2011年06月01日

6/1(水) 田子ボート

● 天気:曇り
● 気温:19℃
● 水温:20〜21℃
● 風向:東
● 透明度:10〜15m
● 潮流:1〜
● 海況:良好

------------------------------------------------
1.フトネ
2.白 崎

ちょっと肌寒さも感じる1日となりました。

でも、水温アップを機に今季初ウェットスーツで出陣してきました。
ありがたいことに深場まで行っても寒く感じることも無く潜っていられました。

透明度も台風後の濁りも無くフトネでは15mくらいは見えていました。
フトネでは相変わらず見事なサクラダイの大群やスズメダイ、イサキの群れ、そしてワラサというには大きいくらいのワラサの大群がぐるぐる回ってくれたり。

110601warasa.jpg ブレブレ写真ですみません。ワラサの大群です。

良好な透明度の中フトネのダイナミックな地形も映えてスカッとした1本でした。

1本目のフトネは深めだったこともあり2本目はのんびり湾内の白崎へ。
潜降してすぐに登場したのがアカエイ、それに続いてトビエイもゆっくり泳いでゆきます。

そし、ここはあいかわらずウミウシが目に付きます。

110601setoryugu.jpg セトリュウグウウミウシ

110601hanaotome.jpg ハナオトメウミウシ

110601shiro.jpg シロウミウシの顔

ウミウシを積極的に見つける方ではないのに次々に目に飛び込んできます。
他にもイガグリウミウシ、クリヤイロウミウシ、シロハナガサウミウシ、シロウミウシなんてやたらたくさんいます。

見えてしまったきれいなウミウシに引っかかってしまい、これではなかなか前に進めないくらいです。

そんな中ですが、中層がまた凄かった!
カマスの大群がガンガン泳いでいます。途切れることなく猛スピードで泳ぐカマスの大群。

大きなマダイやスズメダイの群れも見えます。

透明度こそ外海のフトネより落ちますが(8〜10m)後から後から見所がやってきてあっという間に45分。「もっと長い時間を伝えて置けばよかったかも」

110601midoriishi.jpg

ラストは白崎名物のエダサンゴのエリアでゆったりまったり。
エダサンゴの上で群れるソラスズメダイの群れ。
でも、ときおりやってくるカマスの大群、落ち着きにくいったらありゃしません。

貸切状態の2ダイブ。
初夏の海満喫でした。



おまけ

ほんのちょっとだけワラサの動画を撮ってみました。




もうひとつ おまけ

110601neko.jpg ネコ×猫
帰りに立ち寄った恋人岬にて。
ネコ店長と猫ひろしの雰囲気を持つAくんの2ショットでした。


posted by iwashi at 17:26| 静岡 ☔| 田子 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。