2012年07月10日

7/10(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:最高気温 27℃
● 水温:19〜23℃
● 風向:東
● 透明度:フトネ 4〜10m 白崎 6〜8m
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


天気はバッチリ、海も凪!
こんな日に海に出ないでイワシハウスでパソコンなんぞ打っていられるか!ってことで
田子に行ってきました。

120710tago1.jpg
今日一緒に潜った人2名。ここのガイドさんと近所のガイドさん(^^)

天気が良くて陽射しはタップリ、昨日までの傾向として深いエリアは水温は下がったとしても水がキレイなことが多い。

ずっと行きたかったのはフトネの「魅惑のエリア」
普通のゲストの方をご案内するにはちと深すぎるのであまり行きませんが、なんといっても凄い数のサクラダイが乱舞する「桜の園」

すみません、誰もそんな風に呼んでいません(^_^;)


いつも光が足りなくて写真を写しても手前の魚たちしか写らず、あの数がどうしても写せない悔しさを感じていました。

思う存分、そこらへんで遊んでやるぞ〜!

そんな巧みを胸に、ベタ凪のフトネにエントリー!
お、水は昨日より青いぞ。
しかも水温も上がったねぇ。
良い潮が入ったかな。。

でも
10mの根頭の見え方がおかしい(?)
根頭に到着すると「あっれ〜!」

濁った潮がデンとあるじゃないですか。なんですかこれ?
一応目的地の深い方に向かってみますが、期待した明るさがないのであえなく「桜の園」は中止…
フトネ本体の周辺で遊ぶことにしましたが、濁った水はなかなか抜け切らず。
でも魚群は凄すぎ!

イサキの大群は「バサーッ、バサーッ」って音を立てながら走りまくりで、こっちの目が回ります。
なんだか、より魚群が近くて多くて速くて、いや〜ド迫力でした。

根頭のキンギョハナダイももちろん大群。これも夏〜秋の名物となってますね。

昨日は浅場が濁ってて深いエリアは良くなるパターンだったのに。
これだから海はわからないです(-_-;)

120710tago2.jpg
足の下には濁った層が。浅場は良い水、見事に2層になっていました。


2本目は湾内の白崎。
こっちはいつもの感じの水です。
6〜8mくらいの透明度は白崎としてはごく普通なので妙にホッとしちゃいました。
これまで超大群で楽しませてくれたカマスはちょっと減りましたがまだ大群でいてくれました。

白崎のレギュラーメンバーと化しているセトリュウグウウミウシも2匹、今日はクロスジリュウグウウミウシも見ることができました。
他のスポットではそれほど当たり前の種類じゃないみたいなんですけどね。

どちらもオッサンダイバーの目にも容易に見つかる派手な色合いと適度な大きさです(^_^)/~
120710tago4.jpg クロスジリュウグウウミウシ

120710tago5.jpg ニシキウミウシの幼体

120710tago3.jpg

他にもおっきなマダイ多数、巨大ウシエイ、見事なウミトサカ群生、タカベの子の群れ、メジナの群れ、スズメダイの群れ、ホカケハナダイ、アカオビハナダイの子などとっても賑やかでした。

大深度でたっぷり遊ぼうなどと悪巧みをしてそちらは見事に頓挫、諦めムードで潜った白崎がなんだかとっても楽しかった今日のプライベートダイビング。

思うように行かないから海は楽しいということですね(^-^)


posted by iwashi at 20:48| 静岡 ☀| 田子 '12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。