2012年10月05日

10/5(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 27℃
● 水温:25〜26℃
● 風向:南西
● 透明度: 10〜15m
● 潮流:中レベル
● 海況:波が少しザブ気味

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


天気も上々、凪も良さそうなので田子に出かけてきました。

張り切って出港、外海に出てみると凪というには多少波がありますね。
南東になるはずの風は結局南西のまま。

でも、ダイビングに支障になるほどの波にはならずにフトネに2本潜ってきました。

台風19号の前の青さはなく、全体にぼやーっと白っぽくなっていますが、案外遠くまで見えています。

青い水の時に減ったかと思われた魚群は伊豆らしい(^_-)水になったら見事に復活!

121005tago2.jpg

スズメダイ大群、キンギョハナダイ大群、その外側にタカベやイサキも大群で(^^)

121005tago3.jpg

最近、ちょっとハナダイ見物がいい感じ。

狙うはシロオビハナダイ。

しっかりいました!

が、
写真は下手っぴで出来は悲惨…
121005tago5.jpg

ご覧の通り ピンボケにもほどがありますが、綺麗なハナダイってことをお知らせしたくて恥を忍んで写真を載せます(苦笑)

シロオビハナダイの名の由来である白い帯は今日のところは薄い個体ですが、前回よりは見えていました。

すぐ隠れてしまう子でなかなか撮らせてくれませんが、こうとなったら何回も逢いに行っちゃうからね〜(^_-)

ここではスジハナダイもいっぱい。
婚姻色のオス、とメスは10匹以上見られました。

121005tago4.jpg スジハナダイのオス。婚姻色のせいかスジは薄くなっています。

ナガハナダイもここでは水深30m前後から見られます。

やはりフトネ周辺あるサクラダイの大群が見られる場所は、
相当な大深度になる場合もあります。

スジハナダイ、シロオビハナダイがいる場所は「相当」ではないものの「それなり」に大深度。
現場にいられるのはほんのちょっと。
やっぱりハナダイ見物は楽じゃないかも…

フトネのブイのロープがある本体の根頭は水深10mをちょっと切るくらいと浅いので後半に窒素を抜きながら魚群も楽しめるありがたい場所なので助かります。

121005tago1.jpg

根頭付近では南の魚である若いタカサゴの群れや今シーズンどこでも良く見るクロユリハゼ、下のほうにはハタタテハゼもペアで、中層にはヒレナガカンパチが数匹、ときおり魚群に突っ込んでいました。

にぎやかでした!!


posted by iwashi at 17:24| 静岡 ☀| 田子 '12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。