりると23mとか。
こんな場所では空気より少し酸素の割合が多く、通常の空気が入ったタンクに比べて同じ潜水時間なら減圧症になりにくいとされているエンリッチドエア ナイトロックスのタンクが有効ですね。

今日は作業と言うこともあって3本ともエンリッチドエアのタンクを使わせていただきました。
THE101さん、ご馳走様でした!!

※ エンリッチドエア ナイトロックス のタンクを使用する場合はSP(スペシャリティ)カードの提示が必要になります。
そのナイトロックスについて「どんなものか知らないので教えて」って方はお気軽におたずねください(^^)



さて
こちらも透明度はイマイチながら、漁礁には凄まじい数の魚たち。
カラフルでリッチなソフトコーラル群生とネンブツダイ、クロホシイシモチ、キンメモドキがグ〜ッチャリ!

中層にはマアジに大群がビュンビュン泳ぎ回っていたり、南方系なはずのタカサゴの若魚がけっこうな群れでいたり。

1201toi1.jpg

1201toi3.jpg


今日はほとんど見て回る余裕がなかったので水中の様子はこのくらいで。



八木沢沖漁礁、2名様より出港となりますが、いまのところ
12月22日(日)、28日(土)
にリクエストいただいておりますのでお一人お申し込みでもOKです。

ビックリするような(今年はとりわけ魚影が濃いかも)魚群ポイント、
こんな時期ではありますが、ぜひ見ていただきたい場所です!


posted by iwashi at 18:58| 静岡 ☀| 土肥'13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。