2011年11月19日

11/19(土) 田子ボート

● 天気:風雨強
● 気温:22℃
● 水温:21〜22℃
● 風向:南西
● 透明度:15〜20m 
● 潮流:1〜2
● 海況:外海波あり

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


残念ながら予報通りの大雨と強風の1日でした。

嵐のように吹き荒れる南西の風と横殴り気味にザンザン降る雨(-_-;)
(気温が高めだったのが救いだったけど…)

本日のメンバーは昨日からのM田ご夫妻と、
昨夜急遽予約のM永M穂。
「土曜日は雨風ひどいからわざわざ日帰りで来るのはやめた方がいいと思うけど」
と言ったのですが、
「雨風は覚悟の上。断固として行きまーす!」
M永さん、早朝に雨の中車を走らせて来ました(^_^;)

天候、海況などを考えて朝は早めの土肥出発。
雨は降っていますが、まだ風はそれほどでもありません。

(その後、他の海況の悪いエリアから続々ダイバーが田子に移動してきていました)


田子に着いて準備をしていると田子DCの社長から
「今すぐなら外海に行けるかも」
とのうれしいお言葉。。

湾内から少し出てみて見て大丈夫なら行くということで出港。

いくらか波うねりはありますが、白波はあまり無く、船頭さんはベテラン、ボートはどんどん走れます。

フトネに到着しサクッと準備してエントリー。

潮流はゆっくり。
さすがにこの天気で海の中は明るさが足りないのですが、
透明度良くないですか!

ウワー、15m以上見えていますね、この透明度。
根頭付近のキンギョハナダイのよくまとまって見事!
ひところ深いほうに行っていたイサキやスズメダイもバッチリ群れています。

いいじゃないですかぁ!!

111119tago1.jpg フトネの根頭にて。


111119tago2.jpg


111119tago3.jpg


海況を考えて早めに根頭に戻って安全停止態勢に入ります。

水面を見上げると、平和な海中と違いザブザブ波の光景…
みんな同じく「上がりたくないかも(-_-;)」 と考えていたようです(苦笑)

でも浮上しないわけにも行かず、気合を入れて水面に顔を出し、素早くエキジット完了!

いよいよ吹き始めた南西の風で船は後ろから波に押され多少翻弄されながら進みますが、思いがけずバッチリの透明度とたくさんの魚たちに囲まれたフトネらしいダイビングにみんなの笑い声でいっぱいの船上。

船頭さん、本当にありがとうございました!!


2本目は

スタートが早かったので、まだ10時くらい。

弁天島も考えましたが、内海の一番外側に位置しているのでさすがに水面は波が見えます。
1本目に外海へ行けてバッチリのダイビングができたのでもう張り切る必要もありません(笑)

そんな訳でベッタリ静かな白崎へ。

ガラリと変わってまったりダイビングが引き立つわけです。


そして、これまた意外な海の中。

この天候なのに、白崎では相当良い方の透明度。
15mくらい見えている感じです。

よく見えているので皆さん思い思いに好きな魚やソフトコーラルを見たり写真を撮ったり。

小魚の群れでもいるのか、大きめのカンパチたちや大きなワラサ?(小さめのブリ?)もウロウロ。

後半のエダサンゴ(ヒメエダミドリイシ)のエリアでも思い思いにのんびり散策。

トノサマダイ、アケボノチョウチョウウオ、ヤリカタギなど
サンゴの中には南方系のチョウチョウウオの子供がたくさん。

111119tago4.jpg 白崎のエダサンゴ群生にて。

サンゴのエリアではソラスズメダイもたくさん群れていてうっとりするくらいカラフルです。


111119tago5.jpg

これまた、「あ〜、楽しかったね〜!」と帰りの船上。


さらに強まる雨と風の中、昼前にはした気分いっぱいでイワシチームは撤ッ収〜!!


天気は荒れ模様でしたが、海はバッチリ。
それにしてもわからないものですね〜(^_^)/~


雨風ひどいとの予報にもひるまず日帰りでやってきたM永さん、この展開を読んでたの??(笑)

この天気にもぜんぜんめげる様子も無く楽しそうに潜っていたM田夫妻、ありがとうございました!





posted by iwashi at 17:32| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。