2012年06月17日

6/17(日) 田子ボート

● 天気:小雨→曇り→晴れ
● 気温:最高気温 29℃
● 水温:23〜24℃
● 風向:南西
● 透明度:5〜15m 
● 潮流:0〜1
● 海況:外海クローズ 潜った場所は良好

------------------------------
1.白 崎
2.白 崎


予報では夜中から朝方に強い雨が降るようなことを言っていましたが、それほど降らずに助かりました。
でも南西の風が強く吹くことはしっかり予報通り。

西伊豆のいくつかのポイントはクローズとなってしまい、この海況にも荒れない田子の湾内には多くのダイバーがやってきていました。

とりわけ湾内の白崎に多くのダイバーが潜ると泥っぽい底質の場所が多い白崎はダイバーが巻き上げる泥の濁りがおきてしまいます。

さてさて、本日はOさんたち5人の仲良しチームが潜りに来て下さいました(^-^)

120617tago1.jpg
「いわし潜水団」のTシャツを着ていただいてますね!


ポイントが制限されますが元気に白崎へ。
飛び込んでみると、確かにダイバーによる濁っているエリアもありますが、そうでない場所、とりわけ沖側は「きれい!」青さもあります。

なるべく濁ったエリアを避けてコースを取れば、いつも通り(それ以上?)の白崎です。

そして、今年も白崎にカマスの大群がやってきました!

120617tago2.jpg Photo itami

なぜか初夏に集まるカマスの大群。
次から次からやってくる見事な大群。

水のキレイな場所で見ると奥の方まで群れが見えます。
グルッと巻いてトルネードっぽくなっていたりもして見とれちゃいます(^_^)/~

120617tago3.jpg

120617tago4.jpg Photo:K.Oishi

途中でOさん、不思議な濁りを見つけて寄ってみたら、濁らせた犯人はアカエイ2匹(笑)
バタバタモクモクスモークのように濁りが漂ってなんともおかしな光景でした。

120617tago5.jpg

皆さん、それぞれリラックスしてウミウシを探したり中層の大きなマダイの編隊に見とれたりしています。

ラストは今日もエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ群生)でまったり浮かびます。

120617tago6.jpg

最近はさらにソラスズメダイが増えてとってもカラフルです。

ソラスズメダイやキンギョハナダイの群れの中にはアカオビハナダイ?の幼魚やちょっと珍しいホカケハナダイの姿も見えます。


強く吹いた南西の風により制限されて潜った白崎2本でしたが、思いのほか賑やかで明るく、さらに23〜24℃と快適な水温の海にすっかり楽しませてもらいました!!

120617tago7.jpg










posted by iwashi at 18:30| 静岡 ☀| 田子 '12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。