2011年05月19日

5/19(木) 黄金崎ビーチ

● 天気:晴れ
● 気温:25℃
● 水温:17〜18℃
● 風向:南
● 透明度:4〜7m
● 潮流:1〜2
● 海況:良好

---------------------------------------------------------
天気はバッチリ、海もナギの今日黄金崎ビーチで潜ってきました。

あいかわらずダイバーは少なく西伊豆らしい静かさ独占って感じです。

透明度はもうちょいって感じですが、エントリー直後の浅い場所は明るいしハタンポの群れやイワシのこの群れなどいてとっても気持ちの良い光景です。

今日もまたもや柄にも無く岩肌や壁を見ながら潜るスタイル。
何か見えてくるとかなり楽しいですからね。でも、1p以下の生物は足も顔も見えません。単なる色のついた塊くらいにしか見えません(涙)
そろそろマスクにローガンレンズを貼り付けなきゃ、ですか…?

まずはウミウシのペアものが目に入ってきます。

110519nishiki.jpg 大きさの違うニシキウミウシの幼体


110519otome.jpg オトメウミウシが2匹


今日は海はうねりも波も無く静かだったので黄金崎ホールにも行ってきました。
ちょっとエントリー口から距離はありますがなかなか奥行きのある洞窟です。

穴の壁を見るとウミウシなんかもけっこう見かけます。
雲見もそうですが、こういう場所ってウミウシが多いですね。


ゴロタと砂地の境あたりにはあいかわらずクロホシイシモチが大群で連なっています。
石の上には巨大なヒラメがいたり。

ケーソンには成長したとは言えまだ小さくて可愛いマツカサウオも頑張っています。
トサカにはアケウスが3匹。


110519ebi.jpg 途中にあったウミトサカに。顔だけ出して可愛かったです。


110519kokeginpo.jpg どちらかというと少数派のオレンジ色のコケギンポ。けっこう威張っているヤツでした。



砂地の浅いあたりに戻って黄金崎名物?のネジリンボウとヒレナガネジリンボウに会ってきました。
ヒレネジは伊豆で見られるヒレネジとしては割と大きくて越冬した子なんでしょうね。

そして、ネジリンボウはかなりおおらかな個体。
かなり近寄ることができますね。

110519neji.jpg 近づくことができたネジリンボウ。でも写真に色が出ていない。なんでだろ。。 小さい生物用のカメラ欲しいな…


情報では黒潮系の水も伊豆半島の下に見えています。
今日の黄金崎も水中もゆっくりながらも着実に水温上昇。表層付近は「あったかいかも」と感じる水温。
変化が楽しみな季節です。


posted by iwashi at 20:15| 静岡 ☁| 黄金崎 '11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。