2011年07月11日

7/11(月) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 気温:32℃
● 水温:17〜24℃
● 風向:南西
● 透明度:4〜15m
● 潮流:1〜3
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


今日も「こんな暑〜い日に海に飛び込めてありがたい!」日でした。

風は南西ですがごくゆるく、海は穏やか、とっても気持ちの良い海上でしたよ。

1本目はフトネ、暑さにゆだる体のさらなる冷却効果を求め(ウソ)、ちょい深い場所へ。
水面はゆるやかな南に向かっての潮でしたが、少し潜るとゆるい北行きの潮、もっと深い場所はけっこうな勢いの北行きの潮でした。
水温も水面の25℃ありそうなヌルい水温が潜るとドンドン下がります。
深い場所は水もきれいでサクラダイも乱舞。巨大ナンヨウキサンゴもポリプ全開です。

でも魚たちは浅い根頭に集中。
キンギョハナダイ、イサキ、マアジ、カゴカキダイ、メジナなど寄せ集まった感じです。
潮がごくゆるかったのでイサキなどのまとまりが無かったのですが、根頭は実に賑やかです。

110711sakuradai.jpg サクラダイのオス


2本目は湾内の白崎。
一昨日はそんなに透明度も悪くなく印象の良いままエントリー。
「あれ〜!」
濁ってます…
予想を上回る濁りでショックに震える我等の横をカンパチの若魚の群れがケラケラあざ笑いながらチョロチョロ泳ぎます。

水深20mまで行っても濁ったまんま。
心の中は「参りました、ゴメンナサイ」

ヒラタエイ、さらにかろうじてトビエイも通ってくれます。

浅場の濁りっぷりに期待もできずに最後のエダサンゴの群生へ。
やっぱり、濁りはそのまんま。
なんだか申し訳なくて見ることのできなかったメンバーさんの目が遠くを見つめ、そして指差します。
途中でいるはずだったのに見られなかったカマスの大群がやっとあらわれました。
リバーのように途切れず群れるカマス大群。
濁っているとは言え迫力満点。

濁りのせいか、静かにしているとさわれそうなすぐ近くを大群がガンガン通ります。

カマスちゃんありがとう!

110711kamasu.jpg 白崎のカマス大群


1日ごと、いえ時間ごとに変化する海。
近いうちにバッチリなコンディションがやってくるはずです!


posted by iwashi at 17:44| 静岡 ☀| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。