2014年12月28日

12/28(日) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 12℃
● 水温:16℃
● 風向:南西 
● 透明度: 白崎10〜12m フトネ15〜20m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.白 崎
2.フトネ


とりわけ今年の12月としては貴重な凪の日になった今年最後の日曜日
おそらく潜り納めになるだろうダイビングでした。

今年もいっぱいお世話になった田子。
外海と湾内、いろんなダイビングができるありがたい海です。

今日はまず湾内の白崎へ

浮遊物があるものの透明度は良好。
ここの地形をいまさらながら「こうなんていたのね」
視界が良いときに潜るのはこんなこともあります。

1228tago1.jpg

エダサンゴ群生にはまだ南の魚たちもがんばっています。
トノサマダイやトゲチョウチョウウオ、こんな水温になっていますが成長して来ています。

1228tago2.jpg
「がんばれ〜!」

1228tago3.jpg


2本目は外海のフトネ。

冬は季節風の影響で西伊豆は外海に行ける機会は多くはありません。
そんなわけで真冬のフトネはどうなっているのかいつも気になっていました。

フトネの本体周辺(シーズン中はあんなに魚がグッチャリですが)はさすがに魚は減っていますが、
深場のハナダイたちの楽園はあいかわらずの賑やかさ。
おまけに透明度がスコーンと抜けて素晴らしい景観です!

1228tago4.jpg

サクラダイやナガハナダイ、シロオビハナダイなどなんときれいな魚たちでしょうぴかぴか(新しい)

1228tago6.jpg
サクラダイとナガハナダイ

レアとも言われるシロオビハナダイもこの秋はなかなかの確率で会うことができました。
もっとも気軽に行けますと言える水深でもないかもしれませんが…

1228tago5.jpg


これからしばらくの時期、コンディション的に(潜る機会もグッと減ることもありますが)
静かな湾内でゆっくりじっくりのダイビングが主になると思います。
でもチャンスがあれば外海がどんな感じになっているか見に行きたいものです。


posted by iwashi at 20:18| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

12/19(金) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 9℃
● 水温:15〜16℃
● 風向:北〜東 
● 透明度: 10〜20m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


一昨日から昨日にかけて爆弾低気圧のために吹きまくった西風。
当然、西伊豆の海は大荒れでした。

せっかくきれいだった海も波で巻き上がった岸や浅場の砂や泥のためすっかり白っぽくなったようで(+_+)

でも、沖合のポイントに行けばきれいな水はあるかな?
風も止んでほぼ静か(うねりは多少残ったけど)になった外海に行くことができました。
天気もよくて対岸の富士山から南アルプスまでドーンと見えます。

冬の西伊豆ならではの絶景ですねるんるん

141219akitago1jpg
akinoshima

フトネに飛び込んで下を見るとさすがに真っ白。
あまり見えません。
でもロープ伝いに潜降してみると徐々に見え始め、根頭付近では10mくらい見えます。

もっと潜ると「おお、きれい!」

深い場所の砂地もよく見えて抜群の透明度。

カメラも青く写ることで知られるO社の「水中モード」にしなくても青〜く写る海です!

141219tago1jpg

深いエリアも明るく透明でいつまでもそこにいたいくらい。
でもそうもゆかないのがこのエリア。
だから飽きないのでしょうね(笑)

サクラダイの群れやナガハナダイ、スジハナダイたちハナダイたちの楽園。
イサキやスズメダイも群れています。

レアと思われていたシロオビハナダイもあっちに1匹、こっちに1匹。
実にきれいなハナダイです。

141219akitago2jpg
シロオビハナダイ akinoshima

この時期としてはフトネに行けるコンディションもやや貴重。

本日のA君もウェットスーツでしたが満足そう。おまけに「寒くなかったっすよ」

2本目は湾内の白崎。
前日はニゴニゴだった様子。

期待せずにエントリー。
こちらも少し潜降するときれいです。
いい場所は15mくらい見えます。

A君、最近導入のカメラTG-3の顕微鏡モード(小さいものを拡大して撮れるモード)も試したいようなのでウミウシ探し。

オオモンウミウシや5mmくらいのセトリュウグウウミウシや大小数個体いたピカチュウ、イガグリウミウシやクロスジリュウグウウミウシなど私たちでも見えるウミウシがどんどん見つかって「宝探し」のようで楽しいこと。

141219akitago3jpg
akinoshima

141219akitago4jpg顕微鏡モードでピカチュウの口まで撮れましたね akinoshima

141219tago2jpg
クロスジリュウグウウミウシ

141219akitago5jpgお花みたいなニホンアワサンゴ akinoshima


141219tago3jpg


朝の気温は0℃、
洗い場には結構厚い氷がはっていたりと冬真っ盛りではありましたが、潜りだしてしまえば(ずっと海は貸し切り状態だったし)すっごい楽しい今日のダイビングでしたexclamation×2



猫店長さんにも逢えましたるんるん
141219tago4jpg


141219tago5jpg
posted by iwashi at 22:11| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

12/14(日) 土肥ビーチ

● 天気:晴れ
● 最高気温 9℃
● 水温:16℃
● 風向:西 
● 透明度: 7〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:西風で波あり

------------------------------
1.通り崎ビーチ
2.通り崎ビーチ


このところ西高東低の気圧配置が続き冬らしい西風ビュービュー吹く日が続いています。

夜には風の音と海鳴りとすごいですよ・・・

朝は風の音と寒さで海に行くには気持ちを奮い立たせる必要があります(^^;)

でも、不思議なもので海に飛び込んでしまえばなんてことないんですけどね。

さて、西伊豆はこの西からの強風で西伊豆の海は大荒れです。

そんな中でも土肥の通り崎湾内ビーチは問題なく潜れてしまうありがたいポイントです。

ちなみに、ここと、田子湾内、大瀬崎湾内はめったなことではクローズにならないので西伊豆が全面クローズにならないってことですね。


湾内以外の海況はこんな感じです。

141214toi2.jpg

見ているだけならなかなかきれいな景色かも(笑)
141214toi1.jpg


今日の通り崎、海の中は

飛び込むエントリーステージ付近の表層こそ時化のため白く濁り気味でしたが、水底についてしまえば問題ないくらい見えるし、深く行けばどんどんきれいになります。

2本目など、沈船付近では透明度15mくらい。
青いです!

141214toi4.jpg

沈船には名物アカオビハナダイ、サクラダイ、キンギョハナダイが一緒に見られます。

141214toi5.jpg
アカオビハナダイ

スタッフ「 I 」はなぜかウェットスーツ。
水温16℃、あまり寒くなかったとか。
水温がそれほど低くないと言うことか、本人が強いのか。

141214toi3.jpg

いずれにしても、青くてきれいな海にだいぶ得した気分に。

海の中で他の人にも会わないしね。
(東伊豆はダイバーで大賑わいとか、ホント〜?!)

浅場にはカエルアンコウもいっぱい(らしい)

かろうじて黒いクマドリカエルアンコウとオレンジのイロカエルアンコウとは会うことができました。

141214toi6.jpg

前の晩から朝は風の音と寒さにめげそうでも潜ってしまえばかなり楽しい今日のダイビングでした。

posted by iwashi at 21:46| 静岡 ☀| 土肥'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

12/10(水) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 13℃
● 水温:16〜17℃
● 風向:北東 
● 透明度: フトネ20〜m 白崎10〜15m 
● 潮流:弱〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


今日も田子でした。

なぜならば、この時期として貴重とも言える北東の風で凪だから!
それから、透明度バッチリで楽しい海だから!

いいときはやっぱり潜りたくなりまするんるん


まずはフトネ、
あいかわらず20mは楽に見える透明度。
いつもの遊び場に行くと、「おやっ」

サクラダイのオスが群れているじゃありませんか。

オスが数十匹以上で(水底で)集合しているのを見るのは10月下旬以来かも。

てっきりシーズンに寄るものですでに終わっていたのかと思った(^^;)

潮の流れ方、水温、潮回りなどいろんな要因があるのでしょうね。




141210tago1.jpg

141210tago2.jpg


抜群の透明度なので地形も楽しいし、深いエリアならではのナガハナダイ、スジハナダイ、シロオビハナダイなども見ることができました。

今日は浅い根頭付近でもキンギョハナダイは大群になっていたし、タカベの群れもいい感じでした!

真冬になるとキンギョハナダイを始め魚たちの多くは下の方に移動するらしいのですが、この冬は確かめたいものです。

2本目はこれまた透明度バッチリの白崎。

湾内の白崎でとても遠くまで見渡せるコンディションは潜らない訳に行かないのでフトネ2本じゃなく白崎も潜りたいですね。

決して得意とは言えない(と言うかかなりヘッポコ)小さい生物探しもしてみます。

きのう見つけたと情報のあったオオモン?カエルアンコウ、
141210tago3.jpg

なんとか見つかったピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)
141210tago4.jpg


でも、今日のように浅くて明るいコンディションのエダサンゴ群生地帯はずっといても楽しいです!
141210tago7.jpg

ソラスズメダイや南の魚であるトノサマダイやトゲチョウチョウウオ、ミツボシクロスズメダイ、クマノミなど。
水温16〜17℃、まだがんばっています。
そんな光景だけ見ていたら珊瑚礁の海ですね(^^;)

141210tago6.jpg

141210tago5.jpg


西伊豆の外海が貴重な凪も明日からしばらくないのかな。
でもまた凪になったら潜りたい海です。
posted by iwashi at 18:48| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

12/9(火) 田子ボート

● 天気:晴れ
● 最高気温 13℃
● 水温:16〜17℃!
● 風向:北東 
● 透明度: フトネ15〜20m 白崎10〜15m 
● 潮流:中〜
● 海況:良好

------------------------------
1.フトネ
2.白 崎


冬になって、しかも西風ビュービューでちょっと日が空いてしまった海。
(これからの季節はもっともっとも〜っとヒマになって空きますけどね(^^;)

今日は朝から良い天気、おまけに海も良い凪。
冬としては貴重な日ですね。

141209tago1.jpg

つい10日前くらいには水温が20℃以上になっていた伊豆の海。
でも下がるときはあっさり下がるもので今日は16℃〜17℃。

でもきのうまでは15℃ってこともあったようなのでまだマシ!?

そのぶん、冬の伊豆らしいクリアな海になっています。
外海も湾内もずいぶん向こうまで見えて気持ちいいです!

フトネは本体周辺のキンギョハナダイが超大群となる季節は落ち着いたようで、そのぶんキンギョハナダイは深場に群れています。

深場に行っても抜群の透明度と快晴の天気のおかげで明るいです。

サクラダイ、スジハナダイがあいかわらずの乱舞!
地形も視界がいいので迫力満点ですね。

141209tago7.jpg

湾内の白崎も透明度良好。
白崎じゃないくらい見えていて不思議な気分です。

見る人が見れば何匹もいるとか言うピカチュウは少し探してみますがなんの成果も無いままあっというまに挫折・・
まあ、アタシはこんなものです(^_-)

141209tago8.jpg

141209tago9.jpg
キカモヨウウミウシ

それでも、他の生物が見えて来たり宝探しみたいで楽しいダイビング。
後半はエダサンゴでたっぷり遊んできました!

141209tago5.jpg

141209tago2.jpg
コケギンポ、気の強い奴でした(笑)

141209tago4.jpg

141209tago3.jpg
南国の魚、トノサマダイ。エダサンゴでがんばっています。

さすがに、ドライスーツやウェットでも厚いスーツがないと厳しい水温ですが、クリアな冬らしい海です。


141209tago6.jpg
漁船がタカアシガニをいっぱい水揚げしていました。
posted by iwashi at 17:51| 静岡 ☀| 田子'14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。