2015年09月30日

9/30(水) 神子元ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 25℃
● 水温:22〜24℃
● 風向:北東
● 透明度: 8〜15m
● 潮流:〜強
● 海況:うねり、波あるけど収まりつつあります。

------------------------------
1.カメ根
2.三ッ根


台風21号のうねりも日に日に収まりつつあります。
まだ、凪とまではいえませんがうねりのために大きな制限を受けるほどではありません。

今日はウチにも潜りに来てくださる方からの紹介のSさん。
「神子元に行きたいです! ハンマーを見たいです!」
ダイビング本数は50本ほどとのこと。
「では、すみませんが、前日に西伊豆の田子などで一緒に潜りましょう。それで神子元GOか決めませんか」
「それから、ハンマーは出ないと思いますよ…」

神子元ダイビングはやはり異質とも言っていいでしょう。
波や潮流、それからゆっくり海中散策という通常のダイビングとはずいぶん違う常識とも言えます。

そして昨日は田子に。
台風のうねりでとくに根頭などでは大きく振られるわりとワイルドな条件。
でもSさん、さしてひるんでいる様子もなし。
すぐに魚群に見とれて堪能されているご様子!

これなら、神子元も(マンツーマンだし)いける。

そして今日となりました。

おさまってきたとはいえ波やうねりも無くはない神子元。
潮流もけっこうな速さ。岩にしがみつき匍匐前進。終盤にはダウンカレントも体感。
さすがに、こんなダイビングは初めての体験で驚いたようですが、ビビってはいません。
巨大な群れをつくるタカベやイサキにもびっくりしたとか。

150930mikomoto1.jpg

1本目は水温が22℃位になりましたがまずまず良好な透明度。
2本目の三ッ根はちょっとすっきりしない透明度でした。

1本目はあっという間に行ってしまったメジロザメ、
2本目はこれまた一瞬のハンマーのしっぽ。

どちらもちゃんと見ていただけなくてすみませんm(_ _)m

でも、三ッ根〜白根方面への高速ドリフト、
水底がすごいスピードでヒュンヒュン飛んでいましたね。(透明度が良ければもっともっとスピード感があります)
これも神子元ダイブの醍醐味ですexclamation

ハンマーももちろんいいのですが、神子元を楽しんでちょこちょこ行っていればそのうち必ずドーンと遭遇します。
今日のような激流ダイブや高速ドリフトも他ではナカナカ味わえない神子元の魅力だと思っています。
そんなあたりも楽しんでいた姿に「将来有望」の言葉が浮かんだ本日でした(^^)


posted by iwashi at 19:09| 静岡 ☀| 神子元'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

9/29(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 25℃
● 水温:23〜24℃
● 風向:東
● 透明度: 7〜12m
● 潮流:中〜
● 海況:うねりそれなりにあり

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎
3.フトネ


台風21号のうねりはあいかわらず届いていますが外海で潜ることができました。

150929tago06.jpg

1本目のフトネ、透明度低下が心配されましたが、水深10mくらいまではかえって青いじゃないですかexclamation&question

もちろん波長の長いうねりはパワーが有って根頭につかまることは厳しい状況。

でも、浅場にはイサキやタカベ、マアジ、それにアタックする大きなワラサ軍団や若いカンパチ編隊、
午後にもフトネ(青さはなくなっていましたがすごく悪くなったわけでもなく)に潜りましたが、それらの魚群は凄まじい群れっぷり!
今日の初イワシのSさんも「うわー、す〜ごかったですぅexclamation

150929tago02.jpg

150929tago03.jpg


そして、やっぱりサクラダイの繁殖行動のシーズンでしょうか?
メスの大乱舞、オスの集合、それから求愛行動。 マニア向けですが深いエリアも楽しいです!

150929tago01.jpg


もっとも、うねりのパワーは午後はさらにアップしていてある程度の水深に達するまではけっこうなワイルドさダッシュ(走り出すさま)

でも、根頭付近では前へ後ろへ大きく揺られるコンディションながら涼しいい顔で楽しむ本日のHさん、Sさん、パチパチもんの頼もしさですねるんるん

そうそう、2本目の白崎、
とりわけエダサンゴ群生は(透明度は別として、でも気にならなくなっちゃいますが)南国からの色んな種類のチョウチョウウオの幼魚やハギ類の幼魚などほとんど亜熱帯の海状態ですexclamation×2
カラフルで明るくてフトネの合間にフラフラ泳ぐとさらに楽しさ実感の白崎でした!!

150929tago04.jpg

150929tago05.jpg
南の海の魚たちがいっぱいの白崎。 ミナミハタタテダイとヤリカタギの子たち。
posted by iwashi at 19:45| 静岡 ☀| 田子'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

9/28(月) 土肥ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 25℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:北東〜南西
● 透明度: 7〜10m
● 潮流:中〜
● 海況:うねりあり

------------------------------
1.飛島沖2
2.飛島沖2


週明けの今日
沖縄の八重山地方を襲っている台風21号。
与那国島では最大瞬間風速が81mを記録したとか(>_<)
被害が少ないことを願います!

その台風のうねり、あのコースなら
ここ西伊豆の海にも届くことはわかっていますが。今日から本格的に届きました。

でも早い時間は風も弱く海面自体はそれほど波は立っていなかったので小下田地区で潜ってまいりました。

150927toi01.jpg
まだ波も大きくない小下田

でも、大きな波長のうねりは確実に届いていて、浅瀬や岸際は白く波が打ち寄せています。

飛島沖Part2はブイの設置してある場所の水深がそこそこあるためうねりの影響は多少緩和されます。
それでも水深25mでも台風の大きなパワーを感じます。さすが台風です…

透明度は岸に近い海域は茶色く濁っていて視界不良な模様ですが飛島沖2あたりでは10m前後は見えて問題ありません。

水中はキンギョハナダイ、スズメダイ、イサキにマアジなど群れ群れ!
でもうねりを嫌って根から少し離れた場所で大群となっています。

150927toi06.jpg

150927toi05.jpg

150927toi02.jpg

大きなマダイやトビエイ、スジアラなどもいてさすが飛島沖の海ですねるんるん

150927toi04.jpg
クラゲについていたなにかアジ系の子、こっちを威嚇してカメラに体当たりしてきました。 「でも、君は誰??」

150927toi03.jpg



150927toi07.jpg
うねりが届くとサーファーが土肥の八木沢海岸。 海側からその光景を見ながら帰港です。


ひらめきところで、今日はこんなことがありました。
1ダイブ目、昨日からのMさんのレギ(ホース)が不調でオクトパス(予備2nd)を使って潜ることに。
でも水中でしばらくしてサインが。
とても水が入るそう。

あとでレギを確認してみるとマウスピースを固定するタイラップがありません。
そこから隙間があいて向きによって水が結構入ったのでしょうね。
不調のメイン2ndを外した時にオクトパスのマウスピースまで確認をしなかった私がワルイ!パンチ

ああ、反省ですどんっ(衝撃)

そんな抜けたことをしておいてなんですが、

オクトパス
「オクトパスっていうののは、バディや他人にあげるためだから"左"に付けるでしょう」
って方もよくいますが、
通常の右から用レギ2ndの場合、私はずっと右から2本(メインとオクトパス)ともの2ndを取り付けるべきだと考えています。

オクトパスはまず自分の2ndの予備としてあるべき。(水中では意外と面倒なマウスピースのトラブルとかはそんなに珍しくないこと)
だから右から"メイン+オクトパス"の2本あれば予備があることになります。
だいたい、右からのオクトパスだってバディにあげられるしね。


Mさん、今日はそんなマウスピースの状態に気がついて差し上げられす、すみませんでした m(_ _;)m
でもさすがベテランダイバー、落ち着かれていたので良かったです!
posted by iwashi at 19:27| 静岡 ☀| 土肥'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

9/27(日) 田子ボート

● 天気:小雨のち曇り
● 最高気温 23℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東
● 透明度: 8〜12m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好 うねり微小

------------------------------
1.白 崎
2.フトネ


朝メンバーさんにお会いした際によく
「今日のダイビングのご希望は?」
とお聞きするのですが、今日は
「サンマ、好きですか?」

「まあ、好きですけど。。」

そんなわけで「サンマ祭の田子」となりました(^^ゞ

150927tago08.jpg

150927tago07.jpg

150927tago09.jpg

本日のゲストは
年に1〜2回潜りに来てくださって25年ほど、Nさんと
初のイワシですがベテランダイバーのMさん

海は凪、
普通ならば外海(フトネ)2本となりがちなところですが、
初の田子のMさんもいるし
フトネの魚群の楽しさをより際立たせたいと思い湾内の白崎へ。

でも、白崎のサンゴやその中に隠れるチョウチョウウオの子たちが今シーズンは多いんです。
フトネを楽しむための白崎、なんて言うにはもったいないですね!!
湾内としてはそんなに悪く無い透明度の中、ソフトコーラル群生からエダサンゴ群生エリアをゆ〜っくりみていただけるよう巡ってきました。

150927tago03.jpg

150927tago02.jpg

今の白崎、そんなこんなで癒し系の楽しさぜんぜんありだと思いますグッド(上向き矢印)

そしてフトネ

こちらは改めて言うまでもなく説明いらずの魚群、今日も好調!
もう少し潮流があればさらにギューッとなるかな。

伊豆の外海、魚の大群に囲まれるダイビングのシーズン真っ只中ですexclamation×2

150927tago04.jpg

150927tago05.jpg

150927tago06.jpg
posted by iwashi at 20:26| 静岡 ☀| 田子'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

9/26(土) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 23℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東
● 透明度: 8〜12m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日は群馬県は高崎からお越しのSさんとMさん。
高崎からでも3時間ちょいで土肥まで来られるそう。(夜ならもっと早いかもとか)
群馬で高速道路に乗ったら修善寺すぎるまでほぼ一般道に降りずに来れちゃうようになったんですよね。

もう車で西伊豆は遠いなんて過去の話ですね(^^)

さて、お二人は昨年から何回かイワシをご利用いただいていますが、なぜか嵐、悪天候に当たることが多かったんですね。
今回も台風21号発生で「また〜!?」と思った様子。

でも、海は全く問題なし!
外海のフトネ2本魚群ダイブを楽しまれていましたるんるん

昨年にCカードを取得していいペースで潜っているMさん、
とは言え、
「潮の流れガンガンくださーい揺れるハート
なんて言うんです…

また"そういう系"の方ですか(^_^;)
リクエストとあればまあ仕方ない、来季はそんなのも!?

そんなわけで、フトネの中層、群れ群れダイブ満喫されていたおふたり。
Mさん、手作りパン、ご馳走様でしたexclamation×2
Sさん、淹れたてコーヒーごちそう様でしたexclamation×2
おいしかったです〜ぴかぴか(新しい)

150926tago01.jpg

150926tago04.jpg

150926tago03.jpg

150926tago05.jpg

150926tago02.jpg


おまけ

昨日の写真(ログはまたさぼっちゃいました。調査?遊び?ダイビングだしね♪)も ちょっとだけよ(^^ゞ

150925tago01.jpg

150925tago03.jpg

150925tago02.jpg
posted by iwashi at 18:24| 静岡 ☀| 田子'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

9/24(木) 田子ボート

● 天気:曇り
● 最高気温 23℃
● 水温:24〜℃
● 風向:東?西?
● 透明度: 7〜12m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.白 崎
2.フトネ


今日は昼過ぎくらいからポツポツと雨が降り始めましたが、早い展開ご希望だったこともありダイビング活動中は降られずにすみました。

本日はいつも山梨から来てくださるSさんと昨年イワシでダイバーになった奥様。

久しぶりなことだし、まずは静かな湾内ポイントからスタート。
白崎は湾内にしては悪く無い透明度。
体慣らしの意味もあったのでゆっくりのんびりペースでしたが、大きなマダイがあっちにこっちに、メジナの若魚が何度も群れで、ソフトコーラル群生も見事。

150924tago1.jpg

エダサンゴ群生にはチョウチョウウオの子どもたちがいっぱいいて出たり入ったり、いや〜可愛い揺れるハート

150924tago2.jpg

そして2本目はフトネ。

昨日までの連休中と違ってダイバーはぐっと少なく、潜っている間はずっと「フトネ貸し切りるんるん

150924tago4.jpg

150924tago5.jpg

つまり、怒涛の魚群も貸し切り!ですね。

イサキ、タカベ、キンギョハナダイそれぞれ大〜群、水深20mくらいにはサクラダイ♀が大群(♂もちらほら)
ワラサやカンパチが寄ってくると群れがギューっとなってすごいです!

150924tago3.jpg

150924tago6.jpg

って、毎回書いていると大したことなさそうに思われそうですが、何度見ても見事な群れっぷりです。

横着で大雑把なアタシは基本的にフトネとか外海のポイントで群れ群れがいい感じの時は中層が活動の主戦場。
ほとんど岩肌のなにかを指さしたりしませんのでガイド役として多少なりとも心苦しく思ってはおりますがどうぞご理解くださいませ(^_^;)

秋の伊豆はやっぱりいいですねぇexclamation×2
posted by iwashi at 18:20| 静岡 ☀| 田子'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

9/23(水) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 25℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東?西?
● 透明度: 5〜12m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日で秋の大型連休シルバーウィークも最終日、繁忙期が終わりますね、なんて声も聞こえますが
イワシDではとくに繁忙なこともなくいつも通りのんびりしたご案内業務の数日間でした♪

本日お越しいただいたのはダイビング歴何十年? ボクがオシメしている頃からですか?みたいなキャリアのご主人とその奥様。

フトネ2本を潜ってまいりました。

こうなるとなにか小さな生物を見つけて丹念に指差し説明するのもなんだし、 魚群の中やヘリをひたすらヒラヒラ漂ったり泳ぐスタイルといった(もはやガイドとも言えない?) 2ダイブ(^_^;)
まあ、今に始まったことでもないですけどね…

透明度は昨日みたいに表層が激濁りってことも無くなって全体的に7〜10mでしょうか。

イサキやタカベ、スズメダイの大群はあいかわらずの濃さ。
サクラダイだってそんなに深い場所に行かなくても乱舞しています!

150923tago04.jpg

150923tago02.jpg

150923tago01.jpg

150923tago03.jpg

昨日までいたカンパチ軍団はすでに満腹になったのか今日はサボリ気味。
そのかわり、ワラサ数匹やツムブリ軍団が群れのまわりをウロウロ。
ときおり群れがギュウっとする瞬間は何度見ても「オッ!」と思います!

風は予報と違い西方沖から吹いていましたが、強くないので今日も良い凪に恵まれた連休最終日でした晴れ
posted by iwashi at 18:48| 静岡 ☀| 田子'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

9/22(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 25℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東
● 透明度: 5〜12m
● 潮流:弱〜中
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.フトネ


今日もいいお天気晴れ、そしていい凪に恵まれた西伊豆の海!

150922tago01.jpg

夏に初めてイワシに来ていただいたkatoさん×お二人がまた来てくださいましたるんるん

前回も田子でしたね。
でも外海は波が高くて断念、湾内の白崎を2本潜りました。
ピカチュウやらなにやらを皆で探して宝探し的で楽しかったと言っていただいてそれはそれでよかったのですが、やっぱりこの時期の外海群れ群れシーンは見ていただきたいし。。

そして今回、1本目は体慣らしの白崎(サンゴの中に見え隠れする南方系チョウチョウウオの幼魚をいっぱい見たとか)でまったり。

2本目はいよいよ外海のフトネへ!

と、本日katoさん(お母さんと娘さん)はサカエがご案内でした。

アタシはH子さんとフトネ2本。

前日、「田子でどうですか?」
「田子いいわねるんるん
「あそこに行きたいとか、ですか?」
「もちろん行きたいワ」
「そうですか…」

嬉しそうに返事をするとまるで自分の趣味でお連れするみたいなので平静な受け答えをして、
でもまあ、1本目に「魅惑の花園」に行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

フトネは水面から水深5mくらいまでは真っ白で視界不良。あれれ!?

でも根頭まで行けば問題全く無し。
その下も問題なし!

そしてハナダイの楽園は
サクラダイのオスが集合していました!!
潮の流れがたいしてないのに集合しているとは、いよいよオス集合のハイシーズンかなるんるん

150922tago02.jpg

やっぱりきれいでしたね〜exclamation×2

でも、戻ってきた根頭付近も凄かった!

イサキの大群がギューっと!!
キンギョハナダイ大群もギュギューっと!!!
カンパチやワラサ軍団がフトネに居着いてイサキやタカベ、マアジの群れが一気に走るシーンは圧巻です。

150922tago03.jpg

150922tago04.jpg

いや〜、まさにお腹いっぱいでしたねexclamation&question

群れているのは透明度が微妙なあたりでしたが、そんなことはどうでもいいくらいの群れっぷり。
今日みたいなシーンなら大きな声で必見ですと言っちゃいますねグッド(上向き矢印)

150922tago05.jpg

サカエがご案内したお二人も、このシーンを堪能されていたご様子。
良かった〜exclamation×2

150922tago06.jpg

またお待ちしてます!!


追加るんるん

本日のkato Harunaさんから写真を頂きました。
ニシキウミウシの幼体からコブダイの幼魚など小さい生物から広角までよく撮れてますね!
ありがとうございます!
前回、ご自分でも見つけたピカチュウの写真も、ですねるんるん

0922haruna01.jpg

0922haruna03.jpg

0922haruna04.jpg

0922haruna06.jpg

0922haruna02.jpg

0922haruna07.jpg

0922haruna05.jpg
posted by iwashi at 20:15| 静岡 ☀| 田子'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

9/21(月) 土肥ボート

● 天気:曇り時々晴れ
● 最高気温 22℃
● 水温:24〜25℃
● 風向:東
● 透明度: 8〜10m
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.通り崎 の沈船
2.飛島沖2〜飛島沖1


今日はシルバーウィークの3日目、観光地である西伊豆海岸は賑やかな感じです(^^)
台風20号が東海上を北に進んでいますが今日の土肥の海ではまったく影響は感じません。

本日は、初のイワシ、初の土肥ダイビングの3名様。
まずはリクエストの沈船へ。

降れば大雨、数日前にもダーッと降って川から入った茶色い水の影響が心配された透明度もそれほどひどくはなくて一安心。
水温は24℃台で装備を間違わなければ快適な頃です。

言われてみれば沈船ダイビングができるのは土肥のいいところなのかも!
キャビンなどは崩れてしまっていますが船の形は十分に残っています。
船の側壁や下にはウミトサカなどソフトコーラルがいっぱいです。

150921toi1.jpg

いまや普通種?となった感のあるアカオビハナダイ、それからサクラダイ♂♀なども見られます。
そこからお花畑方面に泳いでみました。
20年以上前、土肥の海が開放された当初はよく潜ったエリアです。

2本目は沈船ポイントで体慣らしもできて魚影濃く地形もダイナミックな小下田エリアへ。

150921toi2.jpg

限定開放の飛島沖PART2から飛島沖へ泳ぐコース。

イサキやタカベ、スズメダイ、マアジなどのやっぱり群れ群れ!
潮がもっとあればもっと群れ群れだったかも。

150921toi4.jpg

巨大なマダイやキンギョハナダイ大群やスジアラ、メジナ群れなど。
なにより大きなビルがいくつも沈んだかのような地形にも喜んでいただけたご様子(^^ゞ

150921toi3.jpg
迫力十分exclamation大マダイ

土肥の海、いかがでしたか?
またお待ちしております!!



そうそう、
小下田エリアに向かう途中(帰途も)、イルカ1匹に遭遇!
写真は撮れなかったけど、船上はさすがに盛り上がりましたねるんるん

帰りにイルカを見た時には、同時にウミガメが(これは自分だけでしたが)顔を出しているのがいっしゅん見えて、
「ここはどこだっけexclamation&questionって気分に。

”西伊豆で水中イルカ”も夢じゃないかもダッシュ(走り出すさま)


posted by iwashi at 17:42| 静岡 ☀| 土肥'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

9/17(木) 土肥ボート

● 天気:雨/曇り
● 最高気温 19℃
● 水温:23〜25℃
● 風向:北
● 透明度: 8〜12〜m
● 潮流:弱〜
● 海況:はじめ風波すこしあり

------------------------------
1.飛島沖
2.サク根


思ったより北からの風が強く雨も降って気温も上がらず…
でも、土肥の小下田地区のボートポイント2枚看板「飛島沖&サク根」に潜れるので自分的には楽しさルンルンるんるん

壊れてしまった飛島沖のブイ修理に潜るTHE101のスタッフHさんとYさんが頑張って作業しているのを横目に調査!?ダイビングです。すみませんexclamation

潮の流れがほとんどなく透明度もイマイチかと思いましたが、思ったほど悪くなく、とくに2本目にはかえって綺麗な感じになっていましたよ(^^)

150917toi01.jpg

150917toi05.jpg

150917toi03.jpg

「飛島沖パート2」エリアは魚群炸裂、イサキやタカベ、スズメダイの大群がどんどん降って、そこに迫力の大マダイが何匹も。
穴の中には30kgはありそうなモロコ(クエ)がいてびっくり。

2本目のサク根(みんなで調査!)も潮の当たるヘリまで行くとイサキ大群が壁やら絨毯状態に。
長年潜って来たポイントですが、今日も改めて感心するのがポイントのイキイキした景観。

150917toi08.jpg

150917toi09.jpg

埋め尽くすソフトコーラル群、と魚群たち。
とりわけ今日のハナダイ(サクラダイ)中にスジハナダイ、アカオビハナダイ、ナガハナダイなどが混じってはみんなで(現地のガイドたちですが)すっかり魅せられてしまいましたぴかぴか(新しい)

150917toi02.jpg

150917toi07.jpg

あまり知られていない気がする土肥の小下田地区ボートポイント、
いいとこなんだけどなぁ
るんるん
posted by iwashi at 18:50| 静岡 ☀| 土肥'15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。