2016年08月06日

8/6(土) 土肥ボート

● 天気:曇り時々雨だったり晴れ
● 最高気温 30℃
● 水温:22〜26℃
● 風向:東〜南
● 透明度: 7〜12m
● 潮流:中強〜弱
● 海況:良好

--------------------
1.サク根
2.飛島沖2〜1


-お知らせ-
イワシダイバーズのホームページが引っ越しました。
お手数ですがブックマークなど書き換えていただけますようお願いしますm(_ _)m
新しいURLは↓

http://www.iwashi-divers.com


今日は朝から快晴!
海も良い凪、台風のうねりも感じません(^^)

160806toi01.jpg

リクエストで土肥ボート、
できれば潮が速いほうがいいとのこと。

最近たまにそんなリクエストをいただいたりするのですが、なぜ?(^.^;

そして、向かった土肥の中でもダイナミックなポイントを有する小下田エリア。

通常はブイがあって深度もある飛島沖から始めることが多いのですが、サク根(恋人岬直下の巨大な根)付近の潮が快調に流れている様子。

ではここからと行きましょう。

ウチの薩南ツアーにも参加いただいたメンバーさん、多少潮の流れがあっても水面でごちゃごちゃせずに即潜降、ピンポイントで水底集合スタイルが使えます。
BCの空気を抜いてエントリーそのまま潜降。

まずは潮の陰を選んで進みます。

水温が上がっています!
水面は26℃! 水深25mでも22℃はあります。

透明度はばらつきがありますが、白っぽいながらも青みも感じます。

キンギョハナダイ、その下ではサクラダイの乱舞、
ときおりギュッと群れるイサキやタカベ、大マダイ、
潮の走る場所も体感していただき、タイミングを見て潮に乗ったり。

160806toi05.jpg

160806toi02.jpg

ご要望になんとかT本目でお応えできたかな(^^)

もちろん、潮の流れなんてものは実際は行ってみなければわからないので、たまたまなんですがね。

それでも伊豆らしからぬスタイルのダイビングができるサク根。
リクエストもどうぞ。
もっとも条件が揃えばGOですけどね。

2本目は飛島沖Uから

こちらはさらに魚が多くなります。
タカベやメジナ、キンギョハナダイの大群、スジアラや巨大なアオブダイ
そしてなんといっても見事なソフトコーラル群。

160806toi03.jpg

160806toi04.jpg

飛島沖は潮の流れが水面だけで中層以下はほぼ止まっていました。
そのぶん、広い飛島沖エリアをあちこち巡れました。

水温も上がってきたし、7月くらいまでありがちな不安定な海況から脱したかな?


posted by iwashi at 18:56| 静岡 ☀| 土肥'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。