2012年09月24日

9/24(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 28℃
● 水温:24〜27℃
● 風向:東
● 透明度: フトネ 15〜20m 白崎 10〜15m
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


昨日は雨の1日でしたが、今日は爽やかな晴天。ダイビング日和ですね!

数日前の大雨以来表層から10mくらいまで濁り気味だった海。
ところが今日になって見事復活!

朝一の沖ノ島なんて30mくらい見えていたかも、って話(^^)
しかも水温も水深20mまで行っても26℃!
海は本当に予想を超えます。

1本目はフトネ。
朝の沖ノ島に潜っていない自分には十分にキレイに思えましたが、田子DCの社長によると「ちょっと白っぽい水になった、さっきはこんなもんじゃなかった!」とのこと。

フトネらしい魚群はあいかわらず。
キンギョハナダイやスズメダイ大群、その向こうにイサキやタカベの群れ。それを縫うようにワラサもウロウロ。

120924tago1.jpg

深場(かなりの)は3日前は19℃だった水温は今日は23℃。快適〜!
もちろんサクラダイはい〜〜っぱい!!

このサクラダイ、オスの集団は目立ちますねぇ。
120924tago3.jpg

でも、圧倒的に数が多いのはメス。
派手な模様もないし多少地味かも。
普通のハナダイと違いがわからないと言う方には背びれの黒い班を、と説明します。

今回はいつものオス集団の写真の他にハナダイらしくオスとメス多数のシーン(ここでは実際はあまりそのようにいない)を狙ってみます。
120924tago2.jpg 1匹のオスと何匹かのメスのサクラダイ。カメラの設定のせいかちょっとピンクっぽい色に写ってしまいましたが、実際はもっとオレンジ色です。


2本目はちょっと久しぶりの白崎へ。

夏からずっと外海さえ潜ればイサキやタカベの魚群に囲まれまくりの伊豆の海。
伊豆は魚が少ないなんて言うのは夏から秋にそういう場所に潜ってから言っていただきたいものです(^_^;)

とは言え、そんな自分もたまには下や岩肌を見て潜りたくなるもんですね。

数日前にニシキフウライウオの目撃例もあった白崎。
いっちょさがして見ようかね。

120924tago5.jpg

120924tago4.jpg

うーん、ニシキフウライウオは見えてきません。
やっぱり自分の目はフシアナのようです…

でも、白崎としては良好な透明度でウミトサカの群生やムチカラマツの林など気持ちいい光景です。

120924tago6.jpg

後半はエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)の群生でまったり。窒素抜きにも最適な時間ですね。

エダサンゴの中にはトノサマダイやスミツキトノサマダイ、アケボノチョウチョウウオやトゲチョウチョウウオの子が出たり入ったり。可愛いです。

ソラスズメダイの群れの中には春からずいぶん大きくなったホカケハナダイも今日も見られました。

フトネと白崎の対照的なダイビング、
どちらも楽しい田子でした!

120924tago7.jpg





posted by iwashi at 18:16| 静岡 ☀| 田子 '12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。