2011年06月19日

6/10〜13 沖縄

イワシダイバーズとしては実に久しぶりの沖縄遠征でした。

沖縄ツアーの予告をしてもほとんど問い合わせも反応も無く、ツアーが成立しないテイタラク。
ダイビングのメッカである沖縄、たまには行ってみようということでわずかに反応してくれたごく少人数のメンバーと駆け足の日程での沖縄遠征でした。

今回はウチでは初めての本島ベース。
いろいろ考えたのですが、限られた日数でもあったのでとりあえずこのパターンにて。

それにしても、予想外に早かった今年の梅雨明け。
初夏の南風(夏至南風→カーチバイ)が吹き出しちゃったじゃないですか…

結局行きたいと考えていた粟国島には行けず。
1日目は慶良間諸島、2日目は渡名喜島でした。


1106ugan.jpg 慶良間諸島にある男岩。陸上景観はダイナミック。でも水中は意外とまったりしたポイントです。


1106hanahige.jpg 男岩と言えばハナヒゲウツボ?ですか(笑)


1106ronin.jpg ロウニンアジ 1匹で悠然と。文字通り浪人風。


aki1106okitonaki.jpg 久しぶりの慶良間の海は抜群の透明度、真っ青な海でした!photo by aki


1106matyan.jpg マチャン礁にて

1106nemuri1.jpg


1106nemuri2.jpg


aki1106okiugan.jpg ダイナミックな地形はやっぱり気持ちいいです。 photo by aki

aki1106okifurisode.jpg  フリソデエビ 伊豆で見るタイプの青いのとは違いますね  photo by aki

2日目、南風が強く粟国島へ行くことができずかわりに行った渡名喜島。

粟国に行けなかったのは残念ですが渡名喜の海の青さは素晴らしいものがありました。
真っ青な水と抜群の透明度。 まさに渡名喜ブルー!

砂地になだらかなサンゴ根という地形ながら100匹を超えるイソマグロの大群、ギンガメアジの大群、マダラトビエイなどが出現する意外性タップリの海。

それぞれ真っ先に駆けつけることができなかったのでバッチリ間近で見ることができませんでしたが、そんな大群がいるもんですね〜!

aki1106okitonaki1.jpg 渡名喜の海。素晴らしい透明度、渡名喜ブルーの海でした photo by aki


自分としても初めて行った本島ベースのダイビング。

慶良間諸島や渡名喜島、粟国島などダイナミックで魚影もバッチリな海まで行ける可能性があるのなら十分楽しめますね。

さらに沖縄本島南部にもいくつも良いポイントがあるって友人からもお知らせをもらいました。

離島に渡るには日程が足りないかもって場合にも本島ベース、「有り」かもしれませんね。


最終日は飛行機に乗る関係でダイビングはせずに観光へ。

本部の「美ら海水族館」に行ってきました。
ジンベエが3匹、マンタ多数。
サメもブルシャーク(オオメジロザメ)やタイガーシャーク(イタチザメ)→小さくて迫力がイマイチ(笑)もいたりでかなり楽しめました!

aki1106okityura.jpg ジンベエ×3匹 photo by aki 




posted by iwashi at 21:29| 静岡 ☁| ロングツアー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。