2013年07月10日

7/10(水) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 31℃
● 水温:19〜23℃
● 風向:南西 
● 透明度:6〜10m
● 潮流:弱〜
● 海況:ちょっぴりザワザワ
  
------------------------------
1.小下田 タカトビ
2.小下田 タカトビ


今日は土肥のダイビングサービス「THE101」のポイント調査に参加してきました。

4月から始まった「2/365」
普段潜れない場所に1年のうち2日間だけ潜ってみませんか?
というイベントですね。
http://www.the101.co.jp/2365-3-1/

7月の部は27日(土)、28日(日)の2日間。

場所は土肥の中でもダイナミックな地形と見事な魚群が見られる小下田地区(恋人岬のあるエリア)のとある場所。

場所についてもう少し書くと、通常も開放されている「飛島沖」と夏季開放のポイント「鷹ノ巣」の中間あたり。

名前も両方の名前から「タカトビ」となるわけですね(笑)

だいたいが、普段潜れない場所に潜りましょう、
さらに言うと「まずは調査してみましょう」
なんて言われると尻尾をブリブリ振って押しかけ参加してしまいます。
なにしろ普段潜れない場所に潜ることはダイバー冥利に尽きると言うもの、まさに大好物です(^_^;)

海は最近あった大きな水温差はなく混ざった感じ。
今日はやや濁り気味でしたが、不自由を感じるほどでもないかな。
水温は深くてもほぼ20℃前後(浅いエリアは22℃〜)でした。

タカトビの水中の雰囲気はと言いますと、
水底は推定30m以深の砂地からトップは7mの巨大な根まであるとってもダイナミックな地形が見事。
のぞける穴やトンネルもいくつもありそう。
そしてなんと言ってもソフトコーラルの群生の見事さは特筆モノです!

130710toi3.jpg

砂地とゴロタ斜面の境目を行くので比較的泳ぎやすいかも。

名ポイント「飛島沖」が近いので魚群もかなりまわってきます。

130710toi1.jpg

130710toi2.jpg

ブイ(仮設置?)のあるあたりの高い根にはウットリするようなキンギョハナダイの大群が流れに向かって舞っていました(^^)
130710toi4.jpg


飛島沖にも近く1ダイブの中で2度美味しいってのも可能かも(笑)

130710toi6.jpg
飛島沖にて


それにしても暑い日でしたね。

土肥のプールもこの数日ですっかりヌルくなった模様。
海から戻って体を冷やすためにしばらく浸かっちゃいました!

130710toi5.jpg

7月の部、待ちに待った小下田地区での開催、うーん楽しそうです!!
皆様、リクエストをどうぞ!!


posted by iwashi at 18:14| 静岡 ☀| 土肥'13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。